899件中 41 - 50件表示
  • ROCK AND ROLL HERO

    ROCK AND ROLL HEROから見たジョン・レノンジョン・レノン

    サザンオールスターズを一時休止した後に発表された。「バンドによる生音」をコンセプトに作られており、前年の「波乗りジョニー」や「白い恋人達」といったヒットシングルは収録されず、作風は60年代?70年代の洋楽ロックが中心である。ケースの裏には、ジョン・レノンのアルバム『ジョンの魂』の裏ジャケットを彷彿とさせる桑田の幼少時の写真、CD表面には“ROCK AND ROLL HERO?”と投げかけるように疑問符がつけて印刷されているなど、桑田なりの遊び心も含まれている。ROCK AND ROLL HERO フレッシュアイペディアより)

  • ロックン・ロール・ミュージック

    ロックン・ロール・ミュージックから見たジョン・レノンジョン・レノン

    選曲は主に日本の東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)が行い、米キャピトルがまとめた。日米のアルバム・カヴァーは特殊紙を使用しカスタム・レーベル仕様だったが、英EMIは通常仕様だった。カヴァー・デザインに際してジョン・レノンが自ら名乗りを挙げたがレーベル側は望まなかった。ロックン・ロール・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • レコード・プラント・スタジオ

    レコード・プラント・スタジオから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ジョン・レノン:『イマジン』(1971年)レコード・プラント・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 愛のことば (ビートルズの曲)

    愛のことば (ビートルズの曲)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ラバー・ソウル』のA面6曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。ヴォーカルはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが3声コーラスで、ジョンはミドルエイトの部分でリードをとっている。ハーモニウムのソロはジョージ・マーティンによる演奏。愛のことば (ビートルズの曲) フレッシュアイペディアより)

  • インスタント・カーマ

    インスタント・カーマから見たジョン・レノンジョン・レノン

    インスタント・カーマ(Instant Karma! (We All Shine On))は、1970年にジョン・レノンがプラスティック・オノ・バンド名義で発表した最後のシングル曲である。B面はオノ・ヨーコ作の曲「誰が風を見た」。インスタント・カーマ フレッシュアイペディアより)

  • Think different

    Think differentから見たジョン・レノンジョン・レノン

    60秒版は、白黒のフィルム映像で構成され、20世紀に活躍した17人の象徴的人物を取り上げている。登場順に列挙すると、アルベルト・アインシュタイン、ボブ・ディラン、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、リチャード・ブランソン、ジョン・レノン(オノ・ヨーコと共に)、バックミンスター・フラー、トーマス・エジソン、モハメド・アリ、テッド・ターナー、マリア・カラス、マハトマ・ガンディー、アメリア・イアハート、アルフレッド・ヒッチコック、マーサ・グレアム、ジム・ヘンソン(カエルのカーミットと共に)、フランク・ロイド・ライト、パブロ・ピカソとなる。コマーシャルは最後に、小さな少女が、あたかも何かを願うかのように閉じていた眼を開く映像で終わる。この最後のカットは、ターセム・シンが監督したディープ・フォレストの曲「」のミュージック・ビデオ(数バージョンあるビデオのうち、Round the World Mixと称されるもの)から流用されており、少女はシンの姪であるシャーン・サホタ(Shaan Sahota)である。Think different フレッシュアイペディアより)

  • 心の壁、愛の橋

    心の壁、愛の橋から見たジョン・レノンジョン・レノン

    心の壁、愛の橋 (Walls and Bridges) は、1974年9月26日にアメリカで発表されたジョン・レノンのアルバム。イギリスでは同年10月4日に発売。全米1位・全英6位・日本14位を記録。心の壁、愛の橋 フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム)

    ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    "A Hard Day's Night" というタイトルは、リンゴ・スターが長い映画の撮影を終えて、"It was a hard day"と言ったところで夜だったことに気づいて、"…'s night"と付け加えたのをジョン・レノンとポール・マッカートニーが聞いていたので、その言葉がそのまま採用された。『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』という邦題は、映画評論家の水野晴郎が、ユナイト映画社員時代に名付けたもの(詳細についてはビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (映画)を参照)。ただ、あまりにもオリジナル・タイトル(忙しい日の夜)とはかけ離れた邦題であったためか定着したとは言い難く、近年のレコード雑誌などでも原題で紹介されることも多かった(2000年の映画再上映の際には、日本でも正式に『ハード・デイズ・ナイト』の名で公開され、続いて日本盤アルバム、同タイトル曲の正式邦題も『ハード・デイズ・ナイト』に改められた)。ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬英明

    加瀬英明から見たジョン・レノンジョン・レノン

    東京生まれ。父は外交官の加瀬俊一、母・寿満子は元日本興業銀行総裁小野英二郎の娘である。また従兄妹にはジョン・レノンの妻オノ・ヨーコがいる。自由社社長。同名の別会社・自由社(石原萠記社長)の取締役。元月刊「自由」編集委員会代表。加瀬英明事務所所長。日本躾の会評議員。教育における体罰条項を考える会会長。日本・イスラエル親善協会副会長。加瀬英明 フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ホプキンス

    ニッキー・ホプキンスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ホプキンスはセッション・ミュージシャンとしての経歴を1960年代初めのロンドンでスタートさせる。たちどころに当時のミュージック・シーンにおける売れっ子プレーヤーの一人となり、流暢で機敏なブギウギは多くのヒット・ナンバーのピアノ・スタイルに影響を及ぼした。彼はセッション・ピアニストとしてシェル・タルミーやミッキー・モストといった独立プロデューサーを通じてキンクス、ドノヴァン、そして1965年にはザ・フーのデビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』の録音に参加している。彼はビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズやジョン・レノン、ジェフ・ベックを含む60年代のトップ・アーティスツのレコーディングに参加した。ニッキー・ホプキンス フレッシュアイペディアより)

899件中 41 - 50件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード