40件中 21 - 30件表示
  • ジェイミー・キャラガー

    ジェイミー・キャラガーから見たジョン・テリージョン・テリー

    イングランド代表としては、必ず招集はされるものの、その実力を発揮させる機会が与えられることは少なかった。ドイツW杯では右サイドバックとして4試合に出場したがW杯の後、イングランド代表監督がスティーブ・マクラーレンに替わったことで代表としての出場機会は激減。ジョン・テリーやリオ・ファーディナンドが不調や怪我で出られない時でもスタメンでの出場はままならず、悩んだ末にクラブチームでのプレーに全力を注ぐべく2007年8月、イングランド代表を引退した。皮肉にもその3ヶ月後、イングランドはテリーとファーディナンドを欠いた状態で、急造ディフェンス陣を突かれクロアチアにホームで惨敗し、EURO2008を予選落ちで終える事になる。キャラガーの代表引退は結果的にイングランド全体に大きく影響することになった。ジェイミー・キャラガー フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たジョン・テリージョン・テリー

    過去にはイタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イングランド代表DFジョン・テリー、スペイン代表GKイケル・カシージャス、イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロらのコラムも連載されていた。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • ペトル・チェフ

    ペトル・チェフから見たジョン・テリージョン・テリー

    順風満帆なキャリアを歩んでいたが、2006年10月14日のプレミアリーグ・レディングFC戦でボールを奪おうとしたレディングのMFスティーヴン・ハントと激しく接触して頭蓋骨陥没骨折の重傷を負い、一時は意識不明に陥って選手生命も危惧された。また、チェフと交代したカルロ・クディチーニまでもが負傷し、その時点でチェルシーは交代枠を使い切っていたため、やむなくジョン・テリーがゴールマウスを守ることになった(クディチーニは軽傷だった)。意識は回復したものの、復帰には最短でも1年はかかると診断された。が、驚異的な回復力で2007年1月20日のリヴァプールFC戦で先発出場して復帰を果たした。その後は常にラグビー用のヘッドギアを装着して試合に臨んでいる。骨折自体は完治しているが、強度はまだ完全には元に戻っていないこと、ヘッドギア装着でのプレーが定着しているなどの理由で、現在も装着し続けている。ペトル・チェフ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たジョン・テリージョン・テリー

    この活躍に目を付けたチェルシーに、3800万ユーロ(約51億円)という破格で移籍。その際、両クラブが衝突し移籍交渉が1ヵ月にも及ぶ事になり、また、エッシェン自身がリヨンでの出場や練習参加を拒んだり、チェルシー移籍願望などの発言により物議を醸すが、最終的には念願の移籍を果たした。当時、3800万ユーロはフランスのクラブに支払われた額としては史上最高。(リヨンの年間支出額の1/3とも言われている)その後、チェルシーではレギュラーとして活躍。モウリーニョ前監督からは「ジョン・テリーやドログバと並び、代えの利かない選手」と賞賛されている。08-09シーズンにはCL準決勝での活躍によりチェルシー・ゴールオブザイヤーを受賞した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • タル・ベン・ハイム

    タル・ベン・ハイムから見たジョン・テリージョン・テリー

    2007年、ディフェンスラインでのマルチな才能を買われ、イングランドのチェルシーFCに4年契約で移籍した。移籍当初は怪我人のバックアッパーとはいえ、ベンチなど控えの選手として出場していたが、ジョン・テリーやリカルド・カルヴァーリョの主力が怪我から復帰し、新たなセンターバックとしてアレックスが加入すると徐々に出番が減り、ベンチ入りも少なくなってしまった。そのため、2008年にマンチェスター・シティFCへ移籍した。2009年1月からサンダーランドAFCにレンタル移籍し、シーズン終了後の2009年8月31日にポーツマスFCに完全移籍した。2010年8月、ウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍したが、1シーズンでポーツマスに復帰した。タル・ベン・ハイム フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・ダービー

    ロンドン・ダービーから見たジョン・テリージョン・テリー

    ブレントフォードFC、チェルシーFC、フラムFC、クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(QPR)の4クラブ間で行われるダービーである。QPRとチェルシーの初めての対戦は白熱した一戦となり、2人の退場者を出したチェルシーをQPRがホームで1-0と下した。1960年代以降、QPRはチェルシーに対するライバル意識を高めていったが、チェルシーのサポーターは応じなかった。1995-96シーズン終了後にはQPRがプレミアリーグ(現1部)から降格し、2010-11シーズン終了後に再びプレミアリーグに返り咲くまで、両者の対戦機会はなかった。また、2011年10月の対戦ではチェルシーのジョン・テリーがQPRのアントン・ファーディナンドに対して人種差別的な発言を行ったとされている。1970年代から1980年代にかけて、フラムは下部リーグに在籍しており、チェルシーと定期的に対戦することはなかったが、フラムは2000-01シーズン終了後にプレミアリーグに昇格し、両者のライバル意識が再燃した。ロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ビッグロンドン・ダービー

    ビッグロンドン・ダービーから見たジョン・テリージョン・テリー

    2000年代にはカップ戦決勝で2度のビッグロンドン・ダービーが実現。2002年のFAカップ決勝ではアーセナルが2-0で勝利し、2007年のフットボールリーグカップ決勝ではチェルシーが2-1で勝利した。2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦し、スタンフォード・ブリッジでのファーストレグは1-1の引き分けに終わったが、ハイバリーでのセカンドレグはアウェーのチェルシーが2-1で勝利し、チェルシーが準決勝に勝ち上がった。2006年にはアーセナルのアシュリー・コールがチェルシーに移籍したが、移籍合意の何ヶ月も前にチェルシーの首脳陣と会合を持っていたことが両クラブのサポーターを焚きつけた。2007年のフットボールリーグカップ決勝はダービー史上最高の試合のひとつとして語り継がれている。試合終了間際に多数の選手が絡んだ乱闘騒ぎが起こり、アーセナルのヤヤ・トゥーレとエマニュエル・アデバヨール、チェルシーのミケル・ジョン・オビの計3人にレッドカードが提示された。試合後、ミケルには4試合の出場停止処分が、ヤヤとアデバヨールには3試合の出場停止処分が下された。これらのことから、メディアは「スナーリングカップ決勝」(snarlは「混乱」や「紛糾」の意味)であったと試合を揶揄した。2011年10月29日にスタンフォード・ブリッジで行われた試合も、手に汗握る素晴らしい試合となった。アーセナルはロビン・ファン・ペルシーがハットトリックを達成し、アンドレ・サントスとテオ・ウォルコットが1点ずつ決めた。チェルシーはフランク・ランパードとジョン・テリーとフアン・マヌエル・マタが1点ずつ決め、ランパードの得点はチェルシーのクラブ史上6000点目のゴールとなったが、アーセナルが5-3で激しい撃ち合いを制した。ビッグロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ジョーンズ (サッカー選手)

    フィル・ジョーンズ (サッカー選手)から見たジョン・テリージョン・テリー

    次世代のジョン・テリーと称される、ベテランのような冷静かつクレバーな守備が持ち味のイングランド期待の新星。18歳にして飛び級でU-21代表に招集されている。フィル・ジョーンズ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャラス

    ウィリアム・ギャラスから見たジョン・テリージョン・テリー

    チェルシーFCでは、しばらくはセンターバックとして出場していたもののジョゼ・モウリーニョが監督に就任した2004年夏からはサイドバックとしての出場が増え、かねてから何度もセンターバックでの起用をモウリーニョに切望していたが、ジョン・テリー、リカルド・カルバーリョの両センターバックが欠場でもしない限り、そのポジションでの起用は無く、左サイドバックとして起用されることが多かった。そのために、新たなクラブでの挑戦を再三公言していた。ウィリアム・ギャラス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たジョン・テリージョン・テリー

    2008年5月21日に行われた決勝戦では、チェルシーから先制ゴールを奪うも、チェルシーもフランク・ランパードが同点ゴールを決めて反撃。延長戦でも決着がつかずPK戦となり、ロナウドは3人目のキッカーを務めるもペトル・チェフにコースを読み切られて失敗。しかし、チェルシーも5人目のキッカーのジョン・テリーが雨でぬかるんだピッチに足を滑らせて痛恨のミスキックで失敗し、その後エトヴィン・ファン・デル・サールの好セーブによって、ユナイテッドの勝利が決定した。その瞬間、ロナウドはピッチに倒れこんで号泣し、ガリー・ネヴィル、ライアン・ギグス、ファーガソン監督らに助け起こされてようやく味方の歓喜の輪に加わった。これらの活躍により、この年のバロンドールとFIFA最優秀選手賞をダブル受賞。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード