899件中 11 - 20件表示
  • タッグ・オブ・ウォー

    タッグ・オブ・ウォーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ビートルズの殆どの作品を手がけたジョージ・マーティンをプロデューサーに迎えて制作されたアルバム。マッカートニーは1980年からレコーディングにとりかかったものの、元パートナーのジョン・レノンが射殺された事件のショックから一時期音楽活動を停止したため、アルバムの制作期間は長期に渡った。マーティンの進言により、この作品のセッションのレコーディングにはフィル・コリンズ、スティーヴ・ガッドやスタンリー・クラークをはじめとする豪華な演奏者が多数起用されている。ウイングスはその時すでに事実上解散していたが、正式に解散を表明したわけではなかったため、彼らが新たにグループにメンバーとして加入するのではないかとする憶測も飛び交った。また、マッカートニーのアイドル的存在だったカール・パーキンスや、スティーヴィー・ワンダーなどとのデュエット曲も収録されている。ワンダーとのデュエット「エボニー・アンド・アイボリー」は先行シングルとして発売され各国で大ヒットし、同様にこのアルバムもアメリカやイギリスをはじめとする世界数カ国のチャートで首位を獲得した。これまではあえて避け続けていたビートルズ風のサウンド作りに回帰したことにより、このアルバムは評論家からも内容を高く評価され、1983年度のグラミー賞ではアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされている。タッグ・オブ・ウォー フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス

    リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    演奏時間:(2'00")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンリヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス フレッシュアイペディアより)

  • オール・マイ・ラヴィング

    オール・マイ・ラヴィングから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ポールの初期代表作のひとつで、現在でもライヴで演奏されるアップ・テンポな曲。ジョン・レノンをして「ポールは完璧な作曲の能力がある」と言わしめたほど完成された曲である。ジョン・レノンはリッケンバッカー・325を使用し3連符を刻んでいる(オルタネイトピッキング)。ポールは、ヘフナー・500-1を使い、ランニング・ベースをしている。ビートルズはもともとこの曲をカントリー&ウエスタンと位置づけておりジョージ・ハリスンはグレッチ・カントリー・ジェントルマンを使っている。オール・マイ・ラヴィング フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たジョン・レノンジョン・レノン

    1988年、泉谷しげるのアルバム「吠えるバラッド」にスライドギター奏者として参加した際に使用。The Beatlesのジョン・レノンとポール・マッカートニーより。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • オフコース

    オフコースから見たジョン・レノンジョン・レノン

    12月8日、清水の友人、リッキー&リボルバーの誘いで急遽、渋谷エッグマンで行われたジョン・レノン追悼コンサートに飛び入り出演。「Long Tall Sally」など3曲を演奏。オフコース フレッシュアイペディアより)

  • エルトン・ジョン

    エルトン・ジョンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1970年、プロデューサーにガス・ダッジョン、アレンジャーにポール・バックマスターを迎えて制作したセカンド・アルバム『僕の歌は君の歌(エルトン・ジョン)』がリリースされた。全米では、アルバムに先がけて発売されたシングル「僕の歌は君の歌」のトップ10ヒットにならう形で売り上げを伸ばした。ジョン・レノンをはじめとする数多くのミュージシャンが絶賛したこの曲は、彼の初期の活動における代表曲として広く知られるスタンダード・ナンバーである。エルトン・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ボウイ

    デヴィッド・ボウイから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1975年、カルロス・アロマーを盟友に迎え、『ヤング・アメリカンズ』を発表する。全米1位を獲得したジョン・レノンとの共作シングル「フェイム」を含むこのアルバムは、フィリー・ソウルからさらに一歩踏み込み「白人はいかに黒人音楽のソウルフルさに近づけるか」というコンセプトで作られた。このアルバムの直後、初の主演映画『地球に落ちてきた男』の撮影が始まっている。デヴィッド・ボウイ フレッシュアイペディアより)

  • リアム・ギャラガー

    リアム・ギャラガーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ローティーンの頃にギターを始めてから作曲をするなど音楽に入り浸っていたノエルとは違い、リアムは18歳頃まではほとんど音楽に関心がなかったが、ストーン・ローゼズのライブを見たことで音楽に目覚める。初期のオアシスにはストーン・ローゼズからの影響が色濃い楽曲が存在し、大口を叩くところや悠々と闊歩するステージでの歩き方(『The Masterplan』のPVは、オアシスのメンバーが登場するアニメとなっているが、リアムの歩き方がそっくりに再現されている。)などはイアン・ブラウンのそれと似ており、よく比較される。音楽に開眼した後はザ・キンクスやザ・ジャム、T・レックス、そしてビートルズなどを熱心に聴くようになり、最も影響を受けているであろうジョン・レノンを知る。その後、学校の友人であったギグジーことポール・マッギーガンからの誘いを受けボーカリストとして、バンド"ザ・レイン"に加入する。このザ・レインがノエルの加入によりオアシスとなる。リアム・ギャラガー フレッシュアイペディアより)

  • クリスマス・タイム

    クリスマス・タイムから見たジョン・レノンジョン・レノン

    クリスマス・タイム(原題:Christmas Time (Is Here Again))とは、ビートルズの楽曲。ファンクラブ限定のクリスマスプレゼントとして、1967年録音されたクリスマスソング。レノン/マッカートニー/ハリソン/スターキー名義。各楽器は、ポールがピアノ、ジョンがティンパニ、ジョージがギター、リンゴがドラムス。クリスマス・タイム フレッシュアイペディアより)

  • シーズ・リーヴィング・ホーム

    シーズ・リーヴィング・ホームから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1967年に発表されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されたオーケストラを迎えたクラシカルな楽曲である。主にポール・マッカートニーがメロディを書き、ジョン・レノンがコーラスなどを手伝ったとされる。この曲のタイトルおよび歌詞は、ポールが家出した少女について書かれた『デイリー・ミラー』の記事から取ったが、実際に少女が家出したのは歌詞に出てくる「水曜日の朝5時」ではなく、両親が不在だった午後である。シーズ・リーヴィング・ホーム フレッシュアイペディアより)

899件中 11 - 20件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード