899件中 21 - 30件表示
  • 決定盤ジョン・レノン〜ワーキング・クラス・ヒーロー

    決定盤ジョン・レノン〜ワーキング・クラス・ヒーローから見たジョン・レノンジョン・レノン

    決定盤ジョン・レノン〜ワーキング・クラス・ヒーロー (WORKING CLASS HERO - THE DEFINITIVE LENNON) とは、ジョン・レノンのベスト・アルバム。決定盤ジョン・レノン〜ワーキング・クラス・ヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • ヘイ・ブルドッグ

    ヘイ・ブルドッグから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作の作詞・作曲クレジットは「レノン-マッカートニー」だが主たるコンポーザーはジョン・レノンである。1969年1月に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『イエロー・サブマリン』(ビートルズが主人公の同名アニメーション映画のサウンドトラックアルバム)に収録され。ヘイ・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

  • トゥ・ビー・コンティニュード

    トゥ・ビー・コンティニュードから見たジョン・レノンジョン・レノン

    上二曲はジョン・レノンとのコラボレーションシングル。トゥ・ビー・コンティニュード フレッシュアイペディアより)

  • グッドナイト・ウィーン

    グッドナイト・ウィーンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    当時「失われた週末 (Lost Weekend)」を過ごしていたジョン・レノンを始め、ハリー・ニルソン、エルトン・ジョン、ジェシ・エド・デイヴィス(彼らはジョンのアルバム『心の壁、愛の橋』にも参加)、ドクター・ジョン(後にリンゴのオールスター・バンドにも参加)等がレコーディングに参加したことで知られている。このアルバムのTVコマーシャルではジョン・レノンがナレーションを担当し、最後にリンゴが「Thank You,John」とお礼を述べている。グッドナイト・ウィーン フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン・ファンタスティック

    キャプテン・ファンタスティックから見たジョン・レノンジョン・レノン

    リマスター盤CD発売の際、ボーナストラックが追加された。前年に発売されたジョン・レノンとレコーディングしたシングル両面と、「フィラデルフィア・フリーダム」である。後者は友人であるテニスプレイヤー、ビリー・ジーン・キングのために製作したものだが、作詞家バーニーはテニスを全く知らず、フィーリングで書いたという。キャプテン・ファンタスティック フレッシュアイペディアより)

  • ラトルズ

    ラトルズから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1975年5月26日の放送にニール・イネス演じるジョン・レノンによく似たシンガーが登場。白いピアノを弾きながらビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」に似た曲を演奏する。この番組のサウンドトラック・アルバム『ラトランド・ウィークエンド・ソングブック』にこの曲が収録された際、この曲はロン・レノンの「ザ・チルドレン・オブ・ロックン・ロール」とクレジットされるが、後にラトルズの「グッド・タイムス・ロール」となる曲である。ラトルズ フレッシュアイペディアより)

  • リンゴズ・ロートグラヴィア

    リンゴズ・ロートグラヴィアから見たジョン・レノンジョン・レノン

    長年、在籍してきたEMIから離れて、レーベル移籍後、最初のアルバムとなった本作では、『リンゴ』(1973年)と同様、元ビートルズのポール・マッカートニー、ジョン・レノン、(1980年に復帰するまで最後のレコーディング活動)ジョージ・ハリスンが楽曲を提供(ジョージは演奏面では不参加)。エリック・クラプトンも「ディス・ビー・コールド・ア・ソング」を提供し、ギターでも参加。当時、人気絶頂だったピーター・フランプトン、さらに、プロデュースには大御所アリフ・マーディンまで起用し、完璧なサポート陣、華々しい宣伝とすべてに準備万端だったにも関わらず、アルバム、シングル共に大ヒットには至らなかった。リンゴズ・ロートグラヴィア フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル

    ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビルから見たジョン・レノンジョン・レノン

    『ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル』 (The Continuing Story of Bungalow Bill) は1968年に発表されたビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ザ・ビートルズ』、通称ホワイト・アルバムに収録されたジョン・レノン作の物語調の曲。ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル フレッシュアイペディアより)

  • ルーフトップ・コンサート

    ルーフトップ・コンサートから見たジョン・レノンジョン・レノン

    午後のビジネス街で突如始まった演奏は、あちこちに反響して騒音になり、しばらくすると警察官もやってくるような事態になったが、警官たちはすぐにはやめさせようとせず、静観してロード・マネージャーのマル・エヴァンスとやり取りを行っていた。その後、警察官が演奏を制止するため、屋上に昇ってきたので、マルはジョージ・ハリスンとジョン・レノンのギターアンプの電源を咄嗟に切るが、ギターが鳴らなくなった事に困ったジョージは接続を確かめ、電源を入れ直してしまう。そしてマルも仕方なくジョンのアンプの電源を入れる。この事は『アンソロジー3』Disc 2収録の「ゲット・バック」の演奏や『レット・イット・ビー』でも確認でき、一時的にポール・マッカートニーのベースとリンゴ・スターのドラム音のみの時間がある。ルーフトップ・コンサート フレッシュアイペディアより)

  • THE HEART

    THE HEARTから見たジョン・レノンジョン・レノン

    THE HEARTのファーストアルバム『CHAPMAN』は、ジョン・レノンを銃殺した犯人、マーク・チャップマンを題材にしたものであるが、井口本人も、当時のバンドのメンバーもジョン・レノンやビートルズには興味はなかったらしい。THE HEART フレッシュアイペディアより)

899件中 21 - 30件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード