899件中 71 - 80件表示
  • 1980年の音楽

    1980年の音楽から見たジョン・レノンジョン・レノン

    12月8日(現地時間) - 元ビートルズのメンバー、ジョン・レノンが・ニューヨークの自宅(ダコタ・ハウス)前でファンに射殺された。1980年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 福山雅治

    福山雅治から見たジョン・レノンジョン・レノン

    国内屈指のギターコレクターでもあり、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなどのシグネチャー・モデルも多く所有している。また、アコースティックギターによる弾き語りも、毎週土曜日の『魂のラジオ』内コーナーで披露している。福山雅治 フレッシュアイペディアより)

  • イン・マイ・ライフ

    イン・マイ・ライフから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ジョン・レノン曰く「真面目に作った最初の曲」らしく、それまでの作品とは趣が異なる。人生を回想しながら様々な思い出が駆け巡るも、最後は恋人への思いで締めくくられる。イン・マイ・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • TAKURO

    TAKUROから見たジョン・レノンジョン・レノン

    中学時代、サッカー部でバックスとして活躍していたが、ジョン・レノンに多大な影響を受け、ビートルズ特集の組まれたラジオ番組を聴くため、自主退部した。TAKURO フレッシュアイペディアより)

  • ウイングス

    ウイングスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1975年9月から、ウイングスは12ヶ国で64回公演の大規模なコンサート・ツアーを開始する。その最中に制作されたのが、1976年に発売された『スピード・オブ・サウンド』である。ウイングスが一つのバンドとして世間に認知されることを望んでいたマッカートニーは、このアルバムではバンドメンバー全員に最低1曲はリード・ヴォーカルをとらせている。彼自身の歌唱による作品は半数ほどにとどまっていたが、『スピード・オブ・サウンド』はスティーヴィー・ワンダーの『キー・オブ・ライフ』などと並ぶ1976年を代表するベストセラーとなった。その最たる原因となったのが、同年5月から6月にかけて行われた全米ツアー『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』である。30回の公演で60万人もの観客動員数を記録したこのツアーの模様は、のちにツアータイトルを題名にしたライヴ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ(ウイングスU.S.A.ライヴ!!)』や映画『ロックショウ』としても発表された。『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』はLP3枚組という形態での発売だったが、それにもかかわらず全米チャート1位を獲得している。ウイングスを随える形で再び世界的な成功を収めたマッカートニーは、ジョン・レノンが長い活動休止期間に入り、ジョージ・ハリスンやリンゴ・スターのソロ活動が次第に低調になり始めた1970年代中盤において、最も華々しく活躍するビートルズの元メンバーとなった。ツアーが大成功を収めつつ、終わったとき、ポールは嬉しさのあまり泣き崩れたと言われている。ウイングス フレッシュアイペディアより)

  • アイヴ・ガッタ・フィーリング

    アイヴ・ガッタ・フィーリングから見たジョン・レノンジョン・レノン

    レノン=マッカートニーの作品。冒頭から一貫して歌われているテーマ部分と短い中間部分はポール・マッカートニー作、後半から歌われている"Everybody had a hard year"からの歌詞とメロディはジョン・レノン作という、両者が作った別々の二曲が合わされた。そして最後では、ジョンとポールがそれぞれのフレーズを同時に(対位法)歌っている。アイヴ・ガッタ・フィーリング フレッシュアイペディアより)

  • プリーズ・プリーズ・ミー (アルバム)

    プリーズ・プリーズ・ミー (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    レコーディング当日、ジョン・レノンは風邪を引いており、その影響でヴォーカルがやや鼻声になっている。ジョージ・マーティンはジョンの喉への負担を考慮し、ツイスト・アンド・シャウトの録音はセッションの最後に行い、ジョンはこの曲をワンテイクで仕上げた。プリーズ・プリーズ・ミー (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラバー・ソウル

    ラバー・ソウルから見たジョン・レノンジョン・レノン

    演奏時間:(2'04" - stereo version)(2'08" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンラバー・ソウル フレッシュアイペディアより)

  • エルヴィス・プレスリー

    エルヴィス・プレスリーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ヨーロッパにおいて、ロックンロールという新しい音楽への興味を生じさせた。クリフ・リチャード、ボブ・ディラン、ジョン・レノン、ルー・リード、ロバート・プラント、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・ボン・ジョヴィ、ささきいさおなどをはじめとする多数のアーティストがミュージシャンを志したきっかけとなった。冷戦下で、エルヴィスはヨーロッパ進出を考えていたアメリカのミュージシャンの先駆者になった。エルヴィス・プレスリー フレッシュアイペディアより)

  • 桜井和寿

    桜井和寿から見たジョン・レノンジョン・レノン

    10月9日、さいたまスーパーアリーナで開催された『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ』へ出演。田原健一・小林武史と共に一夜限りのユニット「Acid Test」として、ジョン・レノンの楽曲「Mother」をカバーした。桜井和寿 フレッシュアイペディアより)

899件中 71 - 80件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード