314件中 31 - 40件表示
  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た音楽之友社

    レイ・コールマン著 岡山徹訳『ジョン・レノン』 音楽之友社 1986年8月 - John Winston Lennon Volume 1 1940-66 (1984年)ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たビートルズ

    1960年代、ビートルズはポップ・カルチャー、ロック・ミュージック、ロックを目指す若者たちに大きな影響をもたらし、音楽と若者文化の発展に大きく貢献した。ジョンが単独あるいは中心となって書いた曲は、内省的であり、一人称で書かれた個人的な内容であることも多い。ジョンのこうした作風と、ポールの春の日差しのような明るくポジティヴな作風は、ビートルズの楽曲に多様性をもたらしていた。ビートルズファンの一部には、ジョン派とポール派に分かれる者もいた。。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たジュリアン・レノン

    ジョン・ウィンストン・オノ・レノン (John Winston Ono Lennon、1940年10月9日 - 1980年12月8日) はイギリスのミュージシャン、シンガーソングライター。イギリスのロックバンド、ザ・ビートルズのオリジナル・メンバーで、主にボーカル・ギター・作詞・作曲を担当。レノン=マッカートニー名義でポール・マッカートニーと共にビートルズの作品の多くを作詞作曲した。ビートルズ解散後はソロとしてアメリカを拠点に妻であるオノ・ヨーコと共に活動した。1980年死去。息子にシンシア・レノンとの間に生まれたジュリアン・レノンとオノ・ヨーコとの間に生まれたショーン・レノンがいる。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たリンゴ・スター

    1961年12月、ジョン達は「マイ・ボニー」を買いに来た客からビートルズを知ったレコード店経営者たるブライアン・エプスタインとマネージメント契約を結び、これからロンドンのレコード会社へのビートルズの売り込みが始まった。1962年元日に、デッカ・レコードのオーディションを受けるが不合格。6月に、パーロフォンとレコーディング契約を結ぶ。8月16日にピートを解雇。以前から付き合いのあった、「ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ」のドラマーたるリンゴ・スターが8月18日に加入した。10月5日(金)「ザ・ビートルズ」としてレコード・デビューを果たした。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たクラウス・フォアマン

    1961年4月、演奏能力が不足し、ポールにプラグを抜かれたりしていたスチュアートはハンブルクにて脱退、画家を目指した。ジョンは、すぐにポールを説得してベーシストに転向した。また、ジョンはこの時、クラウス・フォアマンの加入の希望を断っている。なお、スチュアートは恋人とハンブルクに残るが間もなく20代で脳腫瘍のため死去した。6月、ドイツで活動していたイギリス人歌手トニー・シェリダンのバック・バンドとして「マイ・ボニー」を録音。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たチャック・ベリー

    3月、クオリー・バンク校で、級友たちとスキッフルバンド「クオリーメン」を結成した。ジョン以外のメンバーは固定されないまま活動を続けていた7月6日、ウールトンのセント・ピーターズ教会で行なったクオリーメンのコンサートで共通の友人たるアイヴァン・ボーンにポール・マッカートニーを紹介される。10月18日にポールはクオリーメンに加入した。エルヴィス・プレスリー、チャック・ベリー、バディ・ホリーなどアメリカのロックンロールに夢中になった。1958年2月、ポールにジョージ・ハリスンを紹介される。間もなくして彼のギターの腕を買い、クオリーメンへの加入を認めた。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たパトロールカー

    警官の到着時にレノンはまだ、かすかに意識があったが、一刻を争う危険な状態であった。そのため、2人の警官が彼をパトカーの後部に乗せ、近くのルーズヴェルト病院に搬送した。1人の警官が瀕死に陥っていたレノンの意識を保たせるため質問すると、声にならない声で「俺はジョン・レノンだ。背中が痛い」と述べたが声は次第に弱まっていった。病院到着後、医師は心臓マッサージと輸血を行ったが、レノンは全身の8割の血液を失い、失血性ショックによりルーズヴェルト病院で23時過ぎに死亡した。満40歳没(享年41)。レノンの死亡時に病院のタンノイ・スピーカーから流れていた曲はビートルズの「オール・マイ・ラヴィング」だったという。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たアニー・リーボヴィッツ

    1980年12月8日の午前中、自宅アパートのダコタ・ハウスでジョンはアニー・リーボヴィッツによる『ローリング・ストーン』掲載用写真のフォトセッションに臨んだ。11月に発売されたニューアルバム『ダブル・ファンタジー』では、整髪料をまったくつけないマッシュルームカットのヘアスタイルにトレードマークの眼鏡を外し、ビートルズ全盛期の頃のように若返った姿が話題を呼んだが、この日のジョンはさらに短く髪をカットし、グリースでリーゼント風に整え、眼鏡を外して撮影に臨んだ。その姿はデビュー前、ハンブルク時代を彷彿とさせるものであった(10月ごろには伯母ミミに電話で、「学生の頃のネクタイを出しておいてよ」と頼んでいる)。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た河出書房新社

    シンシア・レノン著 吉野由樹訳『ジョン・レノンに恋して』 河出書房新社 2007年3月 - JOHN (2005年)ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た筑摩書房

    『らりるれレノン ジョン・レノン・ナンセンス作品集』 佐藤良明訳 筑摩書房 2002年12月 - A Spaniard in the Works (1965年)ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

314件中 31 - 40件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード