ジョン・テリー ニュース&Wiki etc.

ジョン・ジョージ・テリー(John George Terry, 1980年12月7日 - )は、イングランドのサッカー選手。元イングランド代表。アストン・ヴィラFCに所属している。ポジションはCB。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジョン・テリー」のつながり調べ

  • リチャード・ダン

    リチャード・ダンから見たジョン・テリー

    かつて師事したロイヤル監督率いるマンチェスター・シティFCへ2000年10月16日に移籍金300万ポンドで加入する。マンチェスター・シティでは、当初、期限付き移籍に出された右サイドバックのの後釜として、と共に加入すると、初出場を飾った24日のサウサンプトンFC戦 (2-0) を始め、序盤は右サイドバックを任されていたが、最終的にからセンターバックの定位置を奪取し、スティーヴ・ハウィーとコンビを組み、頭角を現した。2000-01シーズン終了後にチャンピオンシップ (2部)へと降格するが、降格に伴い就任したケビン・キーガン監督の下で1季でのプレミアリーグ昇格に貢献する。ピッチ内で活躍する一方で、ピッチ外では深夜にナイトクラブで飲酒をする問題行動を起こしており、昇格した2002-03シーズンには乱れた状態で練習場に現れたことで規律面での重大な違反により、2002年9月に2万ポンドの罰金と2週間に渡る練習への参加を禁止され、そのことから、マンチェスター・シティでのキャリアは終焉に向かっていると思われ、実際に試合に出場できない日々が続いていた。その後、食事療法によって体を絞って生活習慣を改善させた末、10月下旬のバーミンガム・シティFC戦において復帰を果たすと、センターバックの定位置を奪回しつつ、時折サイドバックでも起用された。続く2003-04シーズンは、序盤戦においてセンターバックの定位置争いでシルヴァン・ディスタンとダヴィド・ソメイユのフランス人コンビの後塵を拝しており、また、2003年9月上旬にUEFAカップ2003-04のスポルティング・ロケレン戦での足首の負傷から、出場機会を得るのに苦戦していたが、10月下旬のリーグカップのクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦において初先発での出場機会を掴むと、程なくしてソメイユからセンターバックの定位置を奪回し、最終的にディスタンとコンビを組んでチームを支えた。その後、2004-05シーズンから2005-06シーズン、2006-07シーズン、2007-08シーズンと4季連続チームのサポーターによる最優秀選手に選出される程のパフォーマンスを見せており、そのパフォーマンスは2007-08シーズンからコンビを組むマイカ・リチャーズに「自分はイングランド代表でリオ・ファーディナンド、ジョン・テリーと共にプレーしてきたが、ダンは彼らと同等であり、一緒にプレーした中で最高の選手の1人だ」と称賛されている。2006年には、契約を3年半延長し、更に相棒ディスタンの後を継いで主将を務めることになった。(リチャード・ダン フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たジョン・テリー

    テレビゲームが好きで、PS2ゲームのプロエボリューションサッカー(ウイニングイレブン)が得意。チェルシー時代にジョン・テリーが催したチーム内の大会で優勝し自前のトロフィーを獲得したという。(ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

「ジョン・テリー」のニューストピックワード