52件中 11 - 20件表示
  • PFA年間最優秀選手賞

    PFA年間最優秀選手賞から見たジョン・テリージョン・テリー

    2017年現在、複数回受賞した選手は、マーク・ヒューズ、アラン・シアラー、ティエリ・アンリ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルの5名である。受賞回数やPFA年間最優秀若手選手賞等の賞を受賞したものは対象外といったような制限はなく、同じ選手がダブルで受賞する年もある。4月にノミネート選手が発表され、協会のメンバーは2名の選手に投票することになる。受賞者はPFAの他の賞の受賞者と共に、後日ロンドンで表彰される。同じサッカー選手から選ばれる賞であるため、とても価値のある賞である。2005年の受賞者であるジョン・テリーは、「週末や週明けに対戦している選手から支持されるのは、最高の賞賛。」であるとこの賞を評している。PFA年間最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たジョン・テリージョン・テリー

    過去にはイタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イングランド代表DFジョン・テリー、スペイン代表GKイケル・カシージャス、イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ、スペイン代表MFファン・マヌエル・マタらのコラムも連載されていた。また元スペイン代表フリオ・サリナスがリーガ・エスパニョーラでプレーする選手や他国のリーグでプレーするスペイン人選手と対談を繰り広げる「FACE TO FACE」は人気を博した。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • テリー

    テリーから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリー - イングランド代表のサッカー選手。テリー フレッシュアイペディアより)

  • ビッグロンドン・ダービー

    ビッグロンドン・ダービーから見たジョン・テリージョン・テリー

    2000年代にはカップ戦決勝で2度のビッグロンドン・ダービーが実現。2002年のFAカップ決勝ではアーセナルが2-0で勝利し、2007年のフットボールリーグカップ決勝ではチェルシーが2-1で勝利した。2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦し、スタンフォード・ブリッジでのファーストレグは1-1の引き分けに終わったが、ハイベリーでのセカンドレグはアウェーのチェルシーが2-1で勝利し、チェルシーが準決勝に勝ち上がった。2006年にはアーセナルのアシュリー・コールがチェルシーに移籍したが、移籍合意の何ヶ月も前にチェルシーの首脳陣と会合を持っていたことが両クラブのサポーターを焚きつけた。2007年のフットボールリーグカップ決勝はダービー史上最高の試合のひとつとして語り継がれている。試合終了間際に多数の選手が絡んだ乱闘騒ぎが起こり、アーセナルのコロ・トゥーレとエマニュエル・アデバヨール、チェルシーのミケル・ジョン・オビの計3人にレッドカードが提示された。試合後、ミケルには4試合の出場停止処分が、コロとアデバヨールには3試合の出場停止処分が下された。これらのことから、メディアは「スナーリングカップ決勝」(snarlは「混乱」や「紛糾」の意味)であったと試合を揶揄した。2011年10月29日にスタンフォード・ブリッジで行われた試合も、手に汗握る素晴らしい試合となった。アーセナルはロビン・ファン・ペルシーがハットトリックを達成し、アンドレ・サントスとテオ・ウォルコットが1点ずつ決めた。チェルシーはフランク・ランパードとジョン・テリーとフアン・マヌエル・マタが1点ずつ決め、ランパードの得点はチェルシーのクラブ史上6000点目のゴールとなったが、アーセナルが5-3で激しい撃ち合いを制した。近年はチェルシーが優勢となっており、特にジョゼ・モウリーニョがチェルシーを率いてる間(2004-2007年と2013-2015年)、アーセナルが勝ったのは2015年のFAコミュニティ・シールドのみである。ビッグロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たジョン・テリージョン・テリー

    U-21代表で12試合2得点を記録後、バーミンガム・シティでの活躍から2003年5月22日の南アフリカ戦でリオ・ファーディナンドに代わりイングランドA代表初出場を飾って以降、バーミンガム在籍中に7試合に出場した。2005年9月7日の北アイルランド戦を最後に暫くの間代表から遠ざかっていたが、ファビオ・カペッロ新監督の最初の試合である2008年2月のウェンブリー・スタジアムでのスイス戦に向けて招集され、リオ・ファーディナンドとコンビを組んで先発出場をした。また、ジョン・テリーが負傷したことにより、出場10試合目となったカザフスタン戦で再度先発している。2008年11月19日のドイツとの親善試合(2-1)では代表初得点を挙げ、放映するITVによる最優秀選手に選出された。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1998-1999

    FAプレミアリーグ1998-1999から見たジョン・テリージョン・テリー

    前シーズンは4位でフィニッシュし、UEFAカップウィナーズカップとリーグカップでも好成績を残したが、ブルーズはリーグ優勝を目指し、大物選手を獲得した。ACミランからフランス代表のマルセル・デサイー、バルセロナからスペイン代表のアルベルト・フェレール、クラブ記録となる移籍金540万ポンドでラツィオからイタリア代表のピエルルイジ・カジラギを獲得した。カジラギはキャリアに影響を与えるほどの怪我をしてしまったが、ジャンフランコ・ゾラはキャリアで最高のシーズンを送り、リーグで13ゴール、公式戦通算15ゴールを挙げ、多くのアシストも記録した。18歳のジョン・テリーがデビューを飾ったシーズンであるが、数年後にチェルシーのキャプテンになり、ワールドクラスのディフェンダーになると予想した者はほとんどいなかった。マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの優勝争いから脱落し、前回優勝チームとして挑んだカップウィナーズカップでは準決勝で敗れ、獲得したタイトルはUEFAスーパーカップだけとなった。しかし、若き指揮官のジャンルカ・ヴィアリに率いられたチームは3位でシーズンを終え、チャンピオンズリーグの出場権を獲得した。ヴィアリは監督業に集中するために現役引退を発表した。FAプレミアリーグ1998-1999 フレッシュアイペディアより)

  • クロード・マケレレ

    クロード・マケレレから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後ロシアの石油王、ロマン・アブラモヴィッチが新オーナーとなったチェルシーFCへ移籍。移籍後初シーズンはプレミアリーグ2位、UEFAチャンピオンズリーグではASモナコに準決勝で敗れるなど、タイトルを手にすることはできなかった。しかし2004-05シーズンにはプレミアリーグとフットボールリーグカップを獲得。2004年より監督に就任したジョゼ・モウリーニョはマケレレをシーズンの最優秀選手と褒め称え、FIFProによる2005年のベストイレブンにもチームメイトであるフランク・ランパードやジョン・テリーらとともに選出された。クロード・マケレレ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ウォンドロウスキ

    クリス・ウォンドロウスキから見たジョン・テリージョン・テリー

    2012年シーズン開幕前の2月にサンノゼ・アークスクエイクと契約を延長し、例年以上にハイペースで得点を挙げる活躍からMLSオールスターゲームに選出されると、その際にNBCスポーツのドキュメンタリー番組MLS 36の対象となりオールスターが開催されるフィラデルフィアへの到着の場面や試合中が撮影された。肝心の試合は、ティエリ・アンリのクロスをジョン・テリーが処理する最中に詰め寄ってクリアを防ぎ、テリーが躓く隙を逃さずにボールを奪取してそのまま先制点を挙げると、素晴らしい一連の動作から、ハーフタイム中にテリーから賛辞を送られ、まさに自分にとって悪夢だったと言わしめるほどだった。10月6日のコロラド・ラピッズ戦で自身のキャリア4度目となるハットトリックを達成してクラブの通算最多得点記録数を62得点に塗り替える等、得点を重ねていった結果、最終的にロイ・ラシター(en)が保持するシーズン最多得点記録に並ぶ27得点を挙げて2シーズンぶりの得点王のタイトルを獲得するのみならず、圧倒的な評価を得てにも選出された。クリス・ウォンドロウスキ フレッシュアイペディアより)

  • タル・ベン・ハイム

    タル・ベン・ハイムから見たジョン・テリージョン・テリー

    スタンフォード・ブリッジでのメディカルチェックを経て、2007年6月に自由移籍でチェルシーと4年契約を締結。移籍決定時には、ユダヤ・テレグラフ(Jewish Telegraph)に世界有数のビッグクラブでのプレイ、そしてジョゼ・モウリーニョ監督の下でUEFA チャンピオンズリーグに出場出来る喜びを語った。マンチェスター・ユナイテッドFCとのFAコミュニティ・シールドで公式戦初出場を飾り、その後同僚でCBを務めるジョン・テリーとリカルド・カルヴァーリョの負傷により定期的に出場していた。しかし、両名が負傷から復帰し、さらにアレックスが加入したことで4番手となりベンチ入りもままならなくなった。タル・ベン・ハイム フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・オーイェル

    アンドレ・オーイェルから見たジョン・テリージョン・テリー

    2006年8月23日に移籍金200万ポンドでイングランド1部のブラックバーン・ローヴァーズFCと2年+1年契約を締結。初出場を飾った27日のチェルシーFC戦(ホーム0-2敗北)では、後半早々にジョン・テリーへのファウルからPKを与え、それをフランク・ランパードに決められると、さらにディディエ・ドログバに振り切られ失点するなど直接的な敗因となってしまった。次のシェフィールド・ユナイテッドFC戦 (0-0) とUEFAカップ2006-07のレッドブル・ザルツブルク戦でも不安定さを見せたことで批判された。マーク・ヒューズ監督が批判に対し擁護する中で迎えたマンチェスター・シティFC戦(ホーム4-2勝利)でオウンゴールを献上してしまった。10月4日には、PSVがブラックバーンからの最初のオファーを拒否する行動に出なければ、意地になりボイコットすることもなく残留していただろうと現状の不満を吐露することもあったが、その後は、新天地に馴染み地位を確立していった。しかし、リーグ戦出場20試合目となる2007年1月20日のマンチェスター・シティ戦(アウェイ勝利)で相手FWのベルナルド・コッラーディと縺れた際に腓骨の骨折と足首の靭帯を負傷したことでシーズン残りの欠場が決定した。アンドレ・オーイェル フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード