前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 2004年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙

    2004年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙から見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    2004年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙(2004ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょう みんしゅとうよびせんきょ、Democratic Party (United States) presidential primaries of 2004, 2004 Democratic primaries)は、2004年アメリカ合衆国大統領選挙に向けて、民主党の大統領・副大統領候補を選出した手続をいう。民主党党大会を最終的な舞台とする一連の予備選挙や党員集会を通じて、マサチューセッツ州選出上院議員ジョン・ケリーを大統領候補に、ノースカロライナ州出身のジョン・エドワーズを副大統領候補にそれぞれ選出した。2004年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 擬人法

    擬人法から見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    具体的な例を挙げれば、検察官が陪審員に対して、殺された被害者が「証拠を通して我々に語っている」とほのめかすことがある。アメリカ合衆国上院議員になる前のジョン・エドワーズはそれで有名な人物だが、エドワーズはある事件で、欠陥プール配水管のせいで死んでしまった少女の家族になって論じた。擬人法 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・スタンレー

    ラルフ・スタンレーから見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    2006年、ナショナル・メダル・オブ・アートを受賞。2007年11月10日、スタンレーとクリンチ・マウンテン・ボーイズは、大統領立候補者のジョン・エドワーズのために、デモインで演奏。民主党によるジェファーソン・ジャクソン・デーの夕食のすぐ後に行われた。"Man of Constant Sorrow"と"Orange Blossom Special"の演奏中、スタンレーは群衆に向かって、自分が1948年の初めての投票でハリー・S・トルーマンに入れたこと、2008年の選挙ではジョン・エドワーズに入れることを宣言した。ラルフ・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • ムーア郡 (ノースカロライナ州)

    ムーア郡 (ノースカロライナ州)から見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    ムーア郡の出身者としては、ジョン・エドワーズ、チャールズ・ブレイディ、シャノン・ムーア、ジェフ・ハーディー、マット・ハーディーがいる。ムーア郡 (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • オレンジ郡 (ノースカロライナ州)

    オレンジ郡 (ノースカロライナ州)から見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズ、ノースカロライナ州選出アメリカ合衆国上院議員、2008年大統領選挙候補者、チャペルヒル出身オレンジ郡 (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    ルドルフ・ジュリアーニ、ジョン・エドワーズ両候補がアメリカ合衆国大統領選挙からの撤退を発表。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・マクミラン

    ジミー・マクミランから見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    大統領選に立候補した共和党の候補者について、ニュート・ギングリッチは、ジョン・エドワーズの気持ちを思うと「善良な嘘つき」であり、「みんなの笑いものになっている」と述べた。また、ミット・ロムニーについては「俺の方を見ているレディたちが俺の方を向かなくなるぐらいの男前」だと言い、サラ・ペイリンのことは大好きだと述べた。そして、元ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグについては非常に悪い印象を持っており、現州知事のクオモについては「やるべきことを何もやっていない」とみなしている。ニュージャージー州知事クリス・クリスティについては、""()と述べた。ジミー・マクミラン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領のドクトリン

    アメリカ合衆国大統領のドクトリンから見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    :en:McCain Doctrine, 2008年の予備選挙でジョン・エドワーズ上院議員が形成したもの。アメリカ合衆国大統領のドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ポスト

    ニューヨーク・ポストから見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    2004年7月6日にこの新聞は当時の民主党の大統領候補ジョン・ケリーは副大統領候補をディック・ゲッパートに決定したという記事を載せたが、結局ケリーはジョン・エドワーズを指名してこれは誤報となる。ニューヨーク・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ディーン

    ハワード・ディーンから見たジョン・エドワーズジョン・エドワーズ

    しかしながらディーンは、一連の候補者指名争いのスタートであるアイオワ州党員集会で、ジョン・ケリー上院議員、ジョン・エドワーズ上院議員に次ぐ第3位という予想外の結果に終わった。さらにこの敗北を受けての支持者向けのスピーチで、残された州名を連呼して「負けないぞ、ワシントンを取り戻すぞ、ヤー!」と興奮気味に絶叫し、この様子がメディアで繰り返し取りあげられたため、冷静さを欠く人物と受け止められ、「ディーン旋風」は失速した。続くニューハンプシャー州予備選では、直前の世論調査まで二位以下を30%引き離す支持を得ていたが、やはりケリーに敗れた。リベラルな伝統を持つウィスコンシン州の予備選で巻き返しを図ったが、ここでも3位に終わり、選挙戦から撤退。ケリー支持を明言した。ハワード・ディーン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示