1073件中 21 - 30件表示
  • オール・マイ・ラヴィング

    オール・マイ・ラヴィングから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ポールの初期代表作のひとつで、現在でもライヴで演奏されるアップ・テンポな曲。ジョン・レノンをして「ポールは完璧な作曲の能力がある」と言わしめたほど完成された曲である。ジョン・レノンはリッケンバッカー・325を使用し3連符を刻んでいる(オルタネイトピッキング)。ポールは、ヘフナー・500-1を使い、ランニング・ベースをしている。ビートルズはもともとこの曲をカントリー&ウエスタンと位置づけておりジョージ・ハリスンはグレッチ・カントリー・ジェントルマンを使い、ソロでダブルストップ奏法を使用している。オール・マイ・ラヴィング フレッシュアイペディアより)

  • パウロ鈴木。

    パウロ鈴木。から見たジョン・レノンジョン・レノン

    2003年、ジョン・レノン・ミュージアムにてジョン・レノン追悼イベント「We Love ジョン・レノン フリーライブ」企画、国内の有名ビートルズ・フォロワーに加えてニューヨークから元アップル・アーティストのデビッド・ピール(David Peel)を招くことを想い立ちスタッフと共に実現した。ライブという音楽形態の自由な楽しみ方を提示した。この時のゲストは、松尾清憲、パール兄弟、廣田龍人であった。パウロ鈴木。 フレッシュアイペディアより)

  • エルトン・ジョン

    エルトン・ジョンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1970年、プロデューサーにガス・ダッジョン、アレンジャーにポール・バックマスターを迎えて制作したセカンド・アルバム『僕の歌は君の歌(エルトン・ジョン)』がリリースされた。全米では、アルバムに先がけて発売されたシングル「僕の歌は君の歌」のトップ10ヒットにならう形で売り上げを伸ばした。ジョン・レノンをはじめとする数多くのミュージシャンが絶賛したこの曲は、彼の初期の活動における代表曲として広く知られるスタンダード・ナンバーである。エルトン・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ (ジョン・レノンの曲)

    ラヴ (ジョン・レノンの曲)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    ラヴ(Love)は、1970年に発表されたジョン・レノンのアルバム『ジョンの魂』に収録された楽曲。及び1982年、1998年に発売されたシングル。ラヴ (ジョン・レノンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ディラン

    ボブ・ディランから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ディランは、よくメッセージソングやプロテストソングの旗手と評される。ジミ・ヘンドリックスはディランに心酔していたし、サム・クックは「風に吹かれて」を聴いて、曲が黒人ではなく白人によって書かれたことが信じられなかったと述懐した。しかしながら、このようなことを本人は迷惑に感じており、同世代については「ほとんど共通するものも無いし、知らない」と述べ、自分の詩が勝手に解釈され、運動の象徴として扱われることに辟易していると明かす。自身の関心事は「平凡な家庭を築く」「自分の子供の少年野球と誕生日パーティー」と述べている。もともとユダヤ人、ユダヤ教徒として出生したが、70年代後半にキリスト教福音派に改宗し、コンサートでは激しいブーイングを浴びた。ジョン・レノンは、ディランのキリスト教をすすめる歌詞に反発し、反対の意味のアンサー・ソングを書いている。ボブ・ディラン フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ボウイ

    デヴィッド・ボウイから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1975年、カルロス・アロマーを盟友に迎え、『ヤング・アメリカンズ』を発表する。全米1位を獲得したジョン・レノンとの共作シングル「フェイム」を含むこのアルバムは、フィリー・ソウルからさらに一歩踏み込み「白人はいかに黒人音楽のソウルフルさに近づけるか」というコンセプトで作られた。このアルバムの直後、初の主演映画『地球に落ちて来た男』がクランクインした。デヴィッド・ボウイ フレッシュアイペディアより)

  • リアム・ギャラガー

    リアム・ギャラガーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ローティーンの頃にギターを始めてから作曲をするなど音楽に入り浸っていたノエルとは違い、リアムは18歳頃まではほとんど音楽に関心がなかったが、ストーン・ローゼズのライブを見たことで音楽に目覚める。初期のオアシスにはストーン・ローゼズからの影響が色濃い楽曲が存在し、大口を叩くところや悠々と闊歩するステージでの歩き方(『The Masterplan』のPVは、オアシスのメンバーが登場するアニメとなっているが、リアムの歩き方がそっくりに再現されている。)などはイアン・ブラウンのそれと似ており、よく比較される。音楽に開眼した後はザ・キンクスやザ・フー、ザ・ジャム、T・レックス、そしてビートルズなどを熱心に聴くようになり、最も影響を受けているであろうジョン・レノンを知る。その後、学校の友人であったギグジーことポール・マッギーガンからの誘いを受けボーカリストとして、バンド"ザ・レイン"に加入する。このザ・レインがノエルの加入によりオアシスとなる。リアム・ギャラガー フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たジョン・レノンジョン・レノン

    1988年、泉谷しげるのアルバム「吠えるバラッド」にスライドギター奏者として参加した際に使用。The Beatlesのジョン・レノンとポール・マッカートニーより。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ

    オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のA面2曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。アメリカでは『ミート・ザ・ビートルズ』で初めて発表した。オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ダーティー・マック

    ザ・ダーティー・マックから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ジョン・レノン(変名:Winston Leg-Thigh) - リード・ボーカル、リズム・ギター (ビートルズ)ザ・ダーティー・マック フレッシュアイペディアより)

1073件中 21 - 30件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード