1073件中 81 - 90件表示
  • クリスマス・タイム

    クリスマス・タイムから見たジョン・レノンジョン・レノン

    クリスマス・タイム(原題:Christmas Time (Is Here Again))とは、ビートルズの楽曲。1967年に、当時のイギリスのファンクラブ限定でクリスマスに製作されていたソノシート・レコード用の楽曲として録音された、ビートルズとしては唯一作られたクリスマス・ソング。作詞・作曲はジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターのメンバー全員で行っている。プロデュースはジョージ・マーティン。クリスマス・タイム フレッシュアイペディアより)

  • METAL RESISTANCE

    METAL RESISTANCEから見たジョン・レノンジョン・レノン

    オフィシャル・チャート・カンパニーでは、2016年4月10日付のアルバム・チャート・アップデートで7位に初登場した。その後、4月14日付けのアルバム・トップ100(全英総合アルバムチャート)で15位を記録し、1975年に発売された冨田勲のアルバム『Snowflakes Are Dancing』の17位を抜き、日本人アーティストの単独名義における最高位を41年ぶりに更新した(連名名義では、1984年に発売されたジョン・レノンとオノ・ヨーコのアルバム『ミルク・アンド・ハニー』が3位を記録している)ほか、アルバム・セールスで10位、サイシカル・アルバムで14位、アルバム・ダウンロードで9位、インディペンデント・アルバムで5位、ロック&メタル・アルバムで2位、スコティッシュ・アルバム(スコットランドの音楽チャート)で12位にチャートインした。METAL RESISTANCE フレッシュアイペディアより)

  • モーニング・グローリー

    モーニング・グローリーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    4thシングル。全英シングルチャート「サム・マイト・セイ」以来となる1位を記録した。初めてノエルがボーカルを採った、アルバム収録曲。ピアノで弾かれるイントロはジョン・レノンの「イマジン」から引用している。歌詞の一部はジョン・レノンとオノ・ヨーコのベッドから平和を呼びかける運動を指していると言われている。サリーという女性は、ギャラガー兄弟が敬愛するストーン・ローゼズの楽曲である「サリー・シナモン」を指しているのではないかと噂されたが、後にノエルが『タイム・フライズ…1994-2009』のインタビュー内で否定しており、歌詞自体には深い意味などは全く無いと発言している。当初はリアムがこの曲を歌いたいと主張し、ノエルと口論になったが、兄弟喧嘩の末(ノエルが2週間ほど脱退するトラブルが起きた)にリアムが折れて最終的にノエルが歌うことになったという逸話がある。マルーン5など数多くのアーティストによってカバーされ、日本でも吉井和哉などがライブでカバーしている。2010年公開の松竹配給映画『BECK』のエンディングテーマとして、2013年のau「FULL CONTROL YOUR CITYキャンペーン」にも起用された。モーニング・グローリー フレッシュアイペディアより)

  • リボルバー (アルバム)

    リボルバー (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    演奏時間:(3'00" - stereo version)(3'02" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンリボルバー (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム)

    ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    "A Hard Day's Night" というタイトルは、リンゴ・スターが長い映画の撮影を終えて、"It was a hard day"と言ったところで夜だったことに気づいて、"…'s night"と付け加えたのをジョン・レノンとポール・マッカートニーが聞いていたので、その言葉がそのまま採用された。ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • プリーズ・プリーズ・ミー (アルバム)

    プリーズ・プリーズ・ミー (アルバム)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    録音当日、ジョン・レノンは風邪をひいており、その影響でヴォーカルがやや鼻声になっている。ジョージ・マーティンはジョンの喉への負担を考慮し、ツイスト・アンド・シャウトの録音はセッションの最後に行い2テイク録音し第1テイクを採用した。後にジョンは「ビートルズの(当時の)ライヴ感の生々しさを出しているという点ではこのアルバムが一番近い」と解散後に発言している。プリーズ・プリーズ・ミー (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • フロム・ミー・トゥ・ユー

    フロム・ミー・トゥ・ユーから見たジョン・レノンジョン・レノン

    レノン=マッカートニーの作品(ただしリリース時には (McCartney - Lennon)という並びでクレジットされていた。)。ヴォーカルはジョン・レノンとポール・マッカートニー。ハーモニカ(ステレオ・ミックスではイントロ部分のハーモニカはカットされている)はジョン。ライブではイントロ、アウトロのハモニカは省略、ジョージのギターのみ。この時代人気があった、女性シンガーヘレン・シャピロと一緒にまわったコンサートの終了間際にジョン・レノンとポール・マッカートニーによって作られた。曲としては、ラヴ・ソングというよりはファンに対する感謝の意味がある。サビの部分にG+5を使い初期のビートルズらしいしゃれた雰囲気を出している。フロム・ミー・トゥ・ユー フレッシュアイペディアより)

  • ラトルズ

    ラトルズから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1975年5月26日の放送にニール・イネス演じるジョン・レノンによく似たシンガーが登場。白いピアノを弾きながらビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」に似た曲を演奏する。この番組のサウンドトラック・アルバム『ラトランド・ウィークエンド・ソングブック』にこの曲が収録された際、この曲はロン・レノンの「ザ・チルドレン・オブ・ロックン・ロール」とクレジットされるが、後にラトルズの「グッド・タイムス・ロール」となる曲である。ラトルズ フレッシュアイペディアより)

  • THE HEART

    THE HEARTから見たジョン・レノンジョン・レノン

    THE HEARTのファーストアルバム『CHAPMAN』は、ジョン・レノンを銃殺した犯人、マーク・チャップマンを題材にしたものであるが、井口本人も、当時のバンドのメンバーもジョン・レノンやビートルズには興味はなかったらしい。THE HEART フレッシュアイペディアより)

  • LOVE PSYCHEDELICO

    LOVE PSYCHEDELICOから見たジョン・レノンジョン・レノン

    本名:佐藤直樹(さとう なおき)。初期のリリース作品にはNAOKI SATOと表記されていた。敬愛するミュージシャンはローリング・ストーンズ、ヴァン・ヘイレン、ビートルズ、ジョン・レノンなど。ジョン・レノンの影響もあり、ライブ中に缶ビールを飲むパフォーマンスをよく行う。THE BAWDIESのプロデュースを行っている。バンド・ペトロールズのトリビュート・アルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』(2017年)に、シンガーソングライターのReiとTHE BAWDIESのボーカルROYとともに、それぞれのイニシャルを配したユニット「R'N'R」として参加している。LOVE PSYCHEDELICO フレッシュアイペディアより)

1073件中 81 - 90件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード