177件中 51 - 60件表示
  • ドイッチュラント (客船・4代)

    ドイッチュラント (客船・4代)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2000年7月25日、ペーター・デイルマン社が計画した南米への11日間のツアーでは、コンコルド一機をチャーターし、ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港を経由して当時アメリカに停泊中のドイッチュラントに移動させるつもりであるが、該当コンコルドが墜落したため(コンコルド墜落事故)、ドイッチュラントへの搭乘を予定した乗客全員が犠牲となった。ドイッチュラント (客船・4代) フレッシュアイペディアより)

  • 北原みのり

    北原みのりから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アメリカ同時多発テロ事件の10年後の2011年9月11日のツィートで、「1983年の大韓航空機撃墜事件で叔母と従姉妹を亡くした」と述べている。この飛行機はニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港を出発し、アンカレジ経由で韓国のソウル金浦国際空港に着く便であったが、同ツイートで「旅先に、または故郷へ向かう人たちが、何かの力で一瞬に殺される。繰り返される理不尽を呪いました」と続けている。北原みのり フレッシュアイペディアより)

  • 1965年ニューヨーク空中衝突事故

    1965年ニューヨーク空中衝突事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1965年12月4日、イースタン航空853便はロッキード1049Cスーパーコンステレーション(機体記号:N6218C)で運航されており、ボストンからニューアークに向かっていた。853便はニューヨーク上空を高度10000フィート(約3000m)で飛行していた。この時トランスワールド航空42便のボーイング707(機体記号:N748TW)もニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に着陸するため高度11000フィート(約3300m)を飛行していた。ともに計器飛行方式で飛んでいた上に高度差が1000フィート(約300m)あったため、衝突する危険性は全く無かった。1965年ニューヨーク空中衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空66便着陸失敗事故

    イースタン航空66便着陸失敗事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1975年6月24日、イースタン航空66便はルイジアナ州ニューオーリンズを出発し、目的地のニューヨークまで目前であった。ジョン・F・ケネディ国際空港の22L滑走路に着陸すべく最終アプローチ中であったが、直前に着陸した航空機は雷雨を通過した際にダウンバーストに遭遇したが、なんとか着陸していた。なかには墜落寸前の危険な目にあったイースタン航空のトライスターもあった。しかし地上の管制塔ではそのような強い風は観測されていなかったことから、滑走路を閉鎖する措置は講じなかった。イースタン航空66便着陸失敗事故 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・リスト事件

    ジョン・リスト事件から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョンの乗用車はニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で発見され、母親の銀行口座から現金を引き出しており、遠くに逃亡したのは確実であった。全米に指名手配されたほかジョンはドイツ語が堪能(ジョンはドイツ系アメリカ人であった)であったため、国外にも手配されたが長年にわたり身柄を拘束することができなかった。なお惨劇の舞台となった彼の家は1972年8月30日に不審火で焼失した。ジョン・リスト事件 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・シティ空港

    ロンドン・シティ空港から見たJFK空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ブリティッシュ・エアウェイズは全席ビジネスクラス仕様のエアバスA318型機で、ニューヨーク(JFK空港)までのBA001便を2009年9月29日から運航(2011年1月現在、003便と合わせ週11便体制)。ロンドン・シティ発の往路では滑走路の長さが短いため、機体重量軽減のために搭載する燃油量を減らすことから、アイルランドのシャノン空港を経由して給油。シャノン空港では米国の入国・通関手続きを済ますことができるようにする。復路(002便・004便)は直行で運航している。ロンドン・シティ空港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空サンフランシスコ湾着水事故

    日本航空サンフランシスコ湾着水事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1968年11月22日、日本航空002便は東京・羽田空港を出発し、サンフランシスコを経由してニューヨークに向かう飛行計画であった。002便はDC-8-62(機体記号:JA8032、愛称:志賀 "SHIGA")で運航していた。当機には乗員11名と乗客96名(うち日本人40名)が搭乗していた。日本航空サンフランシスコ湾着水事故 フレッシュアイペディアより)

  • トランスワールド航空903便墜落事故

    トランスワールド航空903便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1950年8月30日。トランス・ワールド航空903便はインドのボンベイを出発し、ニューヨークのアイドルワイルド国際空港に向かう定期国際線であった。当日はレシプロ旅客機ロッキード・L749Aの愛称「スター・オフ・メリーランド」(機体記号:N6004C)で運航されていた。トランスワールド航空903便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ポケモンジェット

    ポケモンジェットから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1999年2月24日の東京(成田) - ニューヨーク間で国際線に初就航。機体側面の社名表記が「全日空」ではなく英語表記の「All Nippon Airways」で、垂直尾翼が通常塗装(「ANA」ロゴ)である点が初代のポケモンジェットと異なる。唯一の国際線用ポケモンジェットである。ポケモンジェット フレッシュアイペディアより)

  • クイーンズ区

    クイーンズ区から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    クイーンズ区(Queens、)は、ニューヨーク市に置かれた行政上の5つの区(ブロンクス区、ブルックリン区、マンハッタン区、クイーンズ区、スタテンアイランド区)の1つ。5つの中で、最も大きな行政区である。数多くの移民の居住地となっており、JFK国際空港とラガーディア空港も、この行政区にある。クイーンズ区 フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード