242件中 121 - 130件表示
  • グリニッジ (コネチカット州)

    グリニッジ (コネチカット州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ウェストチェスター郡空港が最も近い商業空港である。町の中心から車で15分の距離にある。ニューヨーク市クイーンズにあるラガーディア空港は車で35分である。ジョン・F・ケネディ国際空港は車で1時間の距離にあり、最も近い国際空港である。ニュージャージー州のニューアーク・リバティ国際空港も車で1時間の距離にある。グリニッジ (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • ニューアーク・リバティー国際空港

    ニューアーク・リバティー国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港、ラガーディア空港と共に、ニューヨーク市の玄関口の一つである。他の2空港がニューヨーク州にあるのに対して、ニューアーク国際空港はハドソン川を挟んだ対岸のニュージャージー州にあるものの、ニューヨーク市街地中心部に最も近い空港である。ニューヨーク都市圏で最初に開業した空港であり、また航空会社が支払う空港使用料が世界で2番目に高い空港である。ニューアーク・リバティー国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク港

    ニューヨーク港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社の港湾施設として、合衆国では最大の石油輸入量と2番目のコンテナ取扱量を誇っている。ニューヨーク港という言葉はニューヨーク市の港としての商業活動を示唆しているが、ニューヨーク市5区とニュージャージー州近郷都市の岸辺を含んでおり、1972年になって2州に跨る港湾公社の下に体系化された。1950年以降、ニューヨークとブルックリンの商業港は、近くのニューアーク湾にあるニューアーク・エリザベス港海上ターミナルのコンテナ船施設にほとんど完全にお株を奪われ、後者は東海岸で最大のコンテナ取り扱い港となっている。ニューヨーク港は旅客輸送でも重要性を失ってきたが、港湾公社はニューヨーク市(ラガーディア空港とジョン・F・ケネディ国際空港)とニュージャージー州(ニューアーク・リバティー国際空港)にある主要3空港を運営している。ニューヨーク市にはまだ幾つかの定期航路、通勤用フェリーおよび観光客用周遊船がある。ブルックリンのレッドフックに新しい旅客施設が最近開館した。フェリーは大半が私企業によって運営されているが、スタテンアイランド・フェリーはニューヨーク市運輸局が運航している。ニューヨーク港 フレッシュアイペディアより)

  • ハドソン郡 (ニュージャージー州)

    ハドソン郡 (ニュージャージー州)から見たジョン・F・ケネディ空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ空港 (JFK)、19マイル (31 km) 離れたクイーンズ区ジャマイカベイにあるハドソン郡 (ニュージャージー州) フレッシュアイペディアより)

  • テレンス・コンラン

    テレンス・コンランから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港の旧ブリティッシュエアウェイズ・ターミナル (現第7ターミナル) コンコルドラウンジテレンス・コンラン フレッシュアイペディアより)

  • TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜

    TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    JAL53便でニューヨーク・JFK空港に向かって飛んでいたが、アメリカ国内で飛行禁止措置が発令された為、日本に引き返すよう命令が下る。TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜 フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド航空

    アイスランド航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アンカレッジ、ボストン、シカゴ、デンバー、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク、ニューアーク、オーランド、フィラデルフィア、ポートランド、シアトル、タンパ、ワシントン、クリーブランド(2018.5.16就航予定)、ダラス(2018.5.30就航予定)アイスランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • 後方乱気流

    後方乱気流から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    後方乱気流が引き金となり大きな航空機事故が生じた例としては、アメリカン航空587便がある。2001年11月12日、ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港発アメリカン航空587便サントドミンゴ行き(エアバスA300)は、離陸直後に墜落、乗員乗客260人全員と地上の住民5人が死亡という、同空港最悪の事故(米国内でも最悪級の事故)となった。後方乱気流 フレッシュアイペディアより)

  • メットライフ・ビルディング

    メットライフ・ビルディングから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    このビルは、ジョン・F・ケネディ国際空港へのヘリコプターサービスでも知られ、屋上のヘリ発着場から7分で空港まで行くことができた。このサービスは1965年12月21日から1968年2月18日と、1977年の数か月の間のみ行われた。しかし、死者5人を出した事故が発生し、このサービスは終了した。1977年5月16日、故障した降着装置が原因で、まだローターの回転していたヘリコプターS-61が転覆し、ヘリを待っていた客4人が死亡。死者の中にはエクスプロイテーション映画製作者のマイケル・フィンドレイが含まれていた。さらに、ビルの周辺に飛んでいったローターの破片により、マディソン街と43番通りの角にいた歩行者1人が死亡した。このほかに2人が重傷を負った。メットライフ・ビルディング フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード コンステレーション

    ロッキード コンステレーションから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    開発期間の短縮へ民間モデルL-049のデモンストレーション試験機を改造し、製造行程の簡略化を行った。これにより懸案だった容積不足は解消したが、L-1049は北米大陸横断便では搭載人員に対するエンジンの出力不足は否めず、また大西洋横断路線便用のL-749は航続距離不足でトランスワールド航空のハブ空港であったニューヨークのアイドルワイルド国際空港からの大西洋無着陸飛行ができなかった(アイルランドのシャノンやカナダのガンダー、グース・ベイなどへ、燃料給油のための着陸が必要であった)。ロッキード コンステレーション フレッシュアイペディアより)

242件中 121 - 130件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード