前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
899件中 1 - 10件表示
  • オノ・ヨーコ

    オノ・ヨーコから見たジョン・レノンジョン・レノン

    オノ・ヨーコ(Yoko Ono, 本名:ヨーコ・オノ・レノン、Yoko Ono Lennon, 日本名:小野 洋子、1933年2月18日 - )は日本生まれのアメリカの芸術家、音楽家。ビートルズのジョン・レノンと結婚、レノンとの数々の共作でも知られている。オノ・ヨーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ハリスン

    ジョージ・ハリスンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    その後、1950年代の中頃に、ポール・マッカートニーと出会う。ポールの紹介で、ジョン・レノンらのバンド「クオリーメン」(ビートルズの前身)に参加。バンド加入のきっかけとなったのは、空のバス2階を使って行われた即席オーディションにおいて、当時高等テクニックを要したビル・ジャスティスの"Raunchy"」というギターインストゥルメンタルを完璧に弾いたことが、ジョンに認められたからと言われている(彼の家をバンドに貸したからという説もある)。ジョージ・ハリスン フレッシュアイペディアより)

  • HAPPY BIRTHDAY,JOHN

    HAPPY BIRTHDAY,JOHNから見たジョン・レノンジョン・レノン

    『HAPPY BIRTHDAY,JOHN』(ハッピー バースデイ,ジョン)はジョン・レノンのトリビュート・アルバム。2005年9月30日発売。発売元は東芝EMI。HAPPY BIRTHDAY,JOHN フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ニューマーク

    アンディ・ニューマークから見たジョン・レノンジョン・レノン

    その後は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのツアー中に知り合ったロン・ウッドのソロアルバムの制作に携わり、以降はイギリスとアメリカを往復しながら、ジョン・レノン、ローラ・ニーロ、デヴィッド・ボウイ、ジョージ・ハリスン、リッキー・リー・ジョーンズ、ロキシー・ミュージック、ジェームス・テイラーなど英米を代表するアーティストのレコーディングやツアーに参加し、一流スタジオミュージシャンとしての地位を確立した。また、前述のロン・ウッドのアルバムでベーシストを努めたウィリー・ウィークスとは抜群の名コンビぶりを発揮し、70年代を代表するリズムセクションとしてニール・ラーセンの「ジャングル・フィーバー」をはじめ、コンビで起用されている。アンディ・ニューマーク フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ビートルズ・アンソロジー1

    ザ・ビートルズ・アンソロジー1から見たジョン・レノンジョン・レノン

    アルバムの目玉として、ジョン・レノンが生前録音した「フリー・アズ・ア・バード」のテープを基にして25年ぶりのビートルズの新曲として収録された。ザ・ビートルズ・アンソロジー1 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・マッカートニー

    ポール・マッカートニーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1960年代、ザ・ビートルズのメンバーとして、ジョン・レノンとともに数多くの楽曲を作詞・作曲した(レノン=マッカートニーを参照)。同バンド解散後は、ソロ歌手およびウイングス(ポール・マッカートニー&ウイングス)などのメンバーとして活躍。2012年現在、現役である。ポール・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • サンキュー・ガール

    サンキュー・ガールから見たジョン・レノンジョン・レノン

    元の曲名は"Thank You, Little Girl"であった。ジョン・レノンとポール・マッカートニーは数多くの女性ファンに捧げる曲としてこの曲を書いた。マッカートニーは「僕らは"Thank You Girl"っていう題の曲を書けば僕らにファンレターをくれる女の子たちに本当のありがとうを届けられると分かっていたんだ。だから僕らの多くの曲はファンに直接届いた。」と述べていた。サンキュー・ガール フレッシュアイペディアより)

  • ピッギーズ

    ピッギーズから見たジョン・レノンジョン・レノン

    内容は人間を豚に見立てて人間社会を皮肉るという、皮肉屋ジョージの面目躍如といった曲である。詞の一部("What they need's a damn good whacking")は母親に書いてもらったもの。また後半部分の「着飾った豚どもが自分たちのベーコンを喰っている」という歌詞はジョン・レノンのアイディアだといわれている。ピッギーズ フレッシュアイペディアより)

  • リッケンバッカー・325

    リッケンバッカー・325から見たジョン・レノンジョン・レノン

    リッケンバッカー・325はアメリカのリッケンバッカー社のエレクトリックギターの300シリーズの一機種名を指す。325というモデル名は「ショートスケールのセミホロー(セミアコ)構造のボディーを持ち、3個のピックアップとビブラートユニットを有する」ということを意味する。ビートルズのジョン・レノンが使用した事で有名なモデルである。リッケンバッカー・325 フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ (アルバム)

    リンゴ (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    ビートルズ解散後としては初めて、元メンバー4人全員が参加したアルバム(ただし、4人全員が共演した楽曲はない)であり、当時大きな話題となった。ジョージ・ハリスンは楽曲提供の他、4曲でギターも担当。ジョン・レノン作の「アイム・ザ・グレーテスト」ではリンゴ、ジョン、ジョージの3人が共演。同曲は、ジョン自身によるリハーサル・テイクも存在し、『ジョン・レノン・アンソロジー』に収録されている。ポール・マッカートニーは「シックス・オクロック」を提供した他、「ユア・シックスティーン」にも参加。ビートルズと親交の深かったクラウス・フォアマンやビリー・プレストンも参加している。リンゴ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
899件中 1 - 10件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード