242件中 31 - 40件表示
  • グランド・フィナーレ (フレンズ)

    グランド・フィナーレ (フレンズ)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョーイはアヒルの子とヒヨコをチャンドラーとモニカにプレゼントするために自室に戻るが、見当たらず、そしてフーズボール台の中に隠れていることに気づく。チャンドラーとジョーイは鳥を出すためにフーズボール台を壊すことに決めたが、台に愛着があった2人はにはできず、結局モニカが壊した。鳥が救出された後、チャンドラーはジョーイに自分で飼うように勧める。一方フィービーの無謀な運転の末、ロスと彼女はJFK空港に到着し、チケットを購入するが、掲示板にはレイチェルが乗るはずの旅客機が見当たらない。彼らはモニカに電話して便名をチェックしてもらうが、レイチェルが発つのはニューアーク空港からであり、間違っていたことを知る。ニューアーク空港への移動中、フィービーはレイチェルを引き止めるために電話で飛行機の「左のフィランジ」に問題があると嘘の警告をする。レイチェルは無視しようとしたが、隣に座っていた男(ジム・ラッシュ)がその話を聞いて騒ぎ、他の客たちも機内から降り始める。グランド・フィナーレ (フレンズ) フレッシュアイペディアより)

  • 「i and i」after Bob Marley 21,000miles

    「i and i」after Bob Marley 21,000milesから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1979年、ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港から収録された100時間以上の映像をもとに、ボブ・マーリー亡き後、世界中に種蒔かれたレゲエ・ミュージックとラスタファリ運動を映し出す。「i and i」after Bob Marley 21,000miles フレッシュアイペディアより)

  • アレスター・ベッド

    アレスター・ベッドから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1999年にニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に初めて設置されて以来、3件のオーバーランを防いだ実績がある。しかし、導入はあまり進んでいない。アレスター・ベッド フレッシュアイペディアより)

  • 南十字航路

    南十字航路から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    かつては路線の種類も多岐に渡った。エア・タヒチ・ヌイではタヒチからニューヨーク・JFK経由でパリへ向かう便を運航していた事もあるが、短命に終わった。カンタスでもカンガルー航路と並行して南十字航路を展開していた時期があったが、1970年代に大西洋区間を部分廃止し、現在、西半球周りは全便北米止まりとなっている。南十字航路 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド航空5055便墜落事故

    ポーランド航空5055便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    事故機は午前10時18分にワルシャワ・フレデリック・ショパン空港を離陸、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港へ向かった。10時41分、高度8200メートルでエンジン火災を起こした。パイロットは異常を感じ緊急降下、最寄のグダニスク空港に向かおうとしたがII-62の着陸には最大107トン以内でなければならず、離陸時に167トンの航空燃料を積載した同機は10時41分までのに6トンしか燃料を消費していなかったため、機はワルシャワに向かった。エンジンから荷物室に燃え広がった火災は最後の数分には客室まで拡がったと見られている。パイロットはいったんは軍用飛行場であるに向かおうとしたが機体火災への対処や医療機器の充実しているワルシャワ空港へ飛び続けた。機体火災は急速に広がっていた。当時の軍人の間には、旅客機が軍用飛行場に緊急着陸してはいけないと信じられており、公式報告書によればモドリン空港は緊急着陸許可の要請を拒否したとしている。ポーランド航空5055便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン・マンレー国際空港

    ノーマン・マンレー国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    エア・ジャマイカ(アトランタ、ボルチモア、ブリッジタウン、フォートローダーデール、グランドケイマン、セントジョージズ、ハバナ、マイアミ、モンテゴベイ、ナッソー、ニューヨーク、オーランド、フィラデルフィア、ビュー・フォート、トロント)ノーマン・マンレー国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ポラリス (X-メン)

    ポラリス (X-メン)から見たケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ローナはシーア帝国のデザインである、以前の彼女のコスチュームを受け取った。このとき、彼女の精神は、エリック・ザ・レッドとして知られるシーア帝国のエージェント、デバン・シャカリの支配を受けるようになった。X-メン#97(1976年)において、彼はローナに新たなコードネーム、ポラリスを与えた。当時シャカリは、現在追放されているシーア銀河系の皇帝ディケンに仕えていた。これはディケンの妹リランドラの治世よりも前の出来事である。シャカリはアレックス・サマーズとローナを誘拐し、彼らを強力なマインドコントロールの力で服従させた。二人はX-メンに対して敵意を抱き、エグゼビアを暗殺しようとした。この激しい戦いはケネディ国際空港で、X-メンと戦うローナとアレックスによって起こった。ポラリスはストームによって破られたが、シャカリは彼女とアレックスを連れて逃げることができた。のちに、チャールズ・エグゼビアはシャカリによるマインドコントロールから彼女を自由にした。ポラリス (X-メン) フレッシュアイペディアより)

  • エアトレインJFK

    エアトレインJFKから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    エアトレインJFK(英語:AirTrain JFK)は、ジョン・F・ケネディ国際空港へのアクセスを担うニューヨーク市の新交通システム・高架鉄道である。3路線あり、長さはである。このシステムの運営はボンバルディア・トランスポーテーションが空港管理者のニューヨーク・ニュージャージー港湾公社から委託されて行っている。なおボンバルディア・トランスポーテーションはエアトレイン・ニューアーク (AirTrain Newark) の運営も行っている。エアトレインJFK フレッシュアイペディアより)

  • ロウアー・マンハッタン-ジャマイカ/JFK・トランスポーテーション・プロジェクト

    ロウアー・マンハッタン-ジャマイカ/JFK・トランスポーテーション・プロジェクトから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ロウアー・マンハッタン-ジャマイカ/JFK・トランスポーテーション・プロジェクト(Lower Manhattan ? Jamaica / JFK Transportation Project)はニューヨーク市が計画している公共事業プロジェクトで、ロングアイランド鉄道と新設するイースト川渡河トンネルを経由して、ワールド・トレード・センター・トランスポーテーション・ハブそばに建設する新駅と ジョン・F・ケネディ国際空港およびジャマイカ駅を結ぶ計画である。これにより、JFK空港とロウアー・マンハッタンが乗換なしの36分間で結ばれることになり、ロングアイランドからの所要時間も最大40%削減される。また、マンハッタン区内のIRTブロードウェイ-7番街線(2系統・3系統)やIRTレキシントン・アベニュー線(4系統・5系統)、IND8番街線(A系統・C系統)および(N系統・R系統)の混雑緩和も期待されている。ロウアー・マンハッタン-ジャマイカ/JFK・トランスポーテーション・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • イラン航空の就航都市

    イラン航空の就航都市から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ国際空港)1979年イスラム革命により中止。現在でも国連関連の乗り入れがあるが、経済制裁解除が発表されたこともあって定期路線の再開が現在検討されている。イラン航空の就航都市 フレッシュアイペディアより)

242件中 31 - 40件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード