58件中 21 - 30件表示
  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たロシア杯

    2002-2003シーズンはロシア杯に出場を予定していたが、病気のため棄権。2003年全米選手権はショートプログラム (SP) で2位に立っていたが、フリースケーティングの演技中にブレードをリンク側面のボードに引っかけて転倒。レフリーの許可を得て演技をやり直したが再び転倒し、その際に負傷したため棄権することとなった。このことは関係者からは激しい非難を浴びた。地方予選からのスタートとなった翌2003-2004シーズン、2004年全米選手権で初優勝。世界選手権でも5位に食い込む活躍を見せた。続く2004-2005シーズンには国際大会に復帰、GPシリーズで2連勝を果たし、再度全米選手権を制した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たトリノオリンピックにおけるフィギュアスケート競技

    ジョン・ガーヴィン・"ジョニー"・ウィアー=ヴォロノフ(John Garvin "Johnny" Weir-Voronov 1984年7月2日 - )は、アメリカ合衆国のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年トリノオリンピック5位、2010年バンクーバーオリンピック6位入賞。2008年世界選手権銅メダリスト。全米選手権三連覇(2004年-2006年)。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たアイスダンス

    同じアメリカのアイスダンスの選手であるメリッサ・グレゴリー&デニス・ペチュホフと仲がよく、アイスショーではトリオナンバーを披露している(ペチュホフは2007-2008シーズンのフリースケーティングの振り付けも担当している)。また女子シングルのサーシャ・コーエン、イリーナ・スルツカヤとは良き友人同士である。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たシングルスケーティング

    ジョン・ガーヴィン・"ジョニー"・ウィアー=ヴォロノフ(John Garvin "Johnny" Weir-Voronov 1984年7月2日 - )は、アメリカ合衆国のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年トリノオリンピック5位、2010年バンクーバーオリンピック6位入賞。2008年世界選手権銅メダリスト。全米選手権三連覇(2004年-2006年)。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たフィギュアスケート

    ジョン・ガーヴィン・"ジョニー"・ウィアー=ヴォロノフ(John Garvin "Johnny" Weir-Voronov 1984年7月2日 - )は、アメリカ合衆国のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年トリノオリンピック5位、2010年バンクーバーオリンピック6位入賞。2008年世界選手権銅メダリスト。全米選手権三連覇(2004年-2006年)。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2004年世界フィギュアスケート選手権

    2002-2003シーズンはロシア杯に出場を予定していたが、病気のため棄権。2003年全米選手権はショートプログラム (SP) で2位に立っていたが、フリースケーティングの演技中にブレードをリンク側面のボードに引っかけて転倒。レフリーの許可を得て演技をやり直したが再び転倒し、その際に負傷したため棄権することとなった。このことは関係者からは激しい非難を浴びた。地方予選からのスタートとなった翌2003-2004シーズン、2004年全米選手権で初優勝。世界選手権でも5位に食い込む活躍を見せた。続く2004-2005シーズンには国際大会に復帰、GPシリーズで2連勝を果たし、再度全米選手権を制した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たチャンピオンズ・オン・アイス

    2006-2007シーズン、春から夏にかけてチャンピオンズ・オン・アイスのツアーに長期参加していた為、プログラム作成をする時間がとれずツアー仲間で友人のマリナ・アニシナに振り付けを依頼し、従来の繊細で優雅な路線ではなく力強さを表現したプログラムを完成させた。しかし、オリンピック後の疲労が心身ともに溜まっていた為か精彩を欠く不振のシーズンとなる。その経験は、長く師事していたコーチから離れることや自分のスケートスタイルの再確認など、後のシーズンに影響を与えた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た世界ジュニアフィギュアスケート選手権

    リレハンメルオリンピックでオクサナ・バイウルが演じた「白鳥」に感銘を受け、12歳からスケートを始めた。コーチは当初からプリシラ・ヒル。それ以前は乗馬をしており、ペンシルベニア州のチャンピオンになった事もある。スケートを始めてわずか1年間で3回転トウループと3回転サルコウを習得し、その3年後の2001年世界ジュニア選手権で早くも優勝。翌2001-2002シーズンはISUグランプリシリーズに出場した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たアイスショー

    同じアメリカのアイスダンスの選手であるメリッサ・グレゴリー&デニス・ペチュホフと仲がよく、アイスショーではトリオナンバーを披露している(ペチュホフは2007-2008シーズンのフリースケーティングの振り付けも担当している)。また女子シングルのサーシャ・コーエン、イリーナ・スルツカヤとは良き友人同士である。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たトリノオリンピック

    2005-2006シーズン、2006年の全米選手権で優勝して3連覇を果たし、出場資格を得た2006年トリノオリンピックでは、ショートプログラムで「白鳥」の曲に乗って完璧な演技を見せ、当時の自己ベストの80.00点を得点しエフゲニー・プルシェンコに次ぐ2位につけたが、総合では5位入賞となった。続く世界選手権のフリースケーティングでは後半の転倒で以前から痛めていた背中を更に痛めてしまったが、立ち上がって最後まで滑りきり観客から温かい拍手を受けた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「ジョニー・ウィア」のニューストピックワード