284件中 71 - 80件表示
  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たニッキー・ホプキンス

    ジョンはビートルズ時代の1968年にソロ活動を開始し、翌69年から1976年に活動を休止するまでプラスティック・オノ・バンド(Plastic Ono Band)の名で作品を発表した。名称に若干の推移はあるが、このプラスティック・オノ・バンドはヨーコとのユニットで、メンバーは流動的だった。初期はベースにビートルズのデビュー以前からの知り合いだったクラウス・フォアマン、ドラムはアラン・ホワイトまたはジム・ケルトナー、ピアノはニッキー・ホプキンスが担当することが多かった。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たウィンストン・チャーチル

    結婚後間もなくジョンはミドルネームのWinston(イギリスの首相ウィンストン・チャーチルにちなんで名付けられた)からOnoへの変更を申し立てたが、変更は認められずパスポート、グリーンカードなどはJohn Winston Ono Lennonと表記された。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たキング・カーティス

    1971年6月、アルバム『イマジン』の制作を開始した(発表は10月)。ここではジョージ・ハリスン(ギター)、アラン・ホワイト(ドラム)、ジム・ケルトナー(ドラム)、キング・カーティス(サックス)らが参加した。米国1位、英国1位、日本1位(オリコン総合チャート)と大ヒットを記録した。9月、ジョンは活動の拠点をアメリカのニューヨークに移し、グリニッジ・ヴィレッジのアパートで暮らし始めた。ここで多くの反体制活動家やミュージシャンと知り合い、政治的活動に積極参加した。大麻所持で通常よりも重い10年間の禁固刑をうけた反体制活動家ジョン・シンクレアの救済コンサートへの出演、アッティカ刑務所の入所者家族のための慈善コンサート(ともに1971年12月)などが代表的なものである。ジョンは公式に特定政党を支持したことは一度もなかったが、「人々に力を、民衆に権力を」と左翼的なフレーズを立ててアメリカ国内でデモ行進をした。この時期のFBIによる監視については、ジョンの死後に関係者の訴訟により膨大な量の調査報告書が公開されている。この様な理由から、ジョンの大麻不法所持による逮捕歴を理由としたアメリカへの再入国禁止処分について再延長の手続をとり続けた。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た毛沢東

    1972年2月にTV番組「マイクダグラス・ショー」に出演し、チャック・ベリーと共演した。5月にワシントン・スクエアの教会で慈善コンサートに出演した。6月発表の次作『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』は(ニューヨークのローカル・バンドのエレファンツ・メモリーがバックをつとめた)、刑務所での暴動、人種問題や性差問題、北アイルランド紛争、アメリカ合衆国のグリーンカードについて歌われているだけでなく、アルバム・ジャケットは裸踊りをするリチャード・ニクソンと毛沢東の合成写真が使われた。1972年8月30日、ジョンはエレファンツ・メモリーと共に、精神発達遅滞児童を援助する2回の慈善コンサート「ワン・トウ・ワン」をニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行い、スティーヴィー・ワンダーとは「平和を我等に」を共演したほかビートルズ時代の「カム・トゥゲザー」を披露した。このコンサートのもようは『ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ』として1986年に発表された。9月に筋ジストロフィーの患者のためのテレビ番組に出演した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たブライアン・エプスタイン

    1961年12月ジョン達は「マイ・ボニー」を買いに来た客からビートルズを知ったレコード店経営者ブライアン・エプスタインとマネージメント契約を結び、これからロンドンのレコード会社へのビートルズの売り込みが始まった。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たリチャード・ニクソン

    1972年2月にTV番組「マイクダグラス・ショー」に出演し、チャック・ベリーと共演した。5月にワシントン・スクエアの教会で慈善コンサートに出演した。6月発表の次作『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』は(ニューヨークのローカル・バンドのエレファンツ・メモリーがバックをつとめた)、刑務所での暴動、人種問題や性差問題、北アイルランド紛争、アメリカ合衆国のグリーンカードについて歌われているだけでなく、アルバム・ジャケットは裸踊りをするリチャード・ニクソンと毛沢東の合成写真が使われた。1972年8月30日、ジョンはエレファンツ・メモリーと共に、精神発達遅滞児童を援助する2回の慈善コンサート「ワン・トウ・ワン」をニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行い、スティーヴィー・ワンダーとは「平和を我等に」を共演したほかビートルズ時代の「カム・トゥゲザー」を披露した。このコンサートのもようは『ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ』として1986年に発表された。9月に筋ジストロフィーの患者のためのテレビ番組に出演した。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たジュリアン・レノン

    シンシアとの間の長男・ジュリアン・レノンは1963年4月8日に誕生した。しかし、両親と生活したことのないジョンは、ジュリアンにどう接すればいいのか分からずに戸惑っていた「『どうしたらジュリアンが喜ぶか教えてくれないか?やり方が分からないんだ』とジョンに聞かれたことがある」とポールは語っている。ジュリアンも後に「ポールはかなり頻繁に遊んでくれたよ、父さんよりね。僕らはいい友人だった。その頃の僕とポールがいっしょに遊んでいる写真は、父さんとの写真よりもはるかに多い」と語っている。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たヘアスタイル

    1980年12月8日の午前中、自宅アパートのダコタ・ハウスでジョンはアニー・リーボヴィッツによる『ローリング・ストーン』掲載用写真のフォトセッションに臨んだ。11月に発売されたニューアルバム『ダブル・ファンタジー』では、整髪料をまったくつけないマッシュルームカットのヘアスタイルにトレードマークの眼鏡を外し、ビートルズ全盛期の頃のように若返った姿が話題を呼んだが、この日のジョンはさらに短く髪をカットし、グリースでリーゼント風に整え、眼鏡を外して撮影に臨んだ。その姿はデビュー前、ハンブルク時代を彷彿とさせるものであった(10月ごろには伯母ミミに電話で、「学生の頃のネクタイを出しておいてよ」と頼んでいる)。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たジョン・レノン・ミュージアム

    File:Gallotone Champion guitar body.jpg|ギャロトーン・チャンピオンジョンが最初に入手したギター(叔母のミミに買ってもらった)で、ポールとの出会いの場でも使われたギター。写真はジョンのものとほぼ同一の仕様だがテールピースの形状が異なる。現物はジョン・レノン・ミュージアムにて展示ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見たカップル

    彼らは多くのメディアから奇妙なカップルとして取り上げられる一方、反戦運動における重要人物としても見なされるようになった。このほかにも1969年以降は、ジョンはヨーコと共にプラスチック・オノ・バンドとしての活動やベトナム戦争に対する反対と平和を求める活動に参加した。イギリスがベトナム戦争の支持を表明したことで、大英帝国勲章を返却した。「バギズム」や「ドングリ・イベント」(ともに69年)などヨーコと共同で行ったパフォーマンス・アート、「ベッド・イン」(69年)や‘War Is Over(If You Want it)’(71年)の街頭広告を行った。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

284件中 71 - 80件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード