899件中 51 - 60件表示
  • 紅盤

    紅盤から見たジョン・レノンジョン・レノン

    作詞・作曲: John Lennon、日本語詞・編曲: 斉藤和義紅盤 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン・ミュージアム

    ジョン・レノン・ミュージアムから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ジョン・レノン・ミュージアム (John Lennon Museum、JLM) は、かつて2000年から2010年まで、さいたま市に存在していたジョン・レノンをテーマとした展示施設。ジョン・レノン・ミュージアム フレッシュアイペディアより)

  • トゥモロー・ワールド

    トゥモロー・ワールドから見たジョン・レノンジョン・レノン

    登場人物は有名なロックの偉人の名前が数多く登場。劇中歌にはディープ・パープルやレディオヘッド、リバティーンズ、ビートルズの『トゥモロー・ネバー・ノウズ』カバー曲、ローリング・ストーンズの『ルビー・チューズデイ』カバー曲がつかわれ、エンドスクロールではジョン・レノンの楽曲『ブリング・オン・ザ・ルーシー』がつかわれている。レディオヘッド以外のロック楽曲はサウンドトラックに収録されている(『クリムゾン・キングの宮殿』は短縮版)。トゥモロー・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • プラスティック・オノ・バンド

    プラスティック・オノ・バンドから見たジョン・レノンジョン・レノン

    プラスティック・オノ・バンド(Plastic Ono Band)は、1969年にジョン・レノンとオノ・ヨーコを中心に結成されたバンド。パーマネントなバンドではないため、レコーディングやコンサートのたびにメンバーが変わっている。プラスティック・オノ・バンド フレッシュアイペディアより)

  • シンシア・レノン

    シンシア・レノンから見たジョン・レノンジョン・レノン

    シンシア・レノン(Cynthia Lennon、旧姓: Powell1939年9月11日 - )は、元ビートルズのジョン・レノンの前妻。ジュリアン・レノンの母。シンシア・レノン フレッシュアイペディアより)

  • リッケンバッカー

    リッケンバッカーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1960年代は、ビートルズのジョン・レノンがモデル325(6弦、12弦)を、ジョージ・ハリスンがモデル360/12(12弦ギター)モデル425(6弦ギター)、ポール・マッカートニーがモデル4001S(4弦ベース・ギター)などを使用した影響で、ギブソンやフェンダーなどの大手メーカーを凌ぐ人気を誇った。リッケンバッカー フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見たジョン・レノンジョン・レノン

    幻のジョンレノン・プロデュース/:1980年夏頃、ジョン・レノンプロデュースでのレコーディングの話が内々で持ち上がっていた。オノ・ヨーコを通して、ジョンも面白いと言ってくれているということで、翌年レコーディングするつもりで曲を書きはじめていたが、1980年12月8日、ジョンはニューヨークで銃弾に倒れ幻となった。当時、河口湖でバンド合宿中だったが、その日は練習を取りやめメンバー全員喪に服した。原田真二 フレッシュアイペディアより)

  • オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

    オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダから見たジョン・レノンジョン・レノン

    歌詞の方は市場に勤めるデズモンド・ジョーンズと、バンドで歌手をしているモリーが恋をして結婚する物語を歌ったものである。ただし4番ではなぜかデズモンドとモリーが逆になり、モリーが子供たちと一緒に市場で働き、デズモンドが化粧をしてバンドで歌うという歌詞になっている。これは収録の際ポールが間違って逆に歌ってしまい、録り直そうとしたところジョン・レノンが「この方が面白い」と発言してそのままにしたと言われている。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ フレッシュアイペディアより)

  • フロム・ミー・トゥ・ユー

    フロム・ミー・トゥ・ユーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    レノン=マッカートニーの作品(ただしリリース時には (McCartney - Lennon)という並びでクレジットされていた。)。ヴォーカルはジョン・レノンとポール・マッカートニー。ハーモニカ(ステレオ・ミックスではイントロ部分のハーモニカはカットされている)はジョン。ライブではイントロ、アウトロのハモニカは省略、ジョージのギターのみ。この時代人気があった、女性シンガーヘレン・シャピロと一緒にまわったコンサートの終了間際にジョン・レノンとポール・マッカートニーによって作られた。曲としては、ラヴ・ソングというよりはファンに対する感謝の意味がある。サビの部分にG+5を使い初期のビートルズらしいしゃれた雰囲気を出している。フロム・ミー・トゥ・ユー フレッシュアイペディアより)

  • スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)

    スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    「スタンド・バイ・ミー」(Stand by Me)は、1961年11月にアメリカで発表された、ベン・E・キングのシングルレコード。ジョン・レノンなど多くのミュージシャンにカバーされている。スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲) フレッシュアイペディアより)

899件中 51 - 60件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード