1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たPlayStation 2

    プレイステーション2でしばしば遊ぶという。その熱中ぶりはチームメイトを家に招き、自身がイメージキャラクターにもなった、コナミのウイニングイレブンのパーティーを開くほど(しかもトロフィーまで作っている)。因みにこのパーティではチームメイトだったグレン・ジョンソンとジョー・コールがそれぞれ優勝した。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たノッティンガム・フォレストFC

    少年時代からチェルシーFCのアカデミー(下部組織)に所属した。トップチームに昇格したての頃は同じポジションにマルセル・デサイーやフランク・ルブーフがいたため出場機会はほとんどなかったが、ノッティンガム・フォレストFCへのレンタル移籍を経て2000-01シーズン、当時の監督だったクラウディオ・ラニエリに重用され出場機会が増加。2003-04シーズンには衰えが隠せなくなったマルセル・デサイーに代わりディフェンスラインを統率した。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たサッカーセルビア・モンテネグロ代表

    代表初出場は、2003年6月のセルビア・モンテネグロとの親善試合。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たUEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグ決勝は、両チーム譲らずPK戦に突入した。マンチェスター・ユナイテッドで三番目のキッカーを務めたクリスティアーノ・ロナウドのキックをペトル・チェフが止め、決めれば優勝という状況で5番目のキッカーであったテリーに順番が回ってくる。しかし降りしきる雨によってぬかるんだピッチに足をとられたテリーは、ボールをポストに当ててしまい失敗。その後チェルシーで7番目のキッカーを務めたニコラ・アネルカのキックをエトヴィン・ファン・デル・サールが止め、結局マンチェスター・ユナイテッドに敗れた。テリーは涙を流し悲嘆にくれ、その後チームのホームページ内で謝罪をした。しかし「彼が居なければ我々は決勝に勝ち進むことは出来なかっただろう」とランパードが語るように擁護の声も多かった。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たペナルティーキック

    2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグ決勝は、両チーム譲らずPK戦に突入した。マンチェスター・ユナイテッドで三番目のキッカーを務めたクリスティアーノ・ロナウドのキックをペトル・チェフが止め、決めれば優勝という状況で5番目のキッカーであったテリーに順番が回ってくる。しかし降りしきる雨によってぬかるんだピッチに足をとられたテリーは、ボールをポストに当ててしまい失敗。その後チェルシーで7番目のキッカーを務めたニコラ・アネルカのキックをエトヴィン・ファン・デル・サールが止め、結局マンチェスター・ユナイテッドに敗れた。テリーは涙を流し悲嘆にくれ、その後チームのホームページ内で謝罪をした。しかし「彼が居なければ我々は決勝に勝ち進むことは出来なかっただろう」とランパードが語るように擁護の声も多かった。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12

    2011-12シーズンのチャンピオンズリーグでは、準決勝でのバルセロナ戦で退場処分を受け、ファイナル出場はならなかったものの、チームは因縁のPK戦でバイエルン・ミュンヘンに勝利し、ついに悲願のチャンピオンズリーグ制覇を果たした。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たサロックFC

    実兄(ポール・テリー)もプロサッカー選手。2011-12シーズンはカンファレンス・サウスのサロックFCでプレーしている。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たカンファレンス・サウス

    実兄(ポール・テリー)もプロサッカー選手。2011-12シーズンはカンファレンス・サウスのサロックFCでプレーしている。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「ジョン・テリー」のニューストピックワード