314件中 51 - 60件表示
  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たキース・ムーン

    1973年4月1日、ジョンはヨーコとニューヨークで会見を開き、架空の国家「ヌートピア」の建国を宣言した。また、リンゴのソロ・アルバム『リンゴ』に参加し、「アイ・アム・ザ・グレーテスト」を提供しジョージ、リンゴと共演した。11月、アルバム、『マインド・ゲームス』を発表した。その前9月に、ジョンはヨーコのもとを離れ、個人秘書のメイ・パンとともにロサンゼルスで生活を始め、いわゆる『失われた週末』をリンゴやハリー・ニルソン、ザ・フーのキース・ムーンらと過ごした。この時期には、前妻シンシアとの間に生まれたジュリアンと再会を果たし、ビートルズのメンバーとも交流した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たバーバラ・バック

    この事件は、元ビートルズの3人にも大きなショックを与えた。カナダに滞在中だったリンゴは後に妻となる女優のバーバラ・バックとともにニューヨークに飛び、ヨーコとショーンを見舞った。ブライアン・フェリーとロキシー・ミュージックは「ジェラス・ガイ」を、ポール・マッカートニーは「ヒア・トゥデイ」を、ジョージ・ハリスンは「過ぎ去りし日々」(ポール、妻リンダ、デニー・レイン、ジョージ・マーティンがバック・コーラスで、リンゴがドラムで参加)をレノンの追悼曲としてそれぞれ発表した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たクオリーメン

    3月、クオリー・バンク校で、級友たちとスキッフルバンド「クオリーメン」を結成した。ジョン以外のメンバーは固定されないまま活動を続けていた7月6日、ウールトンのセント・ピーターズ教会で行なったクオリーメンのコンサートで共通の友人たるアイヴァン・ボーンにポール・マッカートニーを紹介される。10月18日にポールはクオリーメンに加入した。エルヴィス・プレスリー、チャック・ベリー、バディ・ホリーなどアメリカのロックンロールに夢中になった。1958年2月、ポールにジョージ・ハリスンを紹介される。間もなくして彼のギターの腕を買い、クオリーメンへの加入を認めた。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たピート・ベスト

    この頃からリヴァプールだけでなく、西ドイツのハンブルクのクラブなどでも演奏活動を始めている。この頃、ジョンはハンブルクの楽器店でデビュー時まで使用することとなるエレキギターリッケンバッカー・325を購入。1960年1月、ジョンの説得により、リヴァプール・カレッジ・オブ・アートでの友人、スチュアート・サトクリフがメンバーに加わりヘフナーNo.333ベースを演奏した。なお、ボブ・ディランがビートルズにドラッグを教えたという俗説は誤りであり、メンバーはハンブルク時代からドラッグ、女性、ロックンロール、アルコールを楽しんでいた。バンド名も「クオリーメン」から「ジョニー&ザ・ムーン・ドッグス」そして「ザ・シルヴァー・ビートルズ」と変えていった。8月「ザ・ビートルズ」になりピート・ベストが加入した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たアラン・クレイン

    ビートルズ解散直後の二人の確執はファンやマスコミも知られていた。解散後しばらくは互いの楽曲中で中傷しあったり、ポールがニューヨーク滞在中、ジョンに電話して口論になるなど、深い確執が存在したが、ビートルズのアラン・クレインとのマネージメント問題、アップルレコードの管理など一連の訴訟が解決に向かう中、1970年代も中頃になると、マッカートニーが自分のバンド「ウイングス」でアメリカ・ツアーを行なった際には時折レノンのもとを訪れるなど親交を取り戻すようになった。また1974年にはスティーヴィー・ワンダーらとともにジャム・セッションを行ない、「スタンド・バイ・ミー」や「ルシール」などロックンロールのスタンダードを一緒に演奏したテープも残されている。現在では、ポールはビートルズの楽曲を歌う際にジョンのパートを歌ったり、ジョンのソロ曲をカヴァーするなどしている。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たトニー・レヴィン

    ソロ後期の『マインド・ゲームス』『心の壁、愛の橋』『ロックンロール』、復帰後の『ダブル・ファンタジー』では、セルフ・プロデュース(『ロックンロール』では一部をフィルスペクターが担当、『ダブル・ファンタジー』はジャック・ダグラス、ヨーコが共同プロデュース)により共演者に敬意を払いながらセッションの中でアレンジを組み立てていった。これが、共演者の敬意を得ていたという多くの発言 (デヴィッド・スピノザ、トニー・レヴィンなど) がある。「マインド・ゲームス」に参加したスピノザによれば、レノンはスタジオミュージシャンを使って基本ラインを録音したあと、レノン自身のギター、スライドギターなどによる音を緻密に重ねてオーケストレーションを造り出し、大人向けのロックを創造した。ビートルズ以来の作曲語法となったベースのクリシェ、分散和音的なアプローチも取り入れている。『心の壁、愛の橋』ではストリングス、ホーンも多用した編曲を行った。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たジャクソン・ブラウン

    ジャクソン・ブラウンは「彼はつねに真実を述べた」と賛辞を送っている。Nowhere誌の中で、元ポリスのスティングは「我々のようなロックミュージシャンが何ごとかを言えるのはジョンのおかげである」と語ったと報じている。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た乾侑美子

    マイケル・ホワイト著 乾侑美子訳『ジョン・レノン 』 偕成社(伝記 世界の作曲家12)1999年4月ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たブライアン・エプスタイン

    1961年12月、ジョン達は「マイ・ボニー」を買いに来た客からビートルズを知ったレコード店経営者たるブライアン・エプスタインとマネージメント契約を結び、これからロンドンのレコード会社へのビートルズの売り込みが始まった。1962年元日に、デッカ・レコードのオーディションを受けるが不合格。6月に、パーロフォンとレコーディング契約を結ぶ。8月16日にピートを解雇。以前から付き合いのあった、「ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ」のドラマーたるリンゴ・スターが8月18日に加入した。10月5日(金)「ザ・ビートルズ」としてレコード・デビューを果たした。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たゆず (音楽グループ)

    File:YAMAHA Dragon Guitar.jpg|ヤマハ・ドラゴンギターオノ・ヨーコが、ヤマハに特注したフォークギター。写真は、ジョンに影響を受けたゆずの北川悠仁が、ジョンと同じ仕様のものをヤマハにつくらせたもの。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

314件中 51 - 60件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード