40件中 11 - 20件表示
  • ウェイン・ブリッジ

    ウェイン・ブリッジから見たジョン・テリージョン・テリー

    2010年、当時の恋人ヴァネッサ・ペロンセルが、代表主将のジョン・テリーと浮気していたことが発覚。両者は家族ぐるみで親しかった間柄でもあり大きなスキャンダルとして英国内で大騒ぎになり、これによりテリーは代表主将の座を剥奪された。ブリッジもテリーと顔を合わせたくないとしてイングランド代表を辞退した。その後も招集がないことから事実上この時点で代表からは引退している。ウェイン・ブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェリペ・スコラーリ

    ルイス・フェリペ・スコラーリから見たジョン・テリージョン・テリー

    一方で、チェルシーの監督時代には欠点も露呈した。初期には戦術面である程度の評価・実績は得たものの、起用法をめぐってディディエ・ドログバとの折り合いを悪くしたり、練習メニューが甘すぎるとして主将のジョン・テリーらから改善を求められる(後にテリーは自ら練習を仕切らざるを得なくなった)などトラブルが頻発。それに合わせるように成績も足踏みが続くようになり、シーズン途中で解雇されることになった。タレント集団の長期的マネジメント能力・人心掌握力に問題を残したといえる。ルイス・フェリペ・スコラーリ フレッシュアイペディアより)

  • PFA年間最優秀選手賞

    PFA年間最優秀選手賞から見たジョン・テリージョン・テリー

    4月にノミネート選手が発表され、協会のメンバーは2名の選手に投票することになる。受賞者はPFAの他の賞の受賞者と共に、後日ロンドンで表彰される。同じサッカー選手から選ばれる賞であるため、とても価値のある賞である。2005年の受賞者であるジョン・テリーは、「週末や週明けに対戦している選手から支持されるのは、最高の賞賛。」であるとこの賞を評している。PFA年間最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たジョン・テリージョン・テリー

    テレビゲームが好きで、PS2ゲームのプロエボリューションサッカー(ウイニングイレブン)が得意。チェルシー時代にジョン・テリーが催したチーム内の大会で優勝し自前のトロフィーを獲得したという。ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

  • ガリー・ネヴィル

    ガリー・ネヴィルから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後はケガが続きクラブでもレギュラーを失うが、2009年5月24日に2010年W杯欧州予選のメンバーに選ばれ代表復帰を果たした。85キャップ目を記録した2007年のスペイン戦以来の代表復帰となったが、試合に出場することはなかった。この代表復帰についてイングランド代表元キャプテンのジョン・テリーは「彼の貪欲さを見ることができて素晴らしい気分だ。彼は僕を含めたチームのみんなにとって、素晴らしいお手本なんだ。彼は偉大な選手であり、チームに必要な存在だよ。メンバーから外れたとしても、懸命にプレーして良い動きを見せられれば、復帰できるということをネヴィルは証明してくれたね」と34歳のネヴィルが代表選手として国際舞台に復帰することを喜んだ。ガリー・ネヴィル フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後、モウリーニョ、パウロ・フェレイラと共にチェルシーに移籍。マルセル・デサイーに代わる存在としてジョン・テリーらとともに強固なディフェンス陣を形成し、50年ぶりとなるリーグタイトル獲得に貢献すると共に、カーリング・カップの2冠を達成する。ノリッジ・シティ戦では初得点も記録。2005-06シーズン、カルヴァーリョは開幕戦に自身を出場させなかったモウリーニョに対し公の場で不満を爆発させた。それに対してアーセナル戦でメンバー漏れし、8万5000ポンドの罰金を科せられた。その後本人は謝罪。この直後に1試合だけ左SBで出場させられた。その試合では1得点決めている。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン (人名)

    ジョン (人名)から見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリー - イギリスのサッカー選手。ジョン (人名) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

    アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタから見たジョン・テリージョン・テリー

    2004年にチェルシーに移籍したがプレミアリーグの就労条件をクリアできず、一度もプレーすることなくオランダのPSVにレンタル移籍した。PSVでは守備の要だけでなく、攻撃の基点ともなりうる存在でチームの中心となり、リーグ3連覇とチャンピオンズリーグ上位進出に貢献している。2007年に就労ビザが発行され、晴れてチェルシーに復帰した。ただし、チェルシー加入後はジョン・テリー、リカルド・カルヴァーリョに次ぐ3番手であり出場機会が減少。加入2年目には本人も移籍願望を口に出したため、冬の移籍が決定的かと思われたが、カルバーリョの長期離脱によりレギュラーを確保。残留し、シーズン終盤までスタメンとしてプレーした。しかし、2009-10シーズンはカルヴァーリョが復帰したため、再び控えに回った。アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • クロード・マケレレ

    クロード・マケレレから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後ロシアの石油王、ロマン・アブラモヴィッチが新オーナーとなったチェルシーFCへ移籍。移籍後初シーズンはプレミアリーグ2位、UEFAチャンピオンズリーグではASモナコに準決勝で敗れるなど、タイトルを手にすることはできなかった。しかし2004-05シーズンにはプレミアリーグとフットボールリーグカップを獲得。2004年より監督に就任したジョゼ・モウリーニョはマケレレをシーズンの最優秀選手と褒め称え、FIFProによる2005年のベストイレブンにもチームメイトであるフランク・ランパードやジョン・テリーらと共に選出された。クロード・マケレレ フレッシュアイペディアより)

  • テリー

    テリーから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリー - イングランド代表のサッカー選手。テリー フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード