前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1073件中 1 - 10件表示
  • Gens Mondo

    Gens Mondoから見たジョン・レノンジョン・レノン

    2012年12月8日、ジョン・レノンの命日、東京・武道館で開催された「ジョン・レノン・スーパーライブ」のステージでのオノ・ヨーコの「DREAM POWER、夢を持とう!」の言葉に、「ジョン・レノンの思いを後世に継承するミッションを感じ、対立や争いの無い世界の為に音楽で世界を変えて行く」決意をしたと語る。そして、国境やジャンルを超えた「世界音楽」を旗印とするフランス語で世界(Monde)の音楽(Musique)を目指す意味の「MONDE MUSIQUE(モンド・ミュージック)合同会社」が設立された。ジョン・レノンへの思いと、自身の25年の様々な思いを込めた曲作りと、「レモンド」のデビューアルバムのレコーディングが始まった。テーマ曲『風のワルツ』のイメージ映像は、東京・井の頭公園とバレエ・スタジオで撮影され、2013年2月グラミー賞公式イベントに出品された。Gens Mondo フレッシュアイペディアより)

  • オノ・ヨーコ

    オノ・ヨーコから見たジョン・レノンジョン・レノン

    オノ・ヨーコ(Yoko Ono, 本名:ヨーコ・オノ・レノン、Yoko Ono Lennon, 日本名:小野 洋子、1933年2月18日 - )は日本・東京出身のアメリカで活動する前衛芸術家、音楽家、平和運動活動家、ウーマン・リブ/フェミニズム運動家。ビートルズのメンバーであり夫であるジョン・レノンと共に平和活動を行ったことや音楽面でも創作活動を行い共作を行ったことが知られている。ジョンの暗殺後も自らの音楽作品を発表し続けている。また著名な前衛芸術家の1人として、多くの前衛作品やパフォーマンスを世に送り出した。息子にミュージシャンのショーン・レノンがいる。オノ・ヨーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ハリスン

    ジョージ・ハリスンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1950年代の中頃にポール・マッカートニーに出会う。ポールに紹介されジョン・レノンらのバンド「クオリーメン」(ビートルズの前身)に加入。バンドに加入できたのは、空のバス2階を使って行われた即席オーディションにおいて、当時高等テクニックを要したビル・ジャスティスの"Raunchy"というギターインストゥルメンタルを完璧に弾いたことが、ジョンに認められたからと言われている。しかし、「いつもギターに触っていたい」という情熱を満たすため、以前から在籍しているバンドも辞めずに活動に勤しんだ。そのため、時には8時間以上、夜通し演奏することもあったが、ジョージには苦にならなかった。ジョージ・ハリスン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ビートルズ・アンソロジー1

    ザ・ビートルズ・アンソロジー1から見たジョン・レノンジョン・レノン

    アルバムの目玉として、ジョン・レノンが生前録音した「フリー・アズ・ア・バード」のテープを基にして、ビートルズの25年ぶりとなる新曲として収録された。ザ・ビートルズ・アンソロジー1 フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス

    リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    演奏時間:(2'00")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンリヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ビートルズ・アンソロジー2

    ザ・ビートルズ・アンソロジー2から見たジョン・レノンジョン・レノン

    ザ・ビートルズ・アンソロジー2(The Beatles' Anthology 2)は、1996年にリリースされたビートルズの2枚組CDアルバム。後にLPレコード3枚組でも発売された。『4人はアイドル』から『マジカル・ミステリー・ツアー』までのセッションで録音された別テイクや未発表曲などが収められている。ジョン・レノン作の「リアル・ラヴ」が他のメンバーによる録音が加えられ、ビートルズの作品として収録された。ザ・ビートルズ・アンソロジー2 フレッシュアイペディアより)

  • ジェニオ (日本の男女デュエット・コーラスグループ)

    ジェニオ (日本の男女デュエット・コーラスグループ)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    2015年3月3日、「定番シリーズ」第3弾、桜の季節向けに、『桜恋詩〜源氏えれじい』をiTunes配信によりジェニオの歌で発表。千年前の古典文学、紫式部作「源氏物語」を題材に、時を経て、和歌や、着物、雅楽など日本文化に触れる作品。「桜の花の下で、日本酒を片手に、源氏物語を読みながら、時の流れを味わってみませんか」と、世界へ日本文化を発信する。歌の中には、源氏物語で光源氏と恋人が読み交わした和歌が散りばめられ、ジョン・レノンが好んだ松尾芭蕉の俳句「さまざまなこと思いだす桜かな」(元禄元年1688年作)で結んでいる。作者モンドは、「丁度ジョンは幼くして母ジュリアと別れたが、光源氏も幼くして母桐壺と別れ、その後母の面影を追うように義母藤壺や女性への恋を重ねていく、そんな洋の東西を問わず母への思いをテーマにしている」とジョンと光源氏を重ね合わせた作品と述べている。ジョンが愛した日本の心と日本文化を表現。日本酒、お茶や着物などの日本企業のプロモーション用としてCMバージョンも制作された。ジェニオ (日本の男女デュエット・コーラスグループ) フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・J・クレイマー

    ビリー・J・クレイマーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ビリー・J・クレイマー(Billy J. Kramer、本名:William Howard Ashton)は、イギリスの歌手。バックバンドのザ・ダコタスと共にブリティッシュ・インヴェイジョン期に活躍し、ザ・ビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーから曲を提供されたことでも話題を呼ぶ。ビリー・J・クレイマー フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ (アルバム)

    リンゴ (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    ビートルズ解散後としては初めて、元メンバー4人全員が参加したアルバム(ただし、4人全員が共演した楽曲はない)であり、当時大きな話題となった。ジョージ・ハリスンは楽曲提供の他、4曲でギターも担当。ジョン・レノン作の「アイム・ザ・グレーテスト」ではリンゴ、ジョン、ジョージの3人が共演。同曲は、ジョン自身によるリハーサル・テイクも存在し、『ジョン・レノン・アンソロジー』に収録されている。ポール・マッカートニーは「シックス・オクロック」を提供した他、「ユア・シックスティーン」にも参加。ビートルズと親交の深かったクラウス・フォアマンやビリー・プレストンも参加している。リンゴ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • タッグ・オブ・ウォー

    タッグ・オブ・ウォーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ビートルズの殆どの作品を手がけたジョージ・マーティンをプロデューサーに迎えて制作されたアルバム。マッカートニーは1980年からレコーディングにとりかかったものの、元パートナーのジョン・レノンが射殺された事件のショックから一時期音楽活動を停止したため、アルバムの制作期間は長期に渡った。マーティンの進言により、この作品のセッションのレコーディングにはフィル・コリンズ、スティーヴ・ガッドやスタンリー・クラークをはじめとする豪華な演奏者が多数起用されている。ウイングスはその時すでに事実上解散していたが、正式に解散を表明したわけではなかったため、彼らが新たにグループにメンバーとして加入するのではないかとする憶測も飛び交った。また、マッカートニーのアイドル的存在だったカール・パーキンスや、スティーヴィー・ワンダーなどとのデュエット曲も収録されている。ワンダーとのデュエット「エボニー・アンド・アイボリー」は先行シングルとして発売され各国で大ヒットし、同様にこのアルバムもアメリカやイギリスをはじめとする世界数カ国のチャートで首位を獲得した。これまではあえて避け続けていたビートルズ風のサウンド作りに回帰したことにより、このアルバムは評論家からも内容を高く評価され、1983年度のグラミー賞ではアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされている。タッグ・オブ・ウォー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1073件中 1 - 10件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード