1073件中 11 - 20件表示
  • HAPPY BIRTHDAY,JOHN

    HAPPY BIRTHDAY,JOHNから見たジョン・レノンジョン・レノン

    『HAPPY BIRTHDAY,JOHN』(ハッピー バースデイ,ジョン)はジョン・レノンのトリビュート・アルバム。2005年9月30日発売。発売元は東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック・EMI Records Japan)。HAPPY BIRTHDAY,JOHN フレッシュアイペディアより)

  • フェイム (曲)

    フェイム (曲)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    「フェイム」(Fame)は、イギリスのロック・ミュージシャン、デヴィッド・ボウイが1975年に発表した楽曲。ボウイ、カルロス・アロマー、ジョン・レノンの共作による曲で、スタジオ・アルバム『ヤング・アメリカンズ』(1975年)の収録曲としてリリースされた後シングルカットされた。また、1990年には本作のリミックス・ヴァージョンを収録したシングル「フェイム90」もリリースされた。フェイム (曲) フレッシュアイペディアより)

  • アビイ・ロード

    アビイ・ロードから見たジョン・レノンジョン・レノン

    事実上頓挫した「ゲット・バック・セッション」の後にビートルズ解散が危惧される状況のなか制作されたアルバム。録音は1969年2月22日の「アイ・ウォント・ユー」に始まり断続的に続けられた。7月1日に正式にアルバム制作が開始され、録音は8月25日に完了した。ちなみに本盤の制作を正式に始めた3日後(7月4日)にジョン・レノンはプラスティック・オノ・バンド名義で初のソロ・シングル「平和を我等に」を発売している。こうした状況の中にあったビートルズのアルバムをプロデュースしたジョージ・マーティンは当時の経緯を「『LET IT BE』の悲惨な経験のあと、彼らがまた集結するとは思いもよらなかった。ポールが電話をくれた時はひどく驚いたよ。『もう1枚レコードを作りたいんだ。僕たちをプロデュースしてくれない? 本当の意味でプロデュースしてほしい』と言われて『いいとも、もし本当の意味でプロデュースさせてもらえるならね。また私にあれこれ指図して困らせようというんなら断る』と答えたんだ。結果的にはとてもよかった。もっとも連中は自分のことにかまけがちで、それぞれ違うスタジオにいたりしたから、私はあっちこっち飛びまわらなきゃならなかったがね」と語っている。アビイ・ロード フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・レノン

    ショーン・レノンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ショーン・タロー・オノ・レノン(Sean Taro Ono Lennon, 日本名:小野 太郎、1975年10月9日 - )は、アメリカ生まれのミュージシャン。ジョン・レノンの次男。母は前衛芸術家のオノ・ヨーコ。チボ・マットのサポート・メンバーとして1990年代後半に活動し、2006年までにソロ・アルバムを3枚、ミニ・アルバムを1枚発売している。ショーン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • プレイグラウンド・サイコティクス

    プレイグラウンド・サイコティクスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ディスク1に収録された「ウェル」以降の5曲には、ジョン・レノンとヨーコ・オノがゲスト参加しており、これらの音源は6月6日のフィルモア・イースト公演で録音された。なお、レノンとオノの連名によるアルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』(1972年)にも、当日の音源が別ミックスで収録されており、同アルバムに収録された「ジャムラグ」は、本来はザッパの曲「キング・コング」を元にしているが、クレジット上ではレノン/オノ作と記載され、ザッパにはこの曲の印税は支払われなかった。ザッパ自身は、この件について「あれは明らかにジャム・セッションの曲じゃない。メロディもベース・ラインもある、ちゃんと構築された曲だ。ちょっとがっかりしたね」とコメントしている。プレイグラウンド・サイコティクス フレッシュアイペディアより)

  • ピッギーズ

    ピッギーズから見たジョン・レノンジョン・レノン

    内容は人間を豚に見立てて人間社会を皮肉るという、皮肉屋ジョージの面目躍如といった曲である。詞の一部("What they need's a damn good whacking")は母親に書いてもらったもの。また後半部分の「着飾った豚どもが自分たちのベーコンを喰っている」という歌詞はジョン・レノンのアイディアだといわれている。ピッギーズ フレッシュアイペディアより)

  • オフコース

    オフコースから見たジョン・レノンジョン・レノン

    12月8日、清水の友人、リッキー&リボルバーの誘いで急遽、渋谷エッグマンで行われたジョン・レノン追悼コンサートに飛び入り出演。「Long Tall Sally」など3曲を演奏、4人での最初の演奏。オフコース フレッシュアイペディアより)

  • リッケンバッカー・325

    リッケンバッカー・325から見たジョン・レノンジョン・レノン

    リッケンバッカー・325は、アメリカのリッケンバッカー社のエレクトリックギターの300シリーズの一機種名を指す。325というモデル名は「ショートスケールのセミホロー(セミアコ)構造のボディーを持ち、3個のピックアップとビブラートユニットを有する」ということを意味する。ビートルズのジョン・レノンが使用した事で有名なモデルである。リッケンバッカー・325 フレッシュアイペディアより)

  • サンキュー・ガール

    サンキュー・ガールから見たジョン・レノンジョン・レノン

    元の曲名は"Thank You, Little Girl"であった。ジョン・レノンとポール・マッカートニーは数多くの女性ファンに捧げる曲としてこの曲を書いた。マッカートニーは「僕らは"Thank You Girl"っていう題の曲を書けば僕らにファンレターをくれる女の子たちに本当のありがとうを届けられると分かっていたんだ。だから僕らの多くの曲はファンに直接届いた。」と述べていた。サンキュー・ガール フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ニューマーク

    アンディ・ニューマークから見たジョン・レノンジョン・レノン

    その後は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのツアー中に知り合ったロン・ウッドのソロアルバムの制作に携わり、以降はイギリスとアメリカを往復しながら、ジョン・レノン、ローラ・ニーロ、デヴィッド・ボウイ、ジョージ・ハリスン、リッキー・リー・ジョーンズ、ロキシー・ミュージック、ジェームス・テイラーなど英米を代表するアーティストのレコーディングやツアーに参加し、一流スタジオミュージシャンとしての地位を確立した。また、前述のロン・ウッドのアルバムでベーシストを務めたウィリー・ウィークスとは抜群の名コンビぶりを発揮し、70年代を代表するリズムセクションとしてニール・ラーセンの「ジャングル・フィーバー」をはじめ、コンビで起用されている。アンディ・ニューマーク フレッシュアイペディアより)

1073件中 11 - 20件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード