1073件中 61 - 70件表示
  • マジカル・ミステリー・ツアー

    マジカル・ミステリー・ツアーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    『マジカル・ミステリー・ツアー』は1967年8月27日にマネージャーのブライアン・エプスタインが死去後、初めて自分たちで取り組んだプロジェクトであった。ポール・マッカートニーはビートルズがアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を制作した後、ビートルズと自分たちの音楽に基づいた映画を制作することを考えた。『マジカル・ミステリー・ツアー』のコンセプトは様々な「普通の」人々(ジョン・レノンの叔父、チャーリーを含む)が観光バスに乗り込んで旅行し、予測できない「マジカル」な冒険をするというものであった。そうした制作コンセプトのため脚本とプロの映画監督無しという状況で撮影は行われたが、エプスタインの判断が無い結果として無秩序な映画制作となった。『マジカル・ミステリー・ツアー』の撮影において彼らが望んでいたような「マジカル」な冒険はまったく起こらず、撮影中に非常に多くの自動車が手書きで彩られたバスに追尾し、バス内の乗客が何を行おうとしているかを見たがり、交通渋滞を起こすまでに至った。見せ物はジョン・レノンが怒りながらバスのそばを立ち去ったことで終了した。マジカル・ミステリー・ツアー フレッシュアイペディアより)

  • Think different

    Think differentから見たジョン・レノンジョン・レノン

    60秒版は、白黒のフィルム映像で構成され、20世紀に活躍した17人の象徴的人物を取り上げている。登場順に列挙すると、アルベルト・アインシュタイン、ボブ・ディラン、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、リチャード・ブランソン、ジョン・レノン(オノ・ヨーコと共に)、バックミンスター・フラー、トーマス・エジソン、モハメド・アリ、テッド・ターナー、マリア・カラス、マハトマ・ガンディー、アメリア・イアハート、アルフレッド・ヒッチコック、マーサ・グレアム、ジム・ヘンソン(カエルのカーミットと共に)、フランク・ロイド・ライト、パブロ・ピカソとなる。コマーシャルは最後に、小さな少女が、あたかも何かを願うかのように閉じていた眼を開く映像で終わる。この最後のカットは、ターセム・シンが監督したディープ・フォレストの曲「」のミュージック・ビデオ(数バージョンあるビデオのうち、Round the World Mixと称されるもの)から流用されており、少女はシンの姪であるシャーン・サホタ(Shaan Sahota)である。Think different フレッシュアイペディアより)

  • リンゴズ・ロートグラヴィア

    リンゴズ・ロートグラヴィアから見たジョン・レノンジョン・レノン

    長年、在籍してきたEMIから離れて、レーベル移籍後、最初のアルバムとなった本作では、『リンゴ』(1973年)と同様、元ビートルズのポール・マッカートニー、ジョン・レノン(1980年に復帰するまで最後のレコーディング活動)、ジョージ・ハリスンが楽曲を提供(ジョージは演奏面では不参加)。エリック・クラプトンも「ディス・ビー・コールド・ア・ソング」を提供し、ギターでも参加。当時、人気絶頂だったピーター・フランプトン、さらに、プロデュースには大御所アリフ・マーディンまで起用し、完璧なサポート陣、華々しい宣伝とすべてに準備万端だったにも関わらず、アルバム、シングル共に大ヒットには至らなかった。リンゴズ・ロートグラヴィア フレッシュアイペディアより)

  • エヴリー・リトル・シング

    エヴリー・リトル・シングから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のB面4曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはポール・マッカートニーの作品とされる。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。この曲がレノン=マッカートニーの楽曲として少々異質な点は、リード・ヴォーカルを担当しているジョン・レノンが主な作曲者ではないところにあり、マッカートニーはコーラス部を歌っている。ただしサビの部分では、マッカートニーの声が前面に出ている。マッカートニーはこの曲を当時住んでいた女優ジェーン・アッシャーの家にある音楽室で書いたとされる。彼はこの曲がシングルとして発表されることを望んでいたが、「いろいろ条件が揃わず」代わりに『ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』に収録されることとなった。なおレノンもプレイボーイ誌のインタヴューにおいて「マッカートニーが書いた」と語っている。エヴリー・リトル・シング フレッシュアイペディアより)

  • カール・パーキンス

    カール・パーキンスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    イギリスではこの曲は第10位にランクインした。サン・レコード所属アーティストで100万枚売り上げた最初の曲となった。B面の『ハニー・ドント』はビートルズ、ワンダ・ジャクソン、T・レックスにカヴァーされた。ビートルズ版でジョン・レノンがリードだったが、後にリンゴ・スターになった。レノンは『Lost Lennon Tapes 』でもこの曲を演奏した。カール・パーキンス フレッシュアイペディアより)

  • サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ

    サムタイム・イン・ニューヨーク・シティから見たジョン・レノンジョン・レノン

    サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ (Sometime in New York City) は、1972年に発表されたジョン・レノンとオノ・ヨーコの共作アルバム。ジョン・レノン&オノ・ヨーコ(プラスティック・オノ・バンド)に加え、エレファンツ・メモリーというバンドがバックを務めている。サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ フレッシュアイペディアより)

  • プラスティック・オノ・バンド

    プラスティック・オノ・バンドから見たジョン・レノンジョン・レノン

    プラスティック・オノ・バンド(Plastic Ono Band)は、1969年にジョン・レノンとオノ・ヨーコを中心に結成されたバンド。パーマネントなバンドではないため、レコーディングやコンサートのたびにメンバーが変わっている。プラスティック・オノ・バンド フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏明

    小林宏明から見たジョン・レノンジョン・レノン

    マイルズ編『ジョン・レノン語録 生と死の追憶』新興楽譜出版社 1981小林宏明 フレッシュアイペディアより)

  • アーリー・デイズ

    アーリー・デイズから見たジョン・レノンジョン・レノン

    この曲はポールがザ・ビートルズとしてデビューする前の、ジョン・レノンとの思い出を元に作られた。アーリー・デイズ フレッシュアイペディアより)

  • アイヴ・ガッタ・フィーリング

    アイヴ・ガッタ・フィーリングから見たジョン・レノンジョン・レノン

    レノン=マッカートニーの作品。冒頭から一貫して歌われているテーマ部分と短い中間部分はポール・マッカートニー作、後半から歌われている"Everybody had a hard year"からの歌詞とメロディはジョン・レノン作という、両者が作った別々の二曲が合わされた。そして最後では、ジョンとポールがそれぞれのフレーズを同時に(対位法)歌っている。アイヴ・ガッタ・フィーリング フレッシュアイペディアより)

1073件中 61 - 70件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード