177件中 11 - 20件表示
  • パームデール

    パームデールから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    パームデールは「アメリカ合衆国の航空宇宙産業首都」を自称しており、スペースシャトル、X-15、B-2 スピリット、F-117 ナイトホーク、F-35 ライトニング II、SR-71 ブラックバード、ロッキード L-1011 トライスターなど、アメリカ空軍、NASAおよび世界中の空軍や航空会社で使用された航空機の研究、開発、最終組立て、飛行試験および整備修理の場所となってきた。これや航空宇宙産業のプロジェクトを遂行してきたアメリカ空軍プラント42は、ボーイング、ロッキード・マーティンとその有名なスカンクワークス、およびノースロップ・グラマンなどの会社が主要拠点にしている。ロサンゼルス・ワールド空港社がパームデール地域空港に近いプラント42の元ボーイング格納庫(元ノースアメリカン・ロックウェル)を所有しており、これは世界でも最大級の建物である。この格納庫は2004年の映画『ターミナル』の撮影に使われ、ジョン・F・ケネディ国際空港ターミナルの巨大な複製を登場させた。NASAの遠赤外線天文学成層圏天文台計画では、エドワーズ空軍基地からここのサイト9にある格納庫に拠点を移した。パームデール フレッシュアイペディアより)

  • ロングアイランド

    ロングアイランドから見たJFK国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨーク都市圏の空の玄関であるJFK国際空港と国内線向けラガーディア空港は10回の航空機災害を経験しており、そのうち3機はナッソーとサフォークに墜落している。1965年、イースタン航空663便は離陸直後にジョーンズビーチに墜落。1990年、アビアンカ航空52便はコーヴネックに墜落、73人の命を奪った。1996年、トランスワールド航空800便は空中爆発、分解しイーストモリッチーズ沿岸に落下。テロとも疑われたこの事故で230人の乗客が亡くなり、サフォーク郡ファイアーアイランドのスミスポイント郡立公園には追悼碑が建てられている。ロングアイランド フレッシュアイペディアより)

  • 羽田空港発着枠

    羽田空港発着枠から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    国土交通省は、2007年に、昼間時間帯の発着枠のうち、年間3万回を近距離国際線に割り当てるとしていた。これは、将来の国内航空需要に対応した発着枠を確保した後の、余裕枠を活用したものである。また、深夜早朝時間帯はシンガポール、パリ、ニューヨークなどの、アジア長距離便、および欧米便の就航も可能とした。。これに対応するため、新国際線ターミナルを整備し、2010年に開業させた。羽田空港発着枠 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク

    ニューヨークから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    クイーンズは、最大の面積を持つ区であり、アメリカで最も多様な民族が住む地域である。近年の成長により、人口がブルックリンを追い越す可能性もある。古くは、オランダ人によって建設された小さな町や村の集まりであったが、今日では大部分に住宅が広がる中産階級の地域となっている。アフリカ系アメリカ人の年収の中央値(メディアン)は約5万2000ドルであり、白人よりも高いが、そのような地域は、アメリカ国内の大きな郡としてはここだけである。ニューヨーク・メッツの本拠地であるシティ・フィールドがあるほか、毎年、テニスの全米オープンが行われる。また、ニューヨーク都市圏の3大空港のうち二つ、ラガーディア空港とジョン・F・ケネディ国際空港がある(三つ目はニュージャージー州ニューアークのニューアーク・リバティー国際空港である)。北西部のアストリア、ロングアイランドシテーは近年マンハッタンからの移住者が多い。アーティスト、ミュージシャンも多数。PS1, Isamu Noguchi Museum, Kafman Studioなど芸術の色が強い。ニューヨーク フレッシュアイペディアより)

  • 藤田哲也 (気象学者)

    藤田哲也 (気象学者)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    また、1975年にジョン・F・ケネディ国際空港でイースタンエアライン66便が着陸直前に墜落した際、当初この事故はパイロットの操縦ミスが原因であるとの結論が出た。しかし、それに納得のいかなかった航空会社が藤田に事故原因の再調査を依頼した。これに関して藤田は、空港付近でごく短い時間に強い下降気流が発生したことを突き止め、その発生プロセスを解明し、旅客機の墜落はこのダウンバースト(下降噴流)に起因すると指摘した。その後、ダウンバーストはドップラー・レーダーを使用することで、事前にある程度の予測が可能であることを立証し、世界各地の空港にドップラー・レーダーが配備されるようになった。藤田哲也 (気象学者) フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2006年 3月にアメリカ・ニューヨーク、ジョン・F・ケネディ国際空港にて大金を没収される。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • ハブ空港

    ハブ空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    一方、アメリカ有数の大空港であるジョン・F・ケネディ国際空港はデルタ航空と新規参入のジェットブルー航空がハブ空港としているのみで、アメリカン航空はこれを準ハブ空港の1つと位置付けているのみである。これは、東海岸に位置するケネディ空港はカリブ海路線や大西洋路線が充実したデルタ航空やアメリカ東部一帯に路線網が偏るジェットブルー航空にとってはハブ空港として機能するものの、北米全土に広範な路線網を持つアメリカン航空にとっては逆に不便で、もっと内陸部にハブ空港を置いた方がより効率的なためである。ハブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA380

    エアバスA380から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    就航地:ニューヨーク・ヨハネスブルグ・シンガポール・東京/成田エアバスA380 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空

    パンアメリカン航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    その後1958年秋にボーイング707の初号機の引き渡しを受け、大西洋横断路線における最大のライバルである英国海外航空による、DH.106 コメットの最新型であるコメット?の就航に遅れることわずか1カ月程度の同年10月26日にニューヨーク-パリに就航させたことを皮切りに、世界一周路線を含む世界各地への路線へ就航させた。またその翌年にはダグラスDC-8型機も就航させ、同じく国内幹線や世界各地の路線へ就航させた。パンアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 関西国際空港

    関西国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    中国を含めたアジア方面の路線が充実しており、2007年夏ダイヤにおいては、香港を除く中国路線は253便、中国を含む東アジアおよび東南アジア方面へは458便であった。一方で北米路線は他方面に比べ少なく、日系航空会社による北米線は休止されている。2006年から2007年にかけ、日本航空のロサンゼルス線・アメリカン航空のダラスフォートワース線、ユナイテッド航空のシカゴ線と北米便の運休が相次いだほか、2008年に就航した台湾のエバー航空の台北発の当空港経由ロサンゼルス線(週3便)は、翌年に運休。2008年冬ダイヤから就航予定だったタイ国際航空のバンコク発当空港経由ロサンゼルス線は、アメリカを中心とする世界経済の不安定化を懸念し、急遽延期となった。しかしその後、2010年6月にデルタ航空が2001年10月のノースウエスト航空運休以来約9年ぶりにシアトル線を再開、さらに、2011年4月からは当空港としては開港以来初となる東海岸直行便であるニューヨーク/JFK線がチャイナエアラインにより就航開始された。また、既存便においても2012年冬季ダイヤで例年冬季減便を行っていたユナイテッド航空のサンフランシスコ線が夏季同様の1日1便運航となり、デルタ航空のシアトル線が2013年5月21日から1日1便になるなど、低迷を極めていた北米線の復調傾向が見られるようになった。関西国際空港 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード