64件中 31 - 40件表示
  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2009/2010 ISUグランプリシリーズ

    2009-2010シーズンはデヴィッド・ウィルソンに振り付けを依頼。グランプリシリーズ初戦のロステレコム杯ではジャンプの不調が続き4位に終わったが、その後のNHK杯では安定した演技で2位につけた。グランプリファイナルでは更に安定度を高め、SP・FSともにノーミスの演技でパーソナルベストを更新。3位となり、2年連続で銅メダルを獲得した。全米選手権でも3位となり、バンクーバーオリンピック代表に選出された。バンクーバーオリンピックは総合6位に終わった。FSではノーミスの演技を披露し、会場中からスタンディングオベーションを受けた。だが点数が思ったほど伸びなかったため、会場からブーイングが起こった。しかし、ジョニー自身は優しい表情で観客席に向かって「抑えて抑えて」とブーイングを静める仕草をした。エルヴィス・ストイコとサーシャ・コーエンは「ウィアーは(5位の)チャンより上であるべきだった」と語っている。世界選手権は欠場した。2010年7月時点で、2010-2011シーズンの競技には参加しない旨を公表した。主な理由として「自分のスケーティングのイメージを再構築するための休養期間が必要」としている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2006年世界フィギュアスケート選手権

    2005-2006シーズン、全米選手権で優勝して3連覇を果たし、出場資格を得たトリノオリンピックでは、SPで「白鳥」の曲に乗って完璧な演技を見せ、当時のパーソナルベストの80.00点を得点しエフゲニー・プルシェンコに次ぐ2位につけたが、総合では5位入賞となった。続く世界選手権のFSでは後半の転倒で以前から痛めていた背中を更に痛めてしまったが、立ち上がって最後まで滑りきり観客から温かい拍手を受けた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2007年中国杯

    2007-2008シーズン、グランプリシリーズの初戦となった中国杯で優勝、次戦のロシア杯でも安定した演技で優勝を果たした。2連勝で迎えたグランプリファイナルでは古傷の再発と足首の怪我により4位に留まった。全米選手権ではSP1位、FSでは4回転ジャンプも構成に入れての完成度の高い演技で2位、優勝したエヴァン・ライサチェックに次いで2位という結果になった。世界選手権では3位となり、初めて世界選手権のメダルを手にした。なお全米選手権では総得点でウィアーとライサチェックが並ぶという珍事となり、FSの得点の高い方が上位というルールが適用された。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た同性結婚

    2011年1月11日に自伝『Welcome to My World』を出版。その中で、自身が同性愛者であるとカミングアウトしている。同じ日に1stシングル『Dirty Love』で歌手デビューした。同年末、アトランタ在住のロシア系ユダヤ人の男性弁護士と同性結婚。その後離婚。2012年2月にはカトリックからユダヤ教に改宗した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と父、、弟。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たスピン (フィギュアスケート)

    ウィアーの最大の魅力はその表現の美しさにある。スピンは、そのほとんどが最高評価のレベル4を獲得している。ジャンプは3回転アクセルを得意としている。負荷をかけた筋力トレーニングは体重が増えるため行っておらず、専らピラティスを行っている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たノルウェー

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と父、母、弟。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たフリーク

    自称ファッションフリーク。ファッションショーでのモデルの経験もある。2007?2008シーズンの衣装は自分でデザインしたもの。またメリッサ・グレゴリーとデニス・ペチュホフの衣装、羽生結弦の衣装もデザインしている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2009年ロステレコム杯

    2009-2010シーズンはデヴィッド・ウィルソンに振り付けを依頼。グランプリシリーズ初戦のロステレコム杯ではジャンプの不調が続き4位に終わったが、その後のNHK杯では安定した演技で2位につけた。グランプリファイナルでは更に安定度を高め、SP・FSともにノーミスの演技でパーソナルベストを更新。3位となり、2年連続で銅メダルを獲得した。全米選手権でも3位となり、バンクーバーオリンピック代表に選出された。バンクーバーオリンピックは総合6位に終わった。FSではノーミスの演技を披露し、会場中からスタンディングオベーションを受けた。だが点数が思ったほど伸びなかったため、会場からブーイングが起こった。しかし、ジョニー自身は優しい表情で観客席に向かって「抑えて抑えて」とブーイングを静める仕草をした。エルヴィス・ストイコとサーシャ・コーエンは「ウィアーは(5位の)チャンより上であるべきだった」と語っている。世界選手権は欠場した。2010年7月時点で、2010-2011シーズンの競技には参加しない旨を公表した。主な理由として「自分のスケーティングのイメージを再構築するための休養期間が必要」としている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たトウループジャンプ

    2007-2008シーズン、グランプリシリーズの初戦となった中国杯で優勝、次戦のロシア杯でも安定した演技で優勝を果たした。2連勝で迎えたグランプリファイナルでは古傷の再発と足首の怪我により4位に留まった。全米選手権ではSP1位、FSでは4回転ジャンプも構成に入れての完成度の高い演技で2位、優勝したエヴァン・ライサチェックに次いで2位という結果になった。世界選手権では3位となり、初めて世界選手権のメダルを手にした。なお全米選手権では総得点でウィアーとライサチェックが並ぶという珍事となり、FSの得点の高い方が上位というルールが適用された。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示