177件中 41 - 50件表示
  • ノースアメリカン航空

    ノースアメリカン航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ノースアメリカン航空(英語:North American Airlines)は、ジョン・F・ケネディ国際空港を拠点とする、アメリカ合衆国の航空会社である。ノースアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • クィーン・ベアトリクス国際空港

    クィーン・ベアトリクス国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アメリカン航空(ボストン1、マイアミ、ニューヨーク(JFK)クィーン・ベアトリクス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド航空5055便墜落事故

    ポーランド航空5055便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    事故機は午前10:18にワルシャワ・フレデリック・ショパン空港を離陸、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港へ向かった。10時41分、高度8200メートルでエンジン火災を起こした。パイロットは異常を感じ緊急降下、最寄のに向かおうとしたがII-62の着陸には最大107トン以内でなければならず、離陸時に167トンの航空燃料を積載した同機は10時41分までのに6トンしか燃料を消費していなかったため、機はワルシャワに向かった。エンジンから荷物室に燃え広がった火災は最後の数分には客室まで拡がったと見られている。パイロットはいったんは軍用飛行場であるに向かおうとしたが機体火災への対処や医療機器の充実しているワルシャワ空港へ飛び続けた。機体火災は急速に広がっていた。当時の軍人の間には旅客機が軍用飛行場に緊急着陸してはいけないと信じられており公式報告書によればモドリン空港は緊急着陸許可の要請を拒否したとしている。ポーランド航空5055便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ポラリス (X-メン)

    ポラリス (X-メン)から見たケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ローナはシーア帝国のデザインである、以前の彼女のコスチュームを受け取った。このとき、彼女の精神は、エリック・ザ・レッドとして知られるシーア帝国のエージェント、デバン・シャカリの支配を受けるようになった。X-メン#97(1976年)において、彼はローナに新たなコードネーム、ポラリスを与えた。当時シャカリは、現在追放されているシーア銀河系の皇帝ディケンに仕えていた。これはディケンの妹リランドラの治世よりも前の出来事である。シャカリはアレックス・サマーズとローナを誘拐し、彼らを強力なマインドコントロールの力で服従させた。二人はX-メンに対して敵意を抱き、エグゼビアを暗殺しようとした。この激しい戦いはケネディ国際空港で、X-メンと戦うローナとアレックスによって起こった。ポラリスはストームによって破られたが、シャカリは彼女とアレックスを連れて逃げることができた。のちに、チャールズ・エグゼビアはシャカリによるマインドコントロールから彼女を自由にした。ポラリス (X-メン) フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (映画)

    ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (映画)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    本作品とアルバムの成功で始まった初のアメリカツアーのために、ケネディ空港に降り立った彼らをひと目見ようと押しかけたファンの数は、現在でも同空港に押し寄せた見物客の最高記録を誇っているという。ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 「i and i」after Bob Marley 21,000miles

    「i and i」after Bob Marley 21,000milesから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1979年、ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港から収録された100時間以上の映像をもとに、ボブ・マーリー亡き後、世界中に種蒔かれたレゲエ・ミュージックとラスタファリ運動を映し出す。「i and i」after Bob Marley 21,000miles フレッシュアイペディアより)

  • アビアンカ航空52便墜落事故

    アビアンカ航空52便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1990年1月25日にアビアンカ航空52便は、乗員9人と乗客149人を乗せ、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港 (JFK) に向けて、メデジンのホセ・マリア・コルドバ国際空港を離陸した。なお、出発地はボゴタのエルドラド国際空港であった。アビアンカ航空52便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 後方乱気流

    後方乱気流から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    後方乱気流が引き金となり大きな航空機事故が生じた例としては、アメリカン航空587便がある。2001年11月12日、ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港発アメリカン航空587便サントドミンゴ行き(エアバスA300)は、離陸直後に墜落、乗員乗客260人全員と地上の住民5人が死亡という、同空港最悪の事故(米国内でも最悪級の事故)となった。後方乱気流 フレッシュアイペディアより)

  • ポートランド国際ジェットポート

    ポートランド国際ジェットポートから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    オーランド、ニューアーク、アトランタ、シンシナティ、ニューヨーク(JFK)、ニューヨーク(ラガーディア)、デトロイト、ミネアポリス、ワシントン(ダレス)、ワシントン(ナショナル)、シカゴ(オヘア)、フィラデルフィア、シャーロット、ワシントンD.C.(ボルチモア・ナショナル)ポートランド国際ジェットポート フレッシュアイペディアより)

  • アロー航空

    アロー航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    また、1970年代から1986年にかけて定期旅客便も運航していた。機材にはロッキード L-1011 トライスターやマクドネルダグラスDC-10、DC-8などを使用し、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港およびプエルトリコのルイス・ムニョス・マリン国際空港を拠点として運航していたが1986年には運航を停止し、以降は貨物便専門の会社に戻った。アロー航空 フレッシュアイペディアより)

177件中 41 - 50件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード