27件中 11 - 20件表示
  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見た製造物責任

    1985年には出生時に脳性麻痺を患った5歳児を原告とする医療過誤訴訟の原告代理人となり、賠償金650万ドルの陪審評決を勝ち取る。この評決について裁判官は「証拠に乏しく感情的であり、行き過ぎ」として賠償金減額を命じ、これが全国報道されてエドワーズの名も知られることとなった。1993年には共同で弁護士事務所を開業し、製造物責任(PL)訴訟などに携わる。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見た2004年アメリカ合衆国大統領選挙

    2004年大統領選ではジョン・ケリーと組んで副大統領候補となったが、共和党のジョージ・ウォーカー・ブッシュ、ディック・チェイニーに敗れた。エドワーズの地元のノースカロライナ州も落としている。大統領選挙一般投票と同日投票日であった上院改選には出馬せず候補を後継として支援したが、こちらも共和党候補に敗れた。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見た脳性麻痺

    1985年には出生時に脳性麻痺を患った5歳児を原告とする医療過誤訴訟の原告代理人となり、賠償金650万ドルの陪審評決を勝ち取る。この評決について裁判官は「証拠に乏しく感情的であり、行き過ぎ」として賠償金減額を命じ、これが全国報道されてエドワーズの名も知られることとなった。1993年には共同で弁護士事務所を開業し、製造物責任(PL)訴訟などに携わる。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見た陪審

    1985年には出生時に脳性麻痺を患った5歳児を原告とする医療過誤訴訟の原告代理人となり、賠償金650万ドルの陪審評決を勝ち取る。この評決について裁判官は「証拠に乏しく感情的であり、行き過ぎ」として賠償金減額を命じ、これが全国報道されてエドワーズの名も知られることとなった。1993年には共同で弁護士事務所を開業し、製造物責任(PL)訴訟などに携わる。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見たアメリカ合衆国大統領予備選挙

    2006年12月27日には2008年大統領選への出馬を表明。しかし民主党の予備選挙ではバラク・オバマとヒラリー・クリントンの争いに埋没し、予備選皮切りの2008年1月3日アイオワ州党員集会では2位につけるものの、その後は3位となることが続き、1月30日に撤退。3番手候補のエドワーズの去就が注目されたが、当初はどの候補への支援も表明しなかった。予備選の形勢がまだ定まっていなかった5月14日にオバマ候補支援を表明。オバマの予備選勝利確定後には副大統領候補選考の最終リストに挙げられたが、最終的にはジョー・バイデンが副大統領候補に指名された。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見たノースカロライナ大学チャペルヒル校

    クレムゾン大学で学んだ後、ノースカロライナ州立大学で学ぶ。更にノースカロライナ大学チャペルヒル校で法律を学ぶ。1978年より法廷弁護士。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見たノースカロライナ州立大学

    クレムゾン大学で学んだ後、ノースカロライナ州立大学で学ぶ。更にノースカロライナ大学チャペルヒル校で法律を学ぶ。1978年より法廷弁護士。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見たアイオワ州

    2006年12月27日には2008年大統領選への出馬を表明。しかし民主党の予備選挙ではバラク・オバマとヒラリー・クリントンの争いに埋没し、予備選皮切りの2008年1月3日アイオワ州党員集会では2位につけるものの、その後は3位となることが続き、1月30日に撤退。3番手候補のエドワーズの去就が注目されたが、当初はどの候補への支援も表明しなかった。予備選の形勢がまだ定まっていなかった5月14日にオバマ候補支援を表明。オバマの予備選勝利確定後には副大統領候補選考の最終リストに挙げられたが、最終的にはジョー・バイデンが副大統領候補に指名された。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見たメソジスト

    信仰する宗教は、メソジストジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エドワーズ

    ジョン・エドワーズから見た民主党 (アメリカ)

    1998年にノースカロライナ州選出上院議員の民主党候補として出馬、共和党現職候補(1期目)のを破り当選。政治家としては貧困対策、国民皆保険、住宅取得補助、不法移民の市民権取得、妊娠中絶や同性婚の権利擁護、地球温暖化対策などを主張した。ジョン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示