177件中 91 - 100件表示
  • 1960年ニューヨーク空中衝突事故

    1960年ニューヨーク空中衝突事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1960年12月16日、ニューヨーク上空で2機の旅客機が空中衝突した。1機はシカゴからニューヨーク・アイドルワイルド空港(現在のジョン・F・ケネディ国際空港)に向かっていたユナイテッド航空(以下UA)826便のDC-8-11(機体記号:N8013U、愛称:Mainliner Will Rogers)で乗員7名、乗客77名が搭乗していた。もう1機はデイトナを出発しオハイオ州コロンバスを経由してニューヨーク・ラガーディア空港に向かっていたトランスワールド航空(以下TWA)266便ロッキードL1094スーパーコンステレーション(機体記号:N6907C、愛称:Star of Sicily)で乗員5名と乗客39名が搭乗していた。1960年ニューヨーク空中衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空401便墜落事故

    イースタン航空401便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    予定フライトプラン:ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港(始点)→マイアミ国際空港(終点)イースタン航空401便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ウィルシャー

    スティーヴン・ウィルシャーから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2011年には記憶をもとにニューヨークをのパノラマで描くというプロジェクトを行っており、作品はジョン・F・ケネディ国際空港に巨大なビルボードとして展示された。これはスイスのUBS銀行による「われわれはこのままでは終わらない(We Will Not Rest )」をテーマにした国際的な広告キャンペーンの一環でもある。スティーヴン・ウィルシャー フレッシュアイペディアより)

  • ニューヘイブン (コネチカット州)

    ニューヘイブン (コネチカット州)から見たケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヘイブンの玄関口となる空港としては、ニューヘイブン湾の東岸にトゥウィード・ニューヘイブン空港があり、USエアウェイズの定期便がある。ただし空港の規模が小さく、ジェット機は2006年1月を最後に発着していない。ニューヘイブン市民がよく利用する空港は州都ハートフォードの北郊に位置するブラッドレー国際空港である。東海岸以外への便や国際線には、ニューヨークの3空港(ケネディ国際空港、ラガーディア空港、ニューアーク国際空港)がよく利用されている。これら3空港からは車か、一旦ペンシルベニア駅へ出て鉄道でニューヘイブンへ着くことができる。ニューヘイブン (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マルティ国際空港

    ホセ・マルティ国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    Sky King、Inc.(マイアミ、ニューヨークホセ・マルティ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • レオポール・セダール・サンゴール国際空港

    レオポール・セダール・サンゴール国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    南アフリカ航空(ヨハネスブルク、ニューヨークJFK、ワシントンD.C.)レオポール・セダール・サンゴール国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ツィマーマン

    クリスティアン・ツィマーマンから見たJFK国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2001年の9月11日より少しあと、カーネギー・ホールでリサイタルを開くために運んできた入念に調整されたピアノを、ニューヨークのJFK国際空港でアメリカの運輸保安庁によって没収され、破壊処分される事件があった。当局によれば、ピアノに使われている糊から爆発物のような臭いがしたという。クリスティアン・ツィマーマン フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周路線

    世界一周路線から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    一方、シンガポール航空はシンガポール - ニューヨーク(ニューアーク・リバティー国際空港)便とシンガポール - フランクフルト - ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ国際空港)便を別の便として運航しているが、これはニュージーランド航空と同様に同一便として運航されているものではない上、ニューヨークにおける発着空港が異なることもあり、世界一周路線とはならない。世界一周路線 フレッシュアイペディアより)

  • ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港

    ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    カルガリー、エドモントン、ロンドン (ヒースロー)、オタワ、モントリオール (トルドー)、トロント (ピアソン)、ボストン、ニューヨーク (ラガーディア)、ニューヨーク (ケネディ)、ニューアーク、シカゴ (オヘア)、シドニー、フランクフルト、ロンドン (ガトウィック)、サングスタ、アトランタ、レイキャヴィーク、デトロイト、バンクーバー、ワシントン (ダレス)、ハミルトン、バミューダ、カンクン、カヨココ、フォートマクマレー、オルギン、オーランド、プエルトプラタ、プンタ・カーナ、セントジョン、セントジョンズ、バラデロ、シャーロットタウン、ディアレイク、フレデリクトン、ガンダー、グースベイ、ラ・ロマーナ、セントピーターズバーグ/クリアウォーター。ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • PFLP旅客機同時ハイジャック事件

    PFLP旅客機同時ハイジャック事件から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1970年9月6日に、ヨーロッパの各都市からアメリカのニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に向かった西側諸国の航空会社の4機の旅客機(イスラエルのエル・アル航空機、アメリカのトランス・ワールド航空機、スイスのスイス航空機、アメリカのパンアメリカン航空機)が、1960年代後半より、西側諸国の旅客機に対するハイジャック事件や旅客機爆破事件を起こしていたパレスチナのPFLP率いる犯人グループに同時にハイジャックされた。PFLP旅客機同時ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード