前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たジョン・テリージョン・テリー

    両チームとも準決勝で数多くの警告を受けており、バイエルン・ミュンヘンはダヴィド・アラバ、バトシュトゥバー、ルイス・グスタヴォの3人が、チェルシーはブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ、ラウル・メイレレス、ラミレス、ジョン・テリーの4人が決勝戦出場停止となった。チャンピオンズリーグ決勝戦の出場停止選手の人数としては異例の多さであり、国際プロサッカー選手会はこれら7選手に関して出場停止処分を解除するようUEFAチャンピオンズリーグ実行委員会に求めたが、実行委員会はカードの累積枚数による出場停止などの出場規定に関して今後少なくとも3年間変更する予定はないと返答した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝から見たジョン・テリージョン・テリー

    試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバがネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま涙し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら涙した。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・フェレイラ

    パウロ・フェレイラから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼は厚く、同僚のリカルド・カルヴァーリョと同じくFCポルト時代から同監督のもとで数々のタイトル獲得に貢献した。チェルシーでは、加入した年からプレミアリーグのサッカーに適応し、レギュラーとして活躍。2004-05・2005-06シーズンのリーグ連覇に貢献した。しかしながら2006-07シーズン序盤はW杯の疲れからかコンディションが上がらずミスを連発し、右サイドバックのスタメンから外されるというスランプに陥った。2006年の年末にはジョン・テリーの怪我などから生涯初のセンターバックで起用されることもあったが、やはり安定感に欠けて批判の対象となった。ジョン・テリーがスタメンに復帰した2月10日のミドルスブラFC戦では本来の右サイドバックでプレーし、まずまずの動きを見せている。07-08シーズンのプレシーズンに怪我をして、調整不足な為か昨季と同じく調子は良くないが、10月に復調しかけた時に怪我をし約6週間離脱。12月のCLのバレンシア戦では復帰を果たしている。2008年2月にチェルシーとの契約を5年延長した。この延長はクラブ側が申し出たものであり、クラブからの信頼は厚い選手であるが、2008年のCL決勝では、右SBでエッシェンが先発を果たしており、大一番での出場は出来なかった。2013年5月に現役引退を表明した。パウロ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンフランコ・ゾラ

    ジャンフランコ・ゾラから見たジョン・テリージョン・テリー

    。チェルシーFCにて彼の付けていた背番号25番は公式な永久欠番とされてはいないものの、彼の退団後にそれを付けた選手は存在しない。ジョン・テリーは「26」という、主力選手としては大きな背番号を背負い続けているが、これはかつて「25」を背負っていた彼への敬意であり、「もう一歩進めば、偉大なゾラに追いつける」という思いが込められている、と言われている。(後にこのエピソードはテリー本人によって否定されている。当時テリーが初めてファーストチームに入ったとき、空いている番号が「26」しかなかったため、テリーは「26」を選ぶしかなかった。また、レギュラーに定着してから背番号「5」や「6」を付けることを勧められたこともあったが、それを断り自身のラッキーナンバーとして「26」を背負い続けている)ジャンフランコ・ゾラ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・フート

    ロベルト・フートから見たジョン・テリージョン・テリー

    2001年にドイツの1.FCウニオン・ベルリンの下部組織からクラウディオ・ラニエリ監督率いるイングランド1部のチェルシーFCへ入団したフートは、その後トップチームに昇格を果たすも、ジョン・テリー、ウィリアム・ギャラス、リカルド・カルヴァーリョの存在からスタンフォード・ブリッジでの序列は低く、なかなか定着出来ずにいたため2006年8月に移籍金600万ポンドで同国1部のミドルズブラFCと契約した。リヴァーサイド・スタジアムで3季過ごし、2009年にミドルズブラが2部降格すると、同年8月に移籍金500万ポンドで同国1部のストーク・シティFCと契約。2009-10シーズンにはチームのFAカップ決勝進出に貢献する活躍等を見せ、シーズン終了後にチームの年間最優秀選手に選出された。ロベルト・フート フレッシュアイペディアより)

  • ペトル・チェフ

    ペトル・チェフから見たジョン・テリージョン・テリー

    順風満帆なキャリアを歩んでいたが、2006年10月14日のプレミアリーグ第8節・レディング戦でボールを奪おうとしたレディングのMFスティーヴン・ハントと激しく接触して頭蓋骨陥没骨折の重傷を負い、一時は意識不明に陥って選手生命も危惧された。また、チェフと交代したカルロ・クディチーニまでもが負傷し、その時点でチェルシーは交代枠を使い切っていたため、やむなくDFジョン・テリーがゴールマウスを守ることになった(クディチーニは幸い軽傷だった)。ジョゼ・モウリーニョ監督はハントの行為を厳しく非難するとともにチェフが一命を取り留めたことを「奇跡」と表現した。ペトル・チェフ フレッシュアイペディアより)

  • レドリー・キング

    レドリー・キングから見たジョン・テリージョン・テリー

    ミッドフィルダー時代のU-21代表に選出後、2002年3月27日のイタリアとの親善試合でディフェンダーとしてA代表デビュー。2004年2月18日のポルトガルとの親善試合で代表初得点を挙げた。2003-04シーズンは大部分をミッドフィルダーとしてプレーしたが、EURO2004初戦のフランス戦では負傷したジョン・テリーに代わりセンターバックとして先発出場。またグループリーグ第3戦のクロアチア戦では守備的ミッドフィルダーとして途中出場した。レドリー・キング フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ベッカム

    デビッド・ベッカムから見たジョン・テリージョン・テリー

    ワールドカップ敗退後の翌日、記者会見で代表キャプテンを退くとの声明を出した。「キャプテンとして代表を率いることはとても名誉な特権であり、代表では95試合(実際は94試合)に出場し、58試合でキャプテンを務めたが、チームはスティーブ・マクラーレン監督の下で新しい時代を開こうとしている時で、キャプテンマークを譲り渡すのが正しい選択であると考えている。」と、述べた。その後ジョン・テリーがキャプテンに就任した。デビッド・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後、フットボールディレクターであったアヴラム・グラントが新監督に昇格。混乱の残るチームを引き継いだグラントはチーム内で燻る不満の沈静化に着手し、コーチとして新たに招聘されたヘンク・テン・カテと共に新体制を始動させた。選手の求心力を失い、優勝を競う力は残されていないかに思われていたが、新体制の下でチームは徐々に息を吹き返し、リーグでは前年同様マンチェスター・ユナイテッドに優勝を譲ったものの、最終節までもつれる猛追を見せた。またクラブ史上初めてチャンピオンズリーグの決勝進出を果たし、ここで再びマンチェスター・ユナイテッドと対戦。雨の降るモスクワ、ルジニキ・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ決勝(2008年5月21日)は、同点のまま延長戦を含む120分で決着が付かずPK戦にもつれ込んだ。しかし、キャプテンのジョン・テリーが足をとられて失敗、またしてもマンチェスター・ユナイテッドの前に敗れ、悲願のチャンピオンズリーグ制覇を目前で逃すこととなった。この結果、4シーズンぶりに無冠に終わった責任を取る形でグラントは解任された。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • ハイルディン・オマル

    ハイルディン・オマルから見たジョン・テリージョン・テリー

    2003年に行われたチェルシーFCとの一戦は4-1で破れたものの、彼はここでマレーシア代表唯一の得点を決めた。36分にフランク・ランパードに得点された4分後、チームメイトのロスディ・タリブが蹴り込んだコーナーキックをジョン・テリーと競り合い、これを制しての得点であった。イングランドから奪ったこの得点は、1991年にムルデカ・スタジアムでマトラン・マルジャンがイングランド代表から2点を奪って以来の出来事であった。ハイルディン・オマル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード