242件中 51 - 60件表示
  • エクストリミス

    エクストリミスから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    テキサス州オースティンのフューチャーファーム・コーポレーションのオフィスでエルドリッチ・キリアン博士は遺書を残して拳銃自殺した。遺書を読んだ同僚のマヤ・ハンセンによると、キリアンは同社が開発した新薬「エクストリミス」を盗み、何者かに渡していたのだった。ハンセンはかつての友人のスタークに電話をかけ、ニューヨーク上空を飛行中だった彼はJFK空港にスーツを格納して飛行機でテキサスへ向かった。エクストリミス フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周路線

    世界一周路線から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    一方、シンガポール航空はシンガポール - ニューヨーク(ニューアーク・リバティー国際空港)便とシンガポール - フランクフルト - ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ国際空港)便を別の便として運航していたが、これはニュージーランド航空と同様に同一便として運航されているものではない上、ニューヨークにおける発着空港が異なることもあり、世界一周路線ではなかった。なお、2013年にはシンガポール - ニューヨーク(ニューアーク)便が廃止された。世界一周路線 フレッシュアイペディアより)

  • ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港

    ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    カルガリー、エドモントン、ロンドン (ヒースロー)、オタワ、モントリオール (トルドー)、トロント (ピアソン)、ボストン、ニューヨーク (ラガーディア)、ニューヨーク (ケネディ)、ニューアーク、シカゴ (オヘア)、シドニー、フランクフルト、ロンドン (ガトウィック)、サングスタ、アトランタ、レイキャヴィーク、デトロイト、バンクーバー、ワシントン (ダレス)、ハミルトン、バミューダ、カンクン、カヨココ、フォートマクマレー、オルギン、オーランド、プエルトプラタ、プンタ・カーナ、セントジョン、セントジョンズ、バラデロ、シャーロットタウン、ディアレイク、フレデリクトン、ガンダー、グースベイ、ラ・ロマーナ、セントピーターズバーグ/クリアウォーター。ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • T・F・グリーン空港

    T・F・グリーン空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    デルタ・コネクション(コムエアー運航): シンシナティ・ノーザンケンタッキー, ニューヨーク・JFKT・F・グリーン空港 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・クック航空

    トーマス・クック航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨーク - ジョン・F・ケネディ国際空港 (2015年5月5日就航)トーマス・クック航空 フレッシュアイペディアより)

  • エグゼクティブ・エクスプレス

    エグゼクティブ・エクスプレスから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    JALでは初めて東京(新東京国際空港) - ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ国際空港)間11280kmを直行できるようになった機材である。エグゼクティブ・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・ローチ

    ケヴィン・ローチから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アイルランド国立大学のユニバーシティ・カレッジ・ダブリンを卒業したローチは、1948年アイルランドを去りアメリカ合衆国に移民した。イリノイ工科大学に入学しミース・ファン・デル・ローエの下で学んだが、学費が足らず中退。国連本部設計のドラフトマンの職を得て働いた後、同僚の口利きによりエーロ・サーリネンの下で働いた。サーリネンが1961年に没すると、ローチはサーリネンが未完成のまま残した10個の大プロジェクトを完成させる。その中にはサーリネンの代表作であるセントルイスのゲートウェイ・アーチ、ジョン・F・ケネディ国際空港にある表現主義的なTWAターミナルビル、ワシントン・ダレス国際空港、厳密なモダニズム建築であるモーリン (イリノイ州)のディア・アンド・カンパニー本社ビル、ニューヨーク市のCBS本社ビルなどがある。ケヴィン・ローチ フレッシュアイペディアより)

  • O・R・タンボ国際空港

    O・R・タンボ国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    デルタ航空はアメリカ合衆国ジョージア州のアトランタ国際空港と当空港(ダカール経由)との間で2006年12月4日より就航を開始しているが、2009年6月2日からBoeing777-200LRを投入し、直行便に切り替えた。デルタ航空はアメリカ合衆国のメジャーな航空会社では唯一南アフリカ路線に就航している。南アフリカ航空はワシントン・ダレス国際空港とジョン・F・ケネディ国際空港との間に既に毎日就航している。日本との間では南アフリカ航空が以前は関西国際空港までバンコク経由で乗り入れていたが、現在は運休中である。2007年4月22日より香港乗り継ぎで全日空とコードシェアを開始した。香港発がNH6665/SA287便、ヨハネスブルグ発がNH6666/SA286便で、毎日運航している。O・R・タンボ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ウエストランド 30

    ウエストランド 30から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アメリカ合衆国ではエアスパー・ヘリコプターズ社が4機のウエストランド 30をリースで購入し1983年5月9日からロスアンジェルス地区で定期旅客輸送を開始した。オムニフライト・ヘリコプター社はパンアメリカン航空の代行でジョン・F・ケネディ国際空港とマンハッタン中心部とを結ぶ路線を運行していたが1988年2月1日に運行を停止し、機材はウエストランド社に返還された。最終的に機体はウェストン・スーパー・メア(Weston-Super-Mare) にあるヘリコプター博物館に所蔵された。ウエストランド 30 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    (国際化完了) 東京国際空港(羽田空港)(東京都大田区)に、アメリカン航空 ニューヨーク線、デルタ航空 デトロイト線、ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン線、21日未明にデルタ航空 ロサンゼルス線の就航開始により昨年10月から始まった本格的な国際化がほぼ完了。今回の4路線の開設により世界の17の都市(空港)と直行便で結ばれた。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

242件中 51 - 60件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード