前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たジョン・テリージョン・テリー

    両チームとも準決勝で数多くの警告を受けており、バイエルン・ミュンヘンはアラバ、バトシュトゥバー、グスタヴォの3人が、チェルシーはイヴァノヴィッチ、メイレレス、ラミレス、テリーの4人が決勝戦出場停止となった。チャンピオンズリーグ決勝戦の出場停止選手の人数としては異例の多さであり、国際プロサッカー選手会はこれら7選手に関して出場停止処分を解除するようUEFAチャンピオンズリーグ実行委員会に求めたが、実行委員会はカードの累積枚数による出場停止などの出場規定に関して今後少なくとも3年間変更する予定はないと返答した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・フェレイラ

    パウロ・フェレイラから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼は厚く、同僚のリカルド・カルヴァーリョと同じくFCポルト時代から同監督のもとで数々のタイトル獲得に貢献した。チェルシーでは、加入した年からプレミアリーグのサッカーに適応し、レギュラーとして活躍。2004-05、2005-06シーズンのリーグ連覇に貢献した。しかしながら2006-07シーズン序盤はW杯の疲れからかコンディションが上がらずミスを連発し、右サイドバックのスタメンから外されるというスランプに陥った。2006年の年末にはジョン・テリーの怪我などから生涯初のセンターバックで起用されることもあったが、やはり安定感に欠けて批判の対象となった。ジョン・テリーがスタメンに復帰した2月10日のミドルスブラFC戦では本来の右サイドバックでプレーし、まずまずの動きを見せている。07-08シーズンのプレシーズンに怪我をして、調整不足な為か昨季と同じく調子は良くないが、10月に復調しかけた時に怪我をし約6週間離脱。12月のCLのバレンシア戦では復帰を果たしている。2008年2月にチェルシーとの契約を5年延長した。この延長はクラブ側が申し出たものであり、クラブからの信頼は厚い選手であるが、2008年のCL決勝では、右SBでエッシェンが先発を果たしており、大一番での出場は出来なかった。パウロ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝から見たジョン・テリージョン・テリー

    試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバがネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま号泣し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら号泣した。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ベッカム

    デビッド・ベッカムから見たジョン・テリージョン・テリー

    ワールドカップ敗退後の翌日、記者会見で代表キャプテンを退くとの声明を出した。「キャプテンとして代表を率いることはとても名誉な特権であり、代表では95試合(実際は94試合)に出場し、58試合でキャプテンを務めたが、チームはスティーブ・マクラーレン監督の下で新しい時代を開こうとしている時で、キャプテンマークを譲り渡すのが正しい選択であると考えている。」と、述べた。その後ジョン・テリーがキャプテンに就任した。デビッド・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たジョン・テリージョン・テリー

    準々決勝でベンフィカを2戦合計3-1で破ると、準決勝では前年王者のバルセロナと対戦。1stレグでは数少ないチャンスの中でドログバが得点し1-0で勝利。アウェイ・カンプ・ノウで行われた2ndレグでは、キャプテン・テリーがレッドカードで退場し数的不利に陥るも、0-2の状態から2-2のドローに持ち込み合計3-2で破る快挙を成し遂げる。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • ジャンフランコ・ゾラ

    ジャンフランコ・ゾラから見たジョン・テリージョン・テリー

    優れた実力もさることながら真摯で真面目な人柄で、チェルシーサポーターから現在もなお絶大な支持を受けている。チェルシーFCにて彼の付けていた背番号25番は公式な永久欠番とされてはいないものの、彼の退団後にそれを付けた選手は存在しない。ジョン・テリーは「26」という、主力選手としては大きな背番号を背負い続けているが、これはかつて「25」を背負っていた彼への敬意であり、「もう一歩進めば、偉大なゾラに追いつける」という思いが込められている。ジャンフランコ・ゾラ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ランパード

    フランク・ランパードから見たジョン・テリージョン・テリー

    モウリーニョ監督の「国内選手にクラブを引っ張ってほしい」との方針から、チェルシーでは副キャプテンを務める。2006-07シーズンでは故障がちなジョン・テリーに代わって、多くの試合でキャプテンマークを巻いている。フランク・ランパード フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たジョン・テリージョン・テリー

    一般人のパートナーでも幼少時代からの幼馴染や、学生時代の同級生と結婚に至るケースもある。マイケル・オーウェン、ジェイミー・キャラガー、ジョン・テリー、アリエン・ロッベン古くはディエゴ・マラドーナやロベルト・バッジオなどがその例である(マラドーナは後に離婚)。フェルナンド・トーレスは未婚だが、幼少時代からの幼馴染であるオラーラという恋人がいる。ウェイン・ルーニーの恋人コリーンも昔から家族ぐるみで付き合いがあり知っていた。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • レドリー・キング

    レドリー・キングから見たジョン・テリージョン・テリー

    ミッドフィルダー時代のU-21代表に選出後、2002年3月27日のイタリアとの親善試合でディフェンダーとしてA代表デビュー。2004年2月18日のポルトガルとの親善試合で代表初得点を挙げた。2003-04シーズンは大部分をミッドフィルダーとしてプレーしたが、EURO2004初戦のフランス戦では負傷したジョン・テリーに代わりセンターバックとして先発出場。またグループリーグ第3戦のクロアチア戦では守備的ミッドフィルダーとして途中出場した。レドリー・キング フレッシュアイペディアより)

  • ソル・キャンベル

    ソル・キャンベルから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後ポーツマスと2年契約を結んだ。W杯ドイツ大会ではジョン・テリー、リオ・ファーディナンドの控えに甘んじ、出場機会はスウェーデン戦での交代出場による1試合のみにとどまった。ソル・キャンベル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード