899件中 31 - 40件表示
  • ずっと好きだった

    ずっと好きだったから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ジャケット写真やテレビ番組出演などで本曲を弾き語りで歌う際に構えているギターは、ジョン・レノンが愛用していた事でも知られるエピフォン・カジノである。ずっと好きだった フレッシュアイペディアより)

  • フィルモア・イースト

    フィルモア・イーストから見たジョン・レノンジョン・レノン

    フィルモア・イーストのおもな出演者の中には、ジミ・ヘンドリックスもいた。ヘンドリックスのアルバム『Band of Gypsys』は、1970年の元日に、ここでライブ録音された。ジョン・レノンは、フランク・ザッパとそのバンドであるマザーズ・オブ・インベンションとともに、1971年6月6日に出演した。オールマン・ブラザース・バンドは何度もフィルモア・イーストに出演しており、「ビル・グラハムの箱バン (Bill Graham's House Band)」と呼ばれた。1969年9月には、ジェファーソン・エアプレインが6回、タジ・マハールが8回、クロスビー、スティルス、ナッシュ%26ヤングが4回の公演を行なっていた。レッド・ツェッペリンは、アイアン・バタフライの前座として、1969年はじめに4回の公演をしている。1月31日の演奏を素人が撮影した映像が、ネット上のレッド・ツェッペリンのサイトで公開されている。フィルモア・イースト フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ビートルズ1967年〜1970年

    ザ・ビートルズ1967年〜1970年から見たジョン・レノンジョン・レノン

    メンバーの成長と共に音楽性も変化し、ストリングスやブラスバンドを大胆に取り入れるなど、実験的な曲も目立つ。サイケデリック志向の作品も多く、ジョン・レノンの作品は複雑で文学的なものやメッセージ性の強いものが増えている。ポール・マッカートニーも実体験をもとにした歌や作家的な曲作りに磨きがかかっている。また、ジョージ・ハリスンの作品も4曲収録されており、第3のソングライターとしての実力を見せている。コンサート・ツアーを休止してレコーディングに専念して制作しただけあって、初期とは異なる作風・完成度を見せる楽曲が並んでいる。ザ・ビートルズ1967年〜1970年 フレッシュアイペディアより)

  • ダコタ・ハウス

    ダコタ・ハウスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ここに住んでいたジョン・レノン(ビートルズ)が1980年12月8日、暴漢に射殺された場所(建物玄関前)としても知られている。ダコタ・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ

    オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥから見たジョン・レノンジョン・レノン

    レノン=マッカートニーの作品。実質的にはジョン・レノンの作品である。ビートルズが演奏し、2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』の2曲目に収録された。アメリカでは『ミート・ザ・ビートルズ』で初めて発表した。オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン

    アイ・ウォナ・ビー・ユア・マンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ローリング・ストーンズのマネージャーのアンドリュー・オールダムは、もともとビートルズのマネージャーブライアン・エプスタインの下でビートルズの宣伝係をしていた。アマチュア時代のローリング・ストーンズのステージ見ていたビートルズから、彼らをスカウトするように薦められて、オールダムはマネージャー就くことになった。オールダムはローリング・ストーンズの2枚目のシングルをどうするべきか悩んでいる時に、ジョン・レノンとポール・マッカートニーに偶然出くわした。当時、ローリング・ストーンズは自分たちで楽曲を作るということをしておらず、もっぱらお気に入りのブルースの曲などをカヴァーして演奏していた。なんとか売り出し中のローリング・ストーンズにヒット曲(しかもストーンズらしい曲)を持たせたいと考えたオールダムは、ジョンとポールにローリング・ストーンズのために曲を書いてくれと頼んだ。3人はスタジオ51でリハーサルをしているローリング・ストーンズのもとへ行き、ジョンとポールの2人は「君たち向きかもしれない」と言って、まだ完成していないこの曲をざっと弾いて聴かせる(この時左利きのポールは、右利きのビル・ワイマンのベースをそのままひっくり返して弾いてビルは驚いたと証言している)。ローリング・ストーンズのメンバーは「これは俺たちのスタイルだ」と気に入り、ジョンとポールは部屋の隅へ行き曲を完成させた。この様子を見ていたミック・ジャガーとキース・リチャーズは、ビートルズの作曲能力に大変な感銘を受け、後にオリジナル曲を書くきっかけになった。アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン フレッシュアイペディアより)

  • Christmas Day 〜Deluxe edition〜

    Christmas Day 〜Deluxe edition〜から見たジョン・レノンジョン・レノン

    「Sleigh Bells Melody(Christmas Day〜Jingle Bells〜)」は初のメドレーソング。オリジナル楽曲である「Christmas Day」に、U2、ジョン・レノン、クリスマス讃美歌、クリスマス祝歌、シューベルトの古典からニューミュージックまでの楽曲をカバーしている。Christmas Day 〜Deluxe edition〜 フレッシュアイペディアより)

  • ドント・バザー・ミー

    ドント・バザー・ミーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1963年に発表されたビートルズの2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のA面4曲目に収録された楽曲で、ジョージ・ハリスンのシンガーソングライターとしてのデビュー作である(公式デビュー前にジョン・レノンと共作したインストルメンタル・ナンバーの「クライ・フォー・ア・シャドウ」がある。アルバム『ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム』に収録。)。ドント・バザー・ミー フレッシュアイペディアより)

  • アイル・ビー・バック

    アイル・ビー・バックから見たジョン・レノンジョン・レノン

    リード・ヴォーカルはジョンがとり、ポールがバックを受け持っている。ジョンとジョージは、アコースティック・ギターを弾いている。アイル・ビー・バック フレッシュアイペディアより)

  • エヴリー・リトル・シング

    エヴリー・リトル・シングから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のB面4曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはポール・マッカートニーの作品とされる。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。この曲がレノン=マッカートニーの楽曲として少々異質な点は、リード・ヴォーカルを担当しているジョン・レノンが主な作曲者ではないところにあり、マッカートニーはコーラス部を歌っている。ただしサビの部分では、マッカートニーの声が前面に出ている。マッカートニーはこの曲を当時住んでいた女優ジェーン・アッシャーの家にある音楽室で書いたとされる。彼はこの曲がシングルとして発表されることを望んでいたが、「いろいろ条件が揃わず」代わりに『ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』に収録されることとなった。なおレノンもプレイボーイ誌のインタヴューにおいて「マッカートニーが書いた」と語っている。エヴリー・リトル・シング フレッシュアイペディアより)

899件中 31 - 40件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード