242件中 111 - 120件表示
  • ノースアメリカン航空

    ノースアメリカン航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ノースアメリカン航空(英語:North American Airlines)は、ジョン・F・ケネディ国際空港を拠点とする、アメリカ合衆国の航空会社である。ノースアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領令13769号

    大統領令13769号から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    トランプ大統領が署名をした1月27日から1月29日までの期間で、375人がアメリカ合衆国への入国を拒否された。この大統領令は国際的に非難を浴び、ジョン・F・ケネディ国際空港など、米主要空港で抗議デモが相次いで発生した。アメリカ自由人権協会(ACLU)は、大統領令の施行を阻止するため、トランプ大統領を提訴した。大統領令13769号 フレッシュアイペディアより)

  • ビー・ムービー

    ビー・ムービーから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ハチの世界「ニュー・ハイブ・シティ」は、JFK空港トランスワールド航空ターミナルをイメージしたデザインになっている。ビー・ムービー フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・シティ空港

    ロンドン・シティ空港から見たJFK空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ブリティッシュ・エアウェイズは全席ビジネスクラス仕様のエアバスA318型機で、ニューヨーク(JFK空港)までのBA001便を2009年9月29日から運航(2011年1月現在、003便と合わせ週11便体制)。ロンドン・シティ発の往路では滑走路の長さが短いため、機体重量軽減のために搭載する燃油量を減らすことから、アイルランドのシャノン空港を経由して給油。シャノン空港では米国の入国・通関手続きを済ますことができるようにする。復路(002便・004便)は直行で運航している。ロンドン・シティ空港 フレッシュアイペディアより)

  • PAN AM/パンナム

    PAN AM/パンナムから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    主人公たちの拠点はニューヨーク、アイドルワイルド空港(現:ジョン・F・ケネディ国際空港)PAN AM/パンナム フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの建築

    フィンランドの建築から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    フィンランドの建築家、特にアルヴァ・アールトはフィンランド以外でも影響力を発揮した。ポルトガルの著名な建築家アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ、イギリスの建築家、アメリカの建築家リチャード・マイヤー、ロバート・ヴェンチューリ、スティーヴン・ホールはいずれもその作品がアールトの影響を受けたと表明している。中でもホールはアールトの建築の隣に自分の建築を建てる機会が2度あり、1回目はアールトのフィンランディア・ホールに建てられ、ヘルシンキ現代美術館のコンペにも優勝したキアズマ(1993年-1998年建築)で、2回目はマサチューセッツ工科大学のベイカー・ハウス(、1947年-1949年建築、アールト設計)の向こう側に建てられたシモンズ・ホール(、2002年建築)である。アールト以前ではエリエル・サーリネンが1922年のシカゴのコンペで2位を獲得したあと、1923年にアメリカに移住したことで外国への影響を発揮し始めた。彼はミシガン州のクランブルック美術アカデミーを設計した。彼の息子エーロ・サーリネンは「アメリカの世紀の建築家」()と呼ばれることも多く、フィンランド生まれだったもののアメリカで教育を受けて育ち、アメリカ国内で多くの建築を残した。例としてはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港でのやセントルイスのジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアルのなどがあるが、それぞれ背景や設計目的によってスタイルが違った。彼は自身の有名さを利用して設計を選択するときに自身の設計と似ているものを選ぶよう影響力を発揮したため、シドニー・オペラハウスのコンペでヨーン・ウツソンの設計が選ばれ、のコンペでの設計が選ばれた。ほかにもサイリル・マーダル(、原名キュリル・シヨストロム()、建築家の息子)がイングランドに移転した後、ととパートナーシップを組んで建築会社(YRM)を結成して成功を収めた。マーダルはフィンランドで学んだプリハブの木製家屋の専門家として、スティーブニッジとハーロウのニュータウンでの住宅建設に取り組み、また1958年にはロンドンのフィンランド・ルター派宣教教会の設計にも関与した。フィンランドの建築 フレッシュアイペディアより)

  • グッドフェローズ

    グッドフェローズから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジミー・バークを首謀者とした彼ら3人は共謀し、1968年に近傍のクイーンズ区・ジョン・F・ケネディ国際空港でエア・フランス現金強奪事件を成功させ、42万ドルを手に入れる。一味は1978年に同じくケネディ国際空港でルフトハンザ航空現金強奪事件を起こし、600万ドルと桁違いの成功を収めた。しかしこれが終わりの始まりとなった。バークとはデモシネは証拠物件の処分に失敗した人物を皮切りに、関わった人物を口封じの為次々と殺害していく。ヒルはルフトハンザには直接関わった訳ではないが、計画立案段階からの詳細を知る人物であった。またヒルはヴァリオの組織ではタブーとされていた麻薬密売に関わった事が発覚し、たった3,000ドルの退職金をもらい受けて「破門」状態となっていた。グッドフェローズ フレッシュアイペディアより)

  • スタンフォード (コネチカット州)

    スタンフォード (コネチカット州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    スタンフォードは玄関口となる空港を有さないが、ニューヨークの3空港を利用することができる。3空港のうち、国際線はジョン・F・ケネディ国際空港とニューアーク国際空港に発着する。前者はニューヨーク・クイーンズ区に位置する全米有数の大空港で、米系のみならず欧州系・アジア系を含む航空主要各社の路線が数多く発着する。一方、後者はニュージャージー州に位置するためスタンフォードからの距離は遠いが、アムトラック1本でアクセスが可能である。同空港をハブ空港にしているコンチネンタル航空はアムトラックとのコードシェアで、スタンフォードのアムトラック駅にZTFというコードを割り当てている。このほか、国内線はニューヨークのマンハッタン島とスタンフォードの両方に最も近いラガーディア空港からも利用することができる。スタンフォード (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • フェアフィールド郡 (コネチカット州)

    フェアフィールド郡 (コネチカット州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    郡内には、ストラットフォードのイーゴリ・I・シコルスキー記念空港とダンベリーのダンベリー市民空港という2つの地域空港がある。近隣にはブラッドレー国際空港、ジョン・F・ケネディ国際空港、ラガーディア空港、ニューアーク・リバティ国際空港、ツイード・ニューヘイブン地域空港、ウェストチェスター郡空港など大型の空港がある。フェアフィールド郡 (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • ノーウォーク (コネチカット州)

    ノーウォーク (コネチカット州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    市内には定期航空便が無いが、近くのニューヨーク市にはラガーディア空港やジョン・F・ケネディ国際空港がある。ニュージャージー州ニューアーク市のニューアーク・リバティー国際空港、ニューヨーク州ウエストチェスター郡のウェストチェスター郡空港、ニューヨーク州ニューバーグのスチュワート国際空港、コネチカット州ウィンザーロックスのブラッドレー国際空港(ハートフォード近く)も利用できる。一般用途空港としてはダンベリー市民空港、ストラットフォードのシコルスキー記念空港、ニューヘイブンのトゥィード・ニューヘイブン地域空港がある。ノーウォーク (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

242件中 111 - 120件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード