52件中 41 - 50件表示
  • ジェイミー・キャラガー

    ジェイミー・キャラガーから見たジョン・テリージョン・テリー

    イングランド代表としては、必ず招集はされるものの、その実力を発揮させる機会が与えられることは少なかった。ドイツW杯では右サイドバックとして4試合に出場したがW杯の後、イングランド代表監督がスティーブ・マクラーレンに替わったことで代表としての出場機会は激減。ジョン・テリーやリオ・ファーディナンドが不調や怪我で出られない時でもスタメンでの出場はままならず、悩んだ末にクラブでのプレーに全力を注ぐべく2007年8月、イングランド代表を引退した。皮肉にもその3ヶ月後、イングランドはテリーとファーディナンドを欠いた状態で、急造ディフェンス陣を突かれクロアチアにホームで惨敗し、EURO2008を予選落ちで終えた。一度は代表を引退したが、ファビオ・カペッロ監督率いる2010年南アフリカW杯においては、カペッロ監督の熱意に絆され、イングランド代表に復帰、メキシコとの親善試合で3年ぶりに代表戦に出場、本大会にも出場した。ジェイミー・キャラガー フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェリペ・スコラーリ

    ルイス・フェリペ・スコラーリから見たジョン・テリージョン・テリー

    一方で、チェルシーの監督時代には欠点も露呈した。初期には戦術面である程度の評価・実績は得たものの、起用法をめぐってディディエ・ドログバとの折り合いを悪くしたり、練習メニューが甘すぎるとして主将のジョン・テリーらから改善を求められる(後にテリーは自ら練習を仕切らざるを得なくなった)などトラブルが頻発。それに合わせるように成績も足踏みが続くようになり、シーズン途中で解雇されることになった。タレント集団の長期的マネジメント能力・人心掌握力に問題を残したといえる。ルイス・フェリペ・スコラーリ フレッシュアイペディアより)

  • リオ・ファーディナンド

    リオ・ファーディナンドから見たジョン・テリージョン・テリー

    2010年2月に代表主将であるジョン・テリーの不祥事(不倫疑惑)が発覚したため、テリーに代わって副将から主将に昇格。同年5月には2010 FIFAワールドカップイングランド代表に選出され主将に任命されたものの、大会直前の6月4日の練習で左膝の靭帯を損傷し離脱した。リオ・ファーディナンド フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ラニエリ

    クラウディオ・ラニエリから見たジョン・テリージョン・テリー

    アトレティコ・マドリードの監督を経て、2000年にイングランドの名門チェルシーFCの監督に就任。ナポリ監督時代の教え子ゾラを中軸に据えつつ、フランク・ランパードやウィリアム・ギャラスを獲得し、未来のキャプテンであるジョン・テリーを抜擢する一方で、ベテランのデニス・ワイズを放出するなどチームの改革に成功した。2003年夏にロマン・アブラモヴィッチが新オーナーになると、1億5,000万ユーロを投じる空前の大型補強が行われる。期待が高まる中で迎えた2003-04シーズンは、無敗で優勝したアーセナルに次ぐ国内リーグ2位、UEFAチャンピオンズリーグではアーセナルを破ってのベスト4と一定の結果を出したが、求められていたタイトル獲得はならず。ラニエリはシーズン終了と同時に解任され、ジョゼ・モウリーニョがその後釜に座ることになった。クラウディオ・ラニエリ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年

    1980年から見たジョン・テリージョン・テリー

    12月7日 - ジョン・テリー、サッカー選手1980年 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・クラーク=ソルター

    ジェイク・クラーク=ソルターから見たジョン・テリージョン・テリー

    2016年3月、ストーク・シティFC戦で初のベンチ入り。翌月のアストン・ヴィラFC戦で途中出場しトップチームデビュー。試合後、キャプテンのジョン・テリーからプレー振りを賞賛された。ジェイク・クラーク=ソルター フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たジョン・テリージョン・テリー

    チェルシーFCをヤクザに見立てたシリーズ。アブラモビッチオーナーは「大親分」、監督は「親分」、キャプテンのテリーは「若頭」と呼ばれ、選手(子分)たちは全員、ユニフォームの上から腹巻きをしていた。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • ガリー・ネヴィル

    ガリー・ネヴィルから見たジョン・テリージョン・テリー

    その後はケガが続きクラブでもレギュラーを失うが、2009年5月24日に2010年W杯欧州予選のメンバーに選ばれ代表復帰を果たした。85キャップ目を記録した2007年のスペイン戦以来の代表復帰となったが、試合に出場することはなかった。この代表復帰についてイングランド代表元キャプテンのジョン・テリーは「彼の貪欲さを見ることができて素晴らしい気分だ。彼は僕を含めたチームのみんなにとって、素晴らしいお手本なんだ。彼は偉大な選手であり、チームに必要な存在だよ。メンバーから外れたとしても、懸命にプレーして良い動きを見せられれば、復帰できるということをネヴィルは証明してくれたね」と34歳のネヴィルが代表選手として国際舞台に復帰することを喜んだ。ガリー・ネヴィル フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイングランド代表

    サッカーイングランド代表から見たジョン・テリージョン・テリー

    2001年には代表史上初めて外国人監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンを招聘した。ベッカム、オーウェンのほかフランク・ランパード、スティーブン・ジェラード、ジョン・テリー、ウェイン・ルーニーら才能ある名選手を擁し、たびたび優勝候補に挙げられながらも、国際大会では最高でベスト8止まりという状況が続いた。サッカーイングランド代表 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たジョン・テリージョン・テリー

    2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも8得点を挙げて得点王を受賞。マンチェスター・ユナイテッドの9シーズンぶり3回目のチャンピオンズリーグ優勝の立役者となった。2008年5月21日に行われた決勝戦では、チェルシーから先制ゴールを奪うも、チェルシーもフランク・ランパードが同点ゴールを決めて反撃。延長戦でも決着がつかずPK戦となり、ロナウドは3人目のキッカーを務めるもペトル・チェフにコースを読み切られて失敗。しかし、チェルシーも5人目のキッカーのジョン・テリーが雨でぬかるんだピッチに足を滑らせて痛恨のミスキックで失敗し、その後エトヴィン・ファン・デル・サールがニコラ・アネルカのキックをセーブし、マンチェスター・ユナイテッドの勝利が決定した。その瞬間、ロナウドはピッチに倒れこんで号泣し、ガリー・ネヴィル、ライアン・ギグス、ファーガソン監督らに助け起こされてようやく味方の歓喜の輪に加わった。これらの活躍により、この年のバロンドールとFIFA最優秀選手賞をダブル受賞。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード