52件中 31 - 40件表示
  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たジョン・テリージョン・テリー

    リーガ開幕前のスーペルコパ・デ・エスパーニャでレアル・マドリード相手にファーストレグは2-2と引き分けるも、セカンドレグで3-2と勝利を収め、2戦合計でスーペルコパ・デ・エスパーニャを獲得。8月26日のUEFAスーパーカップもFCポルトを2-0で破って獲得。また、12月に日本で行われたFIFAクラブワールドカップ2011では、ダビド・ビジャが脛骨骨折の重傷を負うも優勝を果たした。しかし、4月18日のチャンピオンズリーグのチェルシーとの第1戦(アウェーで0-1で敗れた)の3日後に行われたリーガのクラシコで、就任後初めてレアル・マドリードに敗れ、翌週24日のチェルシーとの第2戦ではブスケッツのゴール後相手の主将・ジョン・テリーを退場に追い込みイニエスタが逆転弾を決めたものの追加点を奪えず、逆に前半終了間際にマスチェラーノがフランク・ランパードに自陣でボールを失う致命的なミスを犯し、テリーの退場後に右サイドバックに入ったラミレスにループシュートを決められ僅か1分でリードを吐いてしまう。後半ファブレガスがディディエ・ドログバに倒されPKを獲得。キッカーは3年連続バロンドーラーながらも当時チェルシー戦7戦連続ノーゴールのメッシ。連覇へリードする為には絶対に決めなければならないPKをポストに当ててしまい痛恨の失敗。そのツケが試合終了間際にカウンター対策で残っていたフェルナンド・トーレスに決められる等10人のチェルシーを攻略出来なかった形で回り2-2で引き分け、2年前のインテルに続きカンプ・ノウで連覇を逃し、2季前にも引いた相手に敗れる羽目になった。結局4月の死の3連戦に一切勝てなかった事で2大タイトル(リーガとチャンピオンズリーグ)を失った。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョ

    ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョゼ・モウリーニョ監督が復帰した2013-14シーズンは、ジョン・テリーやガリー・ケーヒルの後塵を拝することが多くスタメン出場が減少した。ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • リアム・ミラー

    リアム・ミラーから見たジョン・テリージョン・テリー

    昇格に成功した2007-08シーズンでも引き続き主力としてプレーする中、2007年9月22日のミドルズブラとのティーズ・ウィア・ダービー (en) で89分に20ヤードの距離からプレミアリーグでの初得点を挙げる等、好調を見せていたが、12月8日のチェルシーFC戦 (0-2) でジョン・テリーへファールをすると、それに対して文句と膝を軽く蹴ってきたクラウディオ・ピサーロの顔を叩いたことでキャリア2度目となる退場となった。2008年2月29日、練習に度々遅刻していたことでキーン監督の怒りを買ったことで放出リストに名前を書き込まれると、元サンダーランドのダニー・ディキオ (en) 、カール・ロビンソン (en) 、アンディ・ウェルシュ (en) と繋がりがあるトロントFCへの移行が噂された。リアム・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・クリステンセン

    アンドレアス・クリステンセンから見たジョン・テリージョン・テリー

    彼自身には出場の機会が無かったものの、チェルシーはトッテナム・ホットスパーFCを2-0で破り、フットボールリーグカップを制した。監督のジョゼ・モウリーニョは最終戦のMoMは誰かと問われた時に「シュルースベリー相手によくやったアンドレアス・クリステンセンだね。ジョン・テリー(実際のMoM)より素晴らしかったよ、何故なら我々はチームだからね。私は彼らを誇りに思うよ。」と述べた。アンドレアス・クリステンセン フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見たジョン・テリージョン・テリー

    ジョン・テリー(チェルシー、1998年-2017年)※フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

    アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタから見たジョン・テリージョン・テリー

    2004年にチェルシーに移籍したがプレミアリーグの就労条件をクリアできず、一度もプレーすることなくオランダのPSVにレンタル移籍した。PSVでは守備の要だけでなく、攻撃の基点ともなりうる存在でチームの中心となり、リーグ3連覇とチャンピオンズリーグ上位進出に貢献している。2007年に就労ビザが発行され、晴れてチェルシーに復帰した。ただし、チェルシー加入後はジョン・テリー、リカルド・カルヴァーリョに次ぐ3番手であり出場機会が減少。加入2年目には本人も移籍願望を口に出したため、冬の移籍が決定的かと思われたが、カルバーリョの長期離脱によりレギュラーを確保。残留し、シーズン終盤までスタメンとしてプレーした。しかし、2009-10シーズンはカルヴァーリョが復帰したため、再び控えに回った。アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ランパード

    フランク・ランパードから見たジョン・テリージョン・テリー

    モウリーニョ監督の「国内選手にクラブを引っ張ってほしい」との方針から、チェルシーでは副キャプテンを務める。2006-07シーズンは故障がちなジョン・テリーに代わって、多くの試合でキャプテンマークを巻いた。フランク・ランパード フレッシュアイペディアより)

  • ソル・キャンベル

    ソル・キャンベルから見たジョン・テリージョン・テリー

    W杯ドイツ大会ではジョン・テリー、リオ・ファーディナンドの控えに甘んじ、出場機会はスウェーデン戦での交代出場による1試合のみにとどまった。ソル・キャンベル フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ブリッジ

    ウェイン・ブリッジから見たジョン・テリージョン・テリー

    2010年、当時の恋人が、代表主将のジョン・テリーと浮気していたことが発覚。両者は家族ぐるみで親しかった間柄でもあり大きなスキャンダルとして英国内で大騒ぎになり、これによりテリーは代表主将の座を剥奪された。ブリッジもテリーと顔を合わせたくないとしてイングランド代表を辞退した。その後も招集がないことから事実上この時点で代表からは引退している。ウェイン・ブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たジョン・テリージョン・テリー

    テレビゲームが好きで、PS2ゲームのプロエボリューションサッカー(ウイニングイレブン)が得意。チェルシー時代にジョン・テリーが催したチーム内の大会で優勝し自前のトロフィーを獲得したという。ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード