1073件中 91 - 100件表示
  • ノルウェーの森

    ノルウェーの森から見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ラバー・ソウル』のA面2曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では83位にランクされている。ノルウェーの森 フレッシュアイペディアより)

  • リッケンバッカー

    リッケンバッカーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1960年代は、ビートルズのジョン・レノンがモデル325(6弦、12弦)を、ジョージ・ハリスンがモデル360/12(12弦ギター)モデル425(6弦ギター)、ポール・マッカートニーがモデル4001S(4弦ベース・ギター)などを使用した影響で、ギブソンやフェンダーなどの大手メーカーを凌ぐ人気を誇った。リッケンバッカー フレッシュアイペディアより)

  • スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)

    スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    「スタンド・バイ・ミー」(Stand by Me)は、1961年11月にアメリカで発表された、ベン・E・キングのシングルレコード。ジョン・レノンなど多くのミュージシャンにカバーされている。スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲) フレッシュアイペディアより)

  • Christmas Day 〜Deluxe edition〜

    Christmas Day 〜Deluxe edition〜から見たジョン・レノンジョン・レノン

    初のメドレーソング。オリジナル楽曲である「Christmas Day」に、U2、ジョン・レノン、クリスマス讃美歌、クリスマス祝歌、シューベルトの古典からニューミュージックまでの楽曲をカバーしている。Christmas Day 〜Deluxe edition〜 フレッシュアイペディアより)

  • ピース (お笑いコンビ)

    ピース (お笑いコンビ)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    『爆笑レッドカーペット』では、ジョン・レノンの名曲「イマジン」をバックに、ジョン・レノンに扮した又吉が「想像してごらん」と呟き、スパルタ教師に扮した綾部も「想像してごら〜ん」と繰り返し、又吉が「味噌がなく、具がなく、味がない味噌汁を」、「辛くなく、茶色くもない白いカレーを」、「ババの無いババ抜きを」、「カブトムシのないaikoのベストアルバムを」などと呟き、綾部が「お湯です」、「シチューです」、「すぐに終わるぞ〜 ひとつも面白くねえぞ!バカヤロー!」、「絶対に入っててほしいぞ〜 名曲だぞ!バカヤロー!」などと突っ込む。最後に「争いのない、平和な世界を」とまともに呟いて終わる。又、このネタでレッドカーペット賞を受賞した。ピース (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • TAKURO

    TAKUROから見たジョン・レノンジョン・レノン

    中学時代、サッカー部でバックスとして活躍していたが、ジョン・レノンに多大な影響を受け、ビートルズ特集の組まれたラジオ番組を聴くため、自主退部した。TAKURO フレッシュアイペディアより)

  • オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

    オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダから見たジョン・レノンジョン・レノン

    歌詞は「市場に勤めるデズモンド・ジョーンズと、バンドで歌手をしているモリーが恋をして結婚する物語」を歌ったものである。ただし4番の歌詞は「デズモンドとモリーが逆になり、モリーが子供たちと一緒に市場で働き、デズモンドが化粧をしてバンドで歌う」というものになっている。これは収録の際ポールが間違って逆に歌ってしまい、録り直そうとしたところジョン・レノンが「この方が面白い」と発言してそのままにしたと言われている。デスモンドは、レゲエのデスモンド・デッカーから名前を取っている。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の音楽

    1980年の音楽から見たジョン・レノンジョン・レノン

    12月8日(現地時間) - 元ビートルズのメンバー、ジョン・レノンが・ニューヨークの自宅(ダコタ・ハウス)前でファンに射殺された。1980年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • イマジン (アルバム)

    イマジン (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    『イマジン』(Imagine)は、1971年発表のジョン・レノンのアルバム。全英・全米、日本オリコン総合チャートともに1位を記録したレノンにとって最大のヒット作である。イマジン (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ルーフトップ・コンサート

    ルーフトップ・コンサートから見たジョン・レノンジョン・レノン

    午後のビジネス街で突如始まった演奏は、あちこちに反響して騒音になり、しばらくすると警察官もやってくるような事態になったが、警官たちはすぐにはやめさせようとせず、静観してロード・マネージャーのマル・エヴァンスとやり取りを行っていた。その後、警察官が演奏を制止するため、屋上に昇ってきたので、マルはジョージ・ハリスンとジョン・レノンのギターアンプの電源を咄嗟に切るが、ギターが鳴らなくなった事に困ったジョージは接続を確かめ、電源を入れ直してしまう。そしてマルも仕方なくジョンのアンプの電源を入れる。この事は『アンソロジー3』Disc 2収録の「ゲット・バック」の演奏や『レット・イット・ビー』でも確認でき、一時的にポール・マッカートニーのベースとリンゴ・スターのドラム音のみの時間がある。ルーフトップ・コンサート フレッシュアイペディアより)

1073件中 91 - 100件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード