64件中 51 - 60件表示
  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たアイルランド

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と父、母、弟。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たソビエト連邦

    小学生の時からロシアが好きだった。2007年ロシアのショーで、ロシア人以外で唯一“ロシアを愛する賞”を表彰された。ロシア人フィギュアスケータータチアナ・トトミアニナ から誕生日プレゼントでもらった「CCCP(ソビエト連邦)」と書いてあるジャージがお気に入り。エフゲニー・プルシェンコを尊敬している。プルシェンコからは「クワド(四回転ジャンプ)が跳べたら世界一」と評された。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た

    ペンシルベニア州コーツビルに生まれる。スコットランド、アイルランド、ドイツ、ノルウェーにルーツを持つ。家族構成は本人と父、母、。経済的な理由でスケートを続けるために大学進学を諦めた。弟の大学の学費はジョニー自身が出しており非常に家族仲が良い。ちなみにジョニーのミドル・ネームGarvinは、「好きではないから」という理由で長らく伏せられていた。また婚姻にともない姓をウィアー=ヴォロノフ(Weir-Voronov)と配偶者の姓との複合姓に改めた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たアメリカ合衆国

    ジョン・ガーヴィン・"ジョニー"・ウィアー=ヴォロノフ(John Garvin "Johnny" Weir-Voronov 1984年7月2日 - )は、アメリカ合衆国の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年トリノオリンピック5位、2010年バンクーバーオリンピック6位入賞。2008年世界選手権銅メダリスト。全米選手権三連覇(2004年-2006年)。日本ではジョニ子とも。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2009年世界フィギュアスケート選手権

    2008-2009シーズンはスケートアメリカで2位。NHK杯でも、風邪でコンディションを崩しながら2位となった。グランプリファイナルでは3位。全米選手権は5位に終わり、世界選手権の出場を逃した。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2012年フィンランディア杯

    2012年1月、競技復帰を表明。フィンランディア杯で試合に復帰し4位。ロステレコム杯ではSPの後に、膝の負傷により棄権した。また、出場を予定していたエリック・ボンパール杯も出場を取りやめた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見た2012年ロステレコム杯

    2012年1月、競技復帰を表明。フィンランディア杯で試合に復帰し4位。ロステレコム杯ではSPの後に、膝の負傷により棄権した。また、出場を予定していたエリック・ボンパール杯も出場を取りやめた。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たピラティス・メソッド

    ウィアーの最大の魅力はその表現の美しさにある。スピンは、そのほとんどが最高評価のレベル4を獲得している。ジャンプは3回転アクセルを得意としている。負荷をかけた筋力トレーニングは体重が増えるため行っておらず、専らピラティスを行っている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たジャンプ (フィギュアスケート)

    ウィアーの最大の魅力はその表現の美しさにある。スピンは、そのほとんどが最高評価のレベル4を獲得している。ジャンプは3回転アクセルを得意としている。負荷をかけた筋力トレーニングは体重が増えるため行っておらず、専らピラティスを行っている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウィアー

    ジョニー・ウィアーから見たドキュメンタリー

    中性的な容姿と芸術性の高い演技で女性人気が非常に高く、世界中にファンクラブが存在する。2007年には2006-2007シーズンを追ったドキュメンタリーDVDが日本で限定発売された。そのドキュメンタリーは後に2009年に北米、欧州の映画祭などでも上映され、2010年からはそのドキュメンタリーの続編『BE GOOD JOHNNY WEIR』がケーブルTV・サンダンス・チャンネルにて放送されている。ジョニー・ウィアー フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示