52件中 21 - 30件表示
  • リチャード・ダン

    リチャード・ダンから見たジョン・テリージョン・テリー

    かつて師事したロイヤル監督率いるマンチェスター・シティFCへ2000年10月16日に移籍金300万ポンドで加入する。マンチェスター・シティでは、当初、期限付き移籍に出された右サイドバックのの後釜として、と共に加入すると、初出場を飾った24日のサウサンプトンFC戦 (2-0) を始め、序盤は右サイドバックを任されていたが、最終的にからセンターバックの定位置を奪取し、スティーヴ・ハウィーとコンビを組み、頭角を現した。2000-01シーズン終了後にチャンピオンシップ (2部)へと降格するが、降格に伴い就任したケビン・キーガン監督の下で1季でのプレミアリーグ昇格に貢献する。ピッチ内で活躍する一方で、ピッチ外では深夜にナイトクラブで飲酒をする問題行動を起こしており、昇格した2002-03シーズンには乱れた状態で練習場に現れたことで規律面での重大な違反により、2002年9月に2万ポンドの罰金と2週間に渡る練習への参加を禁止され、そのことから、マンチェスター・シティでのキャリアは終焉に向かっていると思われ、実際に試合に出場できない日々が続いていた。その後、食事療法によって体を絞って生活習慣を改善させた末、10月下旬のバーミンガム・シティFC戦において復帰を果たすと、センターバックの定位置を奪回しつつ、時折サイドバックでも起用された。続く2003-04シーズンは、序盤戦においてセンターバックの定位置争いでシルヴァン・ディスタンとダヴィド・ソメイユのフランス人コンビの後塵を拝しており、また、2003年9月上旬にUEFAカップ2003-04のスポルティング・ロケレン戦での足首の負傷から、出場機会を得るのに苦戦していたが、10月下旬のリーグカップのクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦において初先発での出場機会を掴むと、程なくしてソメイユからセンターバックの定位置を奪回し、最終的にディスタンとコンビを組んでチームを支えた。その後、2004-05シーズンから2005-06シーズン、2006-07シーズン、2007-08シーズンと4季連続チームのサポーターによる最優秀選手に選出される程のパフォーマンスを見せており、そのパフォーマンスは2007-08シーズンからコンビを組むマイカ・リチャーズに「自分はイングランド代表でリオ・ファーディナンド、ジョン・テリーと共にプレーしてきたが、ダンは彼らと同等であり、一緒にプレーした中で最高の選手の1人だ」と称賛されている。2006年には、契約を3年半延長し、更に相棒ディスタンの後を継いで主将を務めることになった。リチャード・ダン フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たジョン・テリージョン・テリー

    一般人のパートナーでも幼少時代からの幼馴染や、学生時代の同級生と結婚に至るケースもある。マイケル・オーウェン、ジェイミー・キャラガー、ジョン・テリー、アリエン・ロッベン、ウェイン・ルーニー、フェルナンド・トーレス、テオ・ウォルコット古くはディエゴ・マラドーナやロベルト・バッジオなどがその例である(マラドーナは後に離婚)。リオネル・メッシも幼少時代からの幼馴染である恋人のアントネージャ・ロクッソがおり、2013年のFIFAバロンドール授賞式に彼女も同伴していた。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • クリント・デンプシー

    クリント・デンプシーから見たジョン・テリージョン・テリー

    9月29日、チェルシーFC戦でチェルシーDFジョン・テリーと空中で激しく衝突した。その後ジョン・テリーは交代させられるが、空中で衝突した際に意図的に肘を使っていたのではないかという声があがった。しかし、そのことを主審のマーティン・アトキンソンはイングランドサッカー協会に報告しなかったため罰せられなかった。クリント・デンプシー フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たジョン・テリージョン・テリー

    2006-07シーズンはFAカップ、リーグカップのカップ・ダブルを達成するが、24人前後という少数精鋭で戦うチームであった為、怪我人の対応に後手を踏んだ。2006年10月14日に行われたレディング戦で頭蓋骨の陥没骨折という大怪我を負った守護神のペトル・チェフを筆頭に、主将のジョン・テリーや同じイングランド代表の主力だったアシュリー・コールといったDF陣を中心とした実に10人近くの主力が相次ぐ故障に倒れ冬の移籍市場でDFの補強を要求するモウリーニョと、補強をしようとしない経営陣との対立が表面化。「このチームにスターは存在しない。一致団結したチームこそスターだ」というモウリーニョ・イズムは崩れ、「報道を忘れる必要がある」と否定する姿勢を見せず、同シーズン限りでチームの監督を辞するのではという憶測が流れた。モウリーニョ自身は「2010年の契約満了まで自分から辞める事はない」と明言。だが、クラブオーナーであるロマン・アブラモヴィッチの態度は不明瞭であり解任の噂が絶えなかった。結局史上5チーム目の3連覇が懸かっていたリーグ戦では、テリーが欠場した(18節?25節)試合は4勝3分け1敗で、総失点24のうち10失点がこの時期に奪われたのもあり、優勝したマンチェスター・ユナイテッドに6ポイント差を付けられて2位に終わった。そして、2007年9月15日に行われたプレミアリーグのブラックバーン・ローバーズ戦や、2007年9月18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグで、ノルウェー・エリテセリエンの王者・ローゼンボリ戦といった勝ちを計算出来た筈の2試合をいずれも引き分けたのが決定打となり、2007年9月20日、チェルシーとの契約解除が公式ホームページ上で発表された。モウリーニョとクラブ側双方合意の上でのものだったが、事実上の解任であった。後任には、アヴラム・グラントが就任。このシーズン、クラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出を果たすも、サポーターから「モウリーニョの遺産」と揶揄されていた。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャラス

    ウィリアム・ギャラスから見たジョン・テリージョン・テリー

    チェルシーFCでは、しばらくはセンターバックとして出場していたもののジョゼ・モウリーニョが監督に就任した2004年夏からはサイドバックとしての出場が増え、かねてから何度もセンターバックでの起用をモウリーニョに切望していたが、ジョン・テリー、リカルド・カルバーリョの両センターバックが欠場でもしない限り、そのポジションでの起用は無く、左サイドバックとして起用されることが多かった。そのために、新たなクラブでの挑戦を再三公言していた。ウィリアム・ギャラス フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後、モウリーニョ、パウロ・フェレイラと共にチェルシーに移籍。マルセル・デサイーに代わる存在としてジョン・テリーらとともに強固なディフェンス陣を形成し、50年ぶりとなるリーグタイトル獲得に貢献すると共に、カーリング・カップの2冠を達成する。ノリッジ・シティ戦では初得点も記録。2005-06シーズン、カルヴァーリョは開幕戦に自身を出場させなかったモウリーニョに対し公の場で不満を爆発させた。それに対してアーセナル戦でメンバー漏れし、8万5000ポンドの罰金を科せられた。その後本人は謝罪。この直後に1試合だけ左SBで出場させられた。その試合では1得点決めている。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン (人名)

    ジョン (人名)から見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリー - イギリスのサッカー選手。ジョン (人名) フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たジョン・テリージョン・テリー

    2012年2月8日、イングランドサッカー協会が自らの同意を得ずにジョン・テリーをキャプテンから外したことに異を唱えてEURO2012を前にして代表監督を辞任した。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たジョン・テリージョン・テリー

    この活躍に目を付けたチェルシーFCに、3800万ユーロ(約51億円)という破格で移籍した。その際、両クラブが衝突し移籍交渉が1か月にも及ぶことになり、またエッシェン自身がリヨンでの出場や練習参加を拒んだり、チェルシー移籍願望などの発言により物議を醸すが、最終的には念願の移籍を果たした。当時、3800万ユーロはフランスのクラブに支払われた額としては最高額であった(リヨンの年間支出額の1/3とも言われている)。その後、チェルシーではレギュラーとして活躍する。モウリーニョ前監督からは「ジョン・テリーやディディエ・ドログバと並び、代えの利かない選手」と賞賛されている。2008-09シーズンにはCL準決勝での活躍によりチェルシー・ゴールオブザイヤーを受賞した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • バンビーノの呪い

    バンビーノの呪いから見たジョン・テリージョン・テリー

    ドラマ『LOST』においてジャック(マシュー・フォックス)と父クリスチャン(ジョン・テリー)はしばしば「だからレッドソックスは優勝できないんだ」と語る。2006年の第3シーズンでベン(マイケル・エマーソン)が、他のものたちが外部と連絡を取っているということをジャックに納得させるためレッドソックスが2004年に優勝したことを告げる。バンビーノの呪い フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード