1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • サッカーイングランド代表

    サッカーイングランド代表から見たジョン・テリージョン・テリー

    2001年には代表史上初めて外国人監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンを招聘した。ベッカム、オーウェンのほかフランク・ランパード、スティーブン・ジェラード、ジョン・テリー、ウェイン・ルーニーら才能ある名選手を擁し、たびたび優勝候補に挙げられながらも、国際大会では最高でベスト8止まりという状況が続いた。サッカーイングランド代表 フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1998-1999

    FAプレミアリーグ1998-1999から見たジョン・テリージョン・テリー

    前シーズンは4位でフィニッシュし、UEFAカップウィナーズカップとリーグカップでも好成績を残したが、ブルーズはリーグ優勝を目指し、大物選手を獲得した。ACミランからフランス代表のマルセル・デサイー、バルセロナからスペイン代表のアルベルト・フェレール、クラブ記録となる移籍金540万ポンドでラツィオからイタリア代表のピエルルイジ・カジラギを獲得した。カジラギはキャリアに影響を与えるほどの怪我をしてしまったが、ジャンフランコ・ゾラはキャリアで最高のシーズンを送り、リーグで13ゴール、公式戦通算15ゴールを挙げ、多くのアシストも記録した。18歳のジョン・テリーがデビューを飾ったシーズンであるが、数年後にチェルシーのキャプテンになり、ワールドクラスのディフェンダーになると予想した者はほとんどいなかった。マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの優勝争いから脱落し、前回優勝チームとして挑んだカップウィナーズカップでは準決勝で敗れ、獲得したタイトルはUEFAスーパーカップだけとなった。しかし、若き指揮官のジャンルカ・ヴィアリに率いられたチームは3位でシーズンを終え、チャンピオンズリーグの出場権を獲得した。ヴィアリは監督業に集中するために現役引退を発表した。FAプレミアリーグ1998-1999 フレッシュアイペディアより)

  • ER緊急救命室

    ER緊急救命室から見たジョン・テリージョン・テリー

    ディヴ・スヴェティック(第1シーズン)(ジョン・テリー、声:神谷和夫): 精神科医。ロシア人タクシー運転手コヴァリョフのサイドビジネスが縁で、葬儀屋チェーンの社長ロンダ・ヴァイダーと結ばれる。ER緊急救命室 フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・モドリッチ

    ルカ・モドリッチから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリーはモドリッチを「対戦するのが難しいワールドクラスのプレイヤーで、機敏な素晴らしいフィニッシャー」と賞賛した。ルカ・モドリッチ フレッシュアイペディアより)

  • リオ・ファーディナンド

    リオ・ファーディナンドから見たジョン・テリージョン・テリー

    2010年2月、代表主将であるジョン・テリーの不祥事(不倫疑惑)が発覚したため、テリーに代わって副将から主将に昇格。同年5月には2010 FIFAワールドカップイングランド代表に選出され主将に任命されたものの、大会直前の6月4日の練習で左膝の靭帯を損傷し離脱した。リオ・ファーディナンド フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たジョン・テリージョン・テリー

    チェルシーFCをヤクザに見立てたシリーズ。アブラモビッチオーナーは「大親分」、監督は「親分」、キャプテンのテリーは「若頭」と呼ばれ、選手(子分)たちは全員、ユニフォームの上から腹巻きをしていた。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリー(チェルシー、1997年-)※フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ラニエリ

    クラウディオ・ラニエリから見たジョン・テリージョン・テリー

    アトレティコ・マドリードの監督を経て、2000年にイングランドの名門チェルシーFCの監督に就任。フランク・ランパードやウィリアム・ギャラスを獲得し、未来のキャプテンであるジョン・テリーを抜擢する一方で、ベテランのデニス・ワイズを放出するなどチームの改革に成功した。2003年夏にロマン・アブラモビッチが新オーナーになると、1億5,000万ユーロを投じる空前の大型補強が行われる。期待が高まる中で迎えた2003-04シーズンは、無敗で優勝したアーセナルに次ぐ国内リーグ2位、UEFAチャンピオンズリーグではアーセナルを破ってのベスト4と一定の結果を出したが、求められていたタイトル獲得はならず。ラニエリはシーズン終了と同時に解任され、ジョゼ・モウリーニョがその後釜に座ることになった。クラウディオ・ラニエリ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たジョン・テリージョン・テリー

    2012年2月8日、イングランドサッカー協会が自らの同意を得ずにジョン・テリーをキャプテンから外したことに異を唱えてEURO2012を前にして代表監督を辞任した。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たジョン・テリージョン・テリー

    メディアや対戦相手に対する尊大な態度や挑発的な言動は、興味や批判の矛先を自分に向けさせることで、選手を守るためのパフォーマンスではないかとの指摘がある。指導する選手にはモウリーニョを高く評価する者が多い。チェルシーではポルト時代から指導を受けていたカルヴァーリョ、フェレイラはもちろん、キャプテンのテリー、ランパードら、その人柄を慕う選手も多かった。伸び悩んでいたジョー・コールはウイングとして活路を切り開き、モウリーニョから多大な影響を受けたと語っている。2006-07シーズンの最終節アーセナル戦では優勝を逃したにも関わらず、試合終了と同時にスタンドの前に駆け寄って選手たちを何度も指さし、賞賛の拍手を促した。サポーターを大切にする一面もあり、2005-06シーズンの優勝メダルは受け取ってすぐにサポーター席に投げ込んでいる。モウリーニョとしばしば舌戦を繰り広げてきたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は「彼がイングランドを去ったのは、イングランドサッカー界にとって大きな損失だ。彼を超えるチェルシーの監督は現れないだろう」と語った。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード