242件中 11 - 20件表示
  • イズレール航空

    イズレール航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2004年にはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港へ進出し、2006年には米連邦航空局とイスラエル政府から定期便への移行の許可が与えられてニューヨーク線を開設しているが、燃料価格の高騰とアメリカ経済の減速による乗客の減少で2008年9月に休止する。イズレール航空 フレッシュアイペディアより)

  • ジェットブルー航空

    ジェットブルー航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    設立は1999年7月。2000年2月11日、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港 - フロリダ州フォートローダーデール・ハリウッド国際空港間に就航している。ジェットブルー航空 フレッシュアイペディアより)

  • パームデール

    パームデールから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    パームデールは「アメリカ合衆国の航空宇宙産業首都」を自称しており、スペースシャトル、X-15、B-2 スピリット、F-117 ナイトホーク、F-35 ライトニング II、SR-71 ブラックバード、ロッキード L-1011 トライスターなど、アメリカ空軍、NASAおよび世界中の空軍や航空会社で使用された航空機の研究、開発、最終組立て、飛行試験および整備修理の場所となってきた。これや航空宇宙産業のプロジェクトを遂行してきたアメリカ空軍プラント42は、ボーイング、ロッキード・マーティンとその有名なスカンクワークス、およびノースロップ・グラマンなどの会社が主要拠点にしている。ロサンゼルス・ワールド空港社がパームデール地域空港に近いプラント42の元ボーイング格納庫(元ノースアメリカン・ロックウェル)を所有しており、これは世界でも最大級の建物である。この格納庫は2004年の映画『ターミナル』の撮影に使われ、ジョン・F・ケネディ国際空港ターミナルの巨大な複製を登場させた。NASAの遠赤外線天文学成層圏天文台計画では、エドワーズ空軍基地からここのサイト9にある格納庫に拠点を移した。パームデール フレッシュアイペディアより)

  • ハブ空港

    ハブ空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    拠点空港や焦点空港のステータスは、各航空会社の事業戦略によって決まるものであり、必ずしも空港の規模や設備がこれを左右するものではない。例えば、成田国際空港は日本航空・全日本空輸の他にも、以遠権の行使で、アジアに広範な路線網を持つデルタ航空・ユナイテッド航空が拠点空港(航空会社ハブ空港)としている。一方、アメリカ有数の大空港であるジョン・F・ケネディ国際空港は、デルタ航空と新規参入のジェットブルー航空のみが拠点空港としているのみである。ハブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク

    ニューヨークから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    クイーンズは、最大の面積を持つ区であり、アメリカで最も多様な民族が住む地域である。近年の成長により、人口がブルックリンを追い越す可能性もある。古くは、オランダ人によって建設された小さな町や村の集まりであったが、今日では大部分に住宅が広がる中産階級の地域となっている。アフリカ系アメリカ人の年収の中央値(メディアン)は約5万2000ドルであり、白人よりも高いが、そのような地域は、アメリカ国内の大きな郡としてはここだけである。ニューヨーク・メッツの本拠地であるシティ・フィールドがあるほか、毎年、テニスの全米オープンが行われる。また、ニューヨーク都市圏の3大空港のうち二つ、ラガーディア空港とジョン・F・ケネディ国際空港がある。北西部のアストリア、ロングアイランドシティは近年マンハッタンからの移住者が多い。アーティスト、ミュージシャンも多数。PS1, Isamu Noguchi Museum, Kafman Studioなど芸術の色が強い。ニューヨーク フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・エアウェイズ

    ブリティッシュ・エアウェイズから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1976年にコンコルドが就航し、ロンドン・ヒースロー空港-ジョン・F・ケネディ国際空港で運行を開始することになった。他にも東京、シドニーなどいくつか就航地候補はあったが、騒音や上空通過国のソニックブーム問題もあり頓挫してしまった。ブリティッシュ・エアウェイズ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン航空587便墜落事故

    アメリカン航空587便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アメリカン航空587便墜落事故(アメリカンこうくう587びんついらくじこ)とは、2001年11月12日にアメリカン航空のエアバスA300がジョン・F・ケネディ国際空港を離陸直後に墜落した航空事故。事故原因は直前に離陸したボーイング747の後方乱気流に587便が遭遇した際、587便の副操縦士がラダーを過剰操作したことによって垂直尾翼がこれに耐えられず折損した為である。またこの操作は訓練にも問題があったとされる。アメリカン航空587便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アジア航空

    日本アジア航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2007年3月の運航スケジュール改正を期に機体経年化、人員構成削減などの理由で運航を終了した。JA8189号機は日本航空からの移籍機ではなく初めての新造機であり、最後まで日本航空塗装になることはなかった。主翼の取り付け方法(フェアリング) が747-400と同一となっており、車両の衝突防止の“I”字状のラインも引かれている。なお、日本航空経由での発注・受領のため、ボーイングのカスタマーコードは日本航空の「46」である。なお、この機材は本来の日台路線の他に本家JAL路線で香港直行の他にシンガポール線へも投入されていた。超長距離型JT9D-7R4G2エンジン搭載機材ながら機内コンフィギュレーションの都合上、ホノルル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク率いる太平洋路線と欧州路線には最後まで投入されなかった。2000年代に入ると、JA812J、JA813J、JA8177、JA8185と、元来国内線機材だったJA8183、JA8184、JA8186,JA8187が国際線転用などといった本家JAL機も充当される様になってきた。JAA機との差別もなくなり、後述の200B同様メンテナンスで補充のためにJAA路線でJAL機の投入が目立つようになった。日本アジア航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA380

    エアバスA380から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    就航地:ニューヨーク・ヨハネスブルグ・シンガポールエアバスA380 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田哲也 (気象学者)

    藤田哲也 (気象学者)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    また、1975年にジョン・F・ケネディ国際空港でイースタンエアライン66便が着陸直前に墜落した際、当初この事故はパイロットの操縦ミスが原因であるとの結論が出た。しかし、それに納得のいかなかった航空会社が藤田に事故原因の再調査を依頼した。これに関して藤田は、空港付近でごく短い時間に強い下降気流が発生したことを突き止め、その発生プロセスを解明し、旅客機の墜落はこのダウンバースト(下降噴流)に起因すると指摘した。その後、ダウンバーストはドップラー・レーダーを使用することで、事前にある程度の予測が可能であることを立証し、世界各地の空港にドップラー・レーダーが配備されるようになった。藤田哲也 (気象学者) フレッシュアイペディアより)

242件中 11 - 20件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード