58件中 31 - 40件表示
  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と、母、弟。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た同性結婚

    2011年1月11日に自伝『Welcome to My World』を出版。その中で、自身が同性愛者であるとカミングアウトしている。同じ日に1stシングル『Dirty Love』で歌手デビューした。同年末、アトランタ在住のロシア系ユダヤ人の男性弁護士と同性結婚。2012年2月にはカトリックからユダヤ教に改宗した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と父、、弟。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たスピン (フィギュアスケート)

    ウィアーの最大の魅力はその表現の美しさにある。スピンは、そのほとんどが最高評価のレベル4を獲得している。ジャンプは3回転アクセルを得意としている。負荷をかけた筋力トレーニングは体重が増えるため行っておらず、専らピラティスを行っている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たノルウェー

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と父、母、弟。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たフリーク

    自称ファッションフリーク。ファッションショーでのモデルの経験もある。2007?2008シーズンの衣装は自分でデザインしたもの。またメリッサ・グレゴリーとデニス・ペチュホフの衣装、羽生結弦の衣装もデザインしている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たトウループジャンプ

    2007-2008シーズン、ISUグランプリシリーズの初戦となった中国杯で優勝、次戦のロシア杯でも安定した演技で優勝を果たした。2連勝で迎えたグランプリファイナルでは古傷の再発と足首の怪我により4位に留まった。2008年の全米選手権ではショートプログラム1位、フリースケーティングでは4回転ジャンプも構成に入れての完成度の高い演技で2位、優勝したエヴァン・ライサチェックに次いで2位という結果になった。世界選手権では3位となり、初めて世界選手権のメダルを手にした。なお全米選手権では総得点でウィアーとライサチェックが並ぶという珍事となり、フリースケーティングの得点の高い方が上位というルールが適用された。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たアクセルジャンプ

    ウィアーの最大の魅力はその表現の美しさにある。スピンは、そのほとんどが最高評価のレベル4を獲得している。ジャンプは3回転アクセルを得意としている。負荷をかけた筋力トレーニングは体重が増えるため行っておらず、専らピラティスを行っている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たリレハンメルオリンピック

    リレハンメルオリンピックでオクサナ・バイウルが演じた「白鳥」に感銘を受け、12歳からスケートを始めた。コーチは当初からプリシラ・ヒル。それ以前は乗馬をしており、ペンシルベニア州のチャンピオンになった事もある。スケートを始めてわずか1年間で3回転トウループと3回転サルコウを習得し、その3年後の2001年世界ジュニア選手権で早くも優勝。翌2001-2002シーズンはISUグランプリシリーズに出場した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たファッションショー

    自称ファッションフリーク。ファッションショーでのモデルの経験もある。2007?2008シーズンの衣装は自分でデザインしたもの。またメリッサ・グレゴリーとデニス・ペチュホフの衣装、羽生結弦の衣装もデザインしている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「ジョニー・ウィア」のニューストピックワード