1073件中 71 - 80件表示
  • ホット・スペース

    ホット・スペースから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1980年に射殺されたジョン・レノンに捧げた、フレディ作の「ライフ・イズ・リアル」、ブライアン作の銃社会への警鐘をうたった「プット・アウト・ザ・ファイア」、スペイン語の歌詞が登場する「ラス・パラブラス・デ・アモール」など従来のクイーン・サウンドに近い楽曲もあるが、そのセールスの結果から失敗作とされる評価と時代的な背景を含めての純粋な内容への再評価とに分かれている。ホット・スペース フレッシュアイペディアより)

  • The Christmas Song (崎谷健次郎のアルバム)

    The Christmas Song (崎谷健次郎のアルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    メドレーソング。オリジナル楽曲である「Christmas Day」に、U2、ジョン・レノン、クリスマス讃美歌、クリスマス祝歌、シューベルトの古典からニューミュージックまでの楽曲をカバーしている。The Christmas Song (崎谷健次郎のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ホプキンス

    ニッキー・ホプキンスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1960年代初頭のスクリーミング・ロード・サッチ率いるサヴェージズのピアニストとして経歴をスタート、以降は当時のミュージック・シーンにおける売れっ子プレーヤーの一人となり、流暢で機敏なブギウギは、多くのヒット・ナンバーのピアノ・スタイルに影響を及ぼした。シェル・タルミーやミッキー・モストといった独立プロデューサーを通じてキンクス、ドノヴァン、そして1965年にはザ・フーのデビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』の録音に参加している。彼はビートルズやジョン・レノン、ジェフ・ベックなどの60年代のトップ・アーティストのレコーディングに参加した。またその頃は、シリル・ディヴィス・オール・スターズに参加する。ニッキー・ホプキンス フレッシュアイペディアより)

  • チャプター27

    チャプター27から見たジョン・レノンジョン・レノン

    『チャプター27』(-トゥエンティセブン、Chapter 27) は、2007年に公開された映画作品。ジョン・レノン暗殺に至るマーク・チャップマンの3日間を映画化。J・P・シェファー監督のデビュー映画。2007年1月、ベルリン映画祭のサンダンス・フィルム・フェスティバルで初公開。Debut Feature Prize賞を獲得した。チャプター27 フレッシュアイペディアより)

  • ベガーズ・バンケット

    ベガーズ・バンケットから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1968年12月10日、11日にバンドは本作のプロモーションとして、『ロックンロール・サーカス』と名付けられたTVショウを、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、ザ・フーなど多数のゲストを招いて収録した。映像と音源は当時のマネージャーのアラン・クレインが掌握しており、クレインとの関係が切れたことにより作品は封印されてしまうが、1996年にVHSとサウンドトラックがアブコ・レコードから発表。四半世紀以上経てようやくファンの元に届けられた。ベガーズ・バンケット フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ビートルズ1967年〜1970年

    ザ・ビートルズ1967年〜1970年から見たジョン・レノンジョン・レノン

    メンバーの成長と共に音楽性も変化し、ストリングスやブラスバンドを大胆に取り入れるなど、実験的な曲も目立つ。サイケデリック志向の作品も多く、ジョン・レノンの作品は複雑で文学的なものやメッセージ性の強いものが増えている。ポール・マッカートニーも実体験をもとにした歌や作家的な曲作りに磨きがかかっている。また、ジョージ・ハリスンの作品も4曲収録されており、第3のソングライターとしての実力を見せている。コンサート・ツアーを休止してレコーディングに専念して制作しただけあって、初期とは異なる作風・完成度を見せる楽曲が並んでいる。ザ・ビートルズ1967年〜1970年 フレッシュアイペディアより)

  • ずっと好きだった

    ずっと好きだったから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ジャケット写真やテレビ番組出演などで本曲を弾き語りで歌う際に構えているギターは、ジョン・レノンが愛用していた事でも知られるエピフォン・カジノである。ずっと好きだった フレッシュアイペディアより)

  • サタニック・マジェスティーズ

    サタニック・マジェスティーズから見たジョン・レノンジョン・レノン

    前作と同じく全英3位、全米2位にまで上昇し、アメリカではリリースもされないうちにゴールド・アルバムを獲得したが、売り上げはすぐに減少した。リリース当初の評価は惨憺たるもので、レコード・ミラー誌のように「これはストーンズの出したレコードの中では飛びぬけたベストアルバムだ」と絶賛したのはごくわずかだった。ほとんどの批評家は本作を「悲劇的な失敗作」と断じ、ビートルズの『サージェント・ペパーズ』の猿真似とこき下ろした。当のビートルズのメンバーであるジョン・レノンもまた、本作を嫌った。アメリカのロック批評家のジョン・ランドウは、「ストーンズは新しいもの=進歩したものと取り違える、よくあるジレンマの罠にかかった…彼等の音楽が成長を続けるには、本作以上に満足できる方法で解決しなくてはならないほど、深刻な危機である」と手厳しく評した。ワイマンはこれに同意している。サタニック・マジェスティーズ フレッシュアイペディアより)

  • シーズ・リーヴィング・ホーム

    シーズ・リーヴィング・ホームから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作は1967年に発表されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の収録曲である。レノン=マッカートニーの作品。実質的にはポール・マッカートニーの作品とされるが、ジョン・レノンがコーラスなどを手伝っている。「イエスタデイ」や「エリナー・リグビー」などと同じくストリングスをアレンジに用いたクラシカルな楽曲である。この曲のタイトルおよび歌詞は、ポールが家出した少女について書かれた『デイリー・ミラー』の記事から取ったが、実際に少女が家出したのは歌詞に出てくる「水曜日の朝5時」ではなく、両親が不在だった午後である。この曲のサビ「彼女は」「出て行く」「家を」の合間に歌われる部分はジョン・レノンがコーラスを担当しているが、これも新聞に書かれていた言葉である。シーズ・リーヴィング・ホーム フレッシュアイペディアより)

  • ヘイ・ブルドッグ

    ヘイ・ブルドッグから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本作の作詞・作曲クレジットは「レノン-マッカートニー」だが主たるコンポーザーはジョン・レノンである。1969年1月に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『イエロー・サブマリン』(ビートルズが主人公の同名アニメーション映画のサウンドトラックアルバム)に収録された。ヘイ・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

1073件中 71 - 80件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード