314件中 11 - 20件表示
  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たエルトン・ジョン

    1974年3月からはハリー・ニルソンの『プシー・キャッツ』をプロデュースした。同年、セルフ・プロデュースしたアルバム『心の壁、愛の橋』 (Walls And Bridges) を発表した。このアルバムは、ローリング・ストーン誌でレノンの最高傑作と評価され、『イマジン』以来、ソロとして2作目の全米1位を獲得した。また、この中で「真夜中を突っ走れ」と「予期せぬ驚き」でエルトン・ジョンと共演した。ハリー・ニルソンとも「枯れた道」を共作した。このアルバムからは11月に「真夜中を突っ走れ」 (全米1位)、「夢の夢」 (同9位) がそれぞれシングルカットされた。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た湯川れい子

    日本人の知己としては、ビートルズとして訪日時に共にインタビューを受けた加山雄三(初対面で、いきなりジョンが加山の後ろから目隠しをして加山を驚かせた)、ニューヨークのジョン夫妻の下で過ごした時期のある横尾忠則、訪日時に食事を共にした内田裕也・樹木希林夫妻、シンコーミュージック(当時)の星加ルミ子らが挙げられる。また、音楽評論家の湯川れい子とジョン夫妻の交流は広く知られ、1980年12月5日にも、FM東京のラジオインタヴューを受けている。写真家の篠山紀信は、アルバム『ダブル・ファンタジー』、『ミルク・アンド・ハニー』のカヴァー写真を撮影している。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た内田裕也

    日本人の知己としては、ビートルズとして訪日時に共にインタビューを受けた加山雄三(初対面で、いきなりジョンが加山の後ろから目隠しをして加山を驚かせた)、ニューヨークのジョン夫妻の下で過ごした時期のある横尾忠則、訪日時に食事を共にした内田裕也・樹木希林夫妻、シンコーミュージック(当時)の星加ルミ子らが挙げられる。また、音楽評論家の湯川れい子とジョン夫妻の交流は広く知られ、1980年12月5日にも、FM東京のラジオインタヴューを受けている。写真家の篠山紀信は、アルバム『ダブル・ファンタジー』、『ミルク・アンド・ハニー』のカヴァー写真を撮影している。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たデヴィッド・ボウイ

    1975年2月、カヴァー・アルバム『ロックン・ロール』を発表。ここからは「スタンド・バイ・ミー」のヒットが生まれた。デヴィッド・ボウイと知り合い、ボウイの『ヤング・アメリカンズ』 (3月発表) でビートルズ時代の「アクロス・ザ・ユニヴァース」を共演、さらにボウイ、カルロス・アロマーと「フェイム」を共作し、コーラスとギターで参加した。この作品でボウイは初の全米1位を獲得した。ボウイによると、スタジオでの作業でジョンの発した「フェイム!」というかけ声から着想を得たという。ボウイはインタヴューで「あれほどオリジナリティのある人は将来現れないであろう」と述べている。6月にはテレビ番組「サリュート・トウ・サー・リュー・グレイド」に出演した。10月9日、本人の誕生日と同じ日にショーン・レノンが誕生した。10月にはベスト曲集『シェイヴド・フィッシュ〜ジョン・レノンの軌跡』を発表した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たザ・フー

    1973年4月1日、ジョンはヨーコとニューヨークで会見を開き、架空の国家「ヌートピア」の建国を宣言した。また、リンゴのソロ・アルバム『リンゴ』に参加し、「アイ・アム・ザ・グレーテスト」を提供しジョージ、リンゴと共演した。11月、アルバム、『マインド・ゲームス』を発表した。その前9月に、ジョンはヨーコのもとを離れ、個人秘書のメイ・パンとともにロサンゼルスで生活を始め、いわゆる『失われた週末』をリンゴやハリー・ニルソン、ザ・フーのキース・ムーンらと過ごした。この時期には、前妻シンシアとの間に生まれたジュリアンと再会を果たし、ビートルズのメンバーとも交流した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たキース・リチャーズ

    また世界中のミュージシャンたちもこの事件にショックを受けた。ビートルズと人気を二分したザ・ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズは「ジョンを殺した犯人に対して憎しみが薄れる事は無く増すばかりだ」「ジョンを殺した奴を俺が必ず撃ち殺してやる」と発言している。キースが実際に撃つことはなかったが、彼の怒りと悲しみは、多くのロック・ファンの心情を代弁していた。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たザ・ローリング・ストーンズ

    また世界中のミュージシャンたちもこの事件にショックを受けた。ビートルズと人気を二分したザ・ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズは「ジョンを殺した犯人に対して憎しみが薄れる事は無く増すばかりだ」「ジョンを殺した奴を俺が必ず撃ち殺してやる」と発言している。キースが実際に撃つことはなかったが、彼の怒りと悲しみは、多くのロック・ファンの心情を代弁していた。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た横尾忠則

    日本人の知己としては、ビートルズとして訪日時に共にインタビューを受けた加山雄三(初対面で、いきなりジョンが加山の後ろから目隠しをして加山を驚かせた)、ニューヨークのジョン夫妻の下で過ごした時期のある横尾忠則、訪日時に食事を共にした内田裕也・樹木希林夫妻、シンコーミュージック(当時)の星加ルミ子らが挙げられる。また、音楽評論家の湯川れい子とジョン夫妻の交流は広く知られ、1980年12月5日にも、FM東京のラジオインタヴューを受けている。写真家の篠山紀信は、アルバム『ダブル・ファンタジー』、『ミルク・アンド・ハニー』のカヴァー写真を撮影している。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た福山雅治

    また、実物を再現したシグネイチャー・モデルが発売されており、福山雅治やASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文らが愛用している。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たスティング (ミュージシャン)

    ジャクソン・ブラウンは「彼はつねに真実を述べた」と賛辞を送っている。Nowhere誌の中で、元ポリスのスティングは「我々のようなロックミュージシャンが何ごとかを言えるのはジョンのおかげである」と語ったと報じている。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

314件中 11 - 20件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード