242件中 61 - 70件表示
  • ドイッチュラント (客船・4代)

    ドイッチュラント (客船・4代)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2000年7月25日、ペーター・デイルマン社が計画した南米への11日間のツアーでは、コンコルド一機をチャーターし、ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港を経由して当時アメリカに停泊中のドイッチュラントに移動させるつもりであるが、該当コンコルドが墜落したため(コンコルド墜落事故)、ドイッチュラントへの搭乗を予定した乗客全員が犠牲となった。ドイッチュラント (客船・4代) フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ルッケーゼ

    トーマス・ルッケーゼから見たJFK空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1930年代初期、ユダヤ系ギャングのレプケ・バカルターらと共にマンハッタンのガーメント地区を支配し、高利貸し事業を展開した。1940年代には運輸業界へ足場を広げ、JFK空港などの空港貨物の横流しを仕切った。ニュージャージーではガリアーノから引き継いだ縄張りを、賭博や麻薬などを通じて支配した(The Jersey Crew)。政界とのコネが役立ち、1943年アメリカ市民権を獲得した。1946年12月、全米ギャングの大集会ハバナ会議に参加した。トーマス・ルッケーゼ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ウィルシャー

    スティーヴン・ウィルシャーから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2011年には記憶をもとにニューヨークをのパノラマで描くというプロジェクトを行っており、作品はジョン・F・ケネディ国際空港に巨大なビルボードとして展示された。これはスイスのUBS銀行による「われわれはこのままでは終わらない(We Will Not Rest )」をテーマにした国際的な広告キャンペーンの一環でもある。スティーヴン・ウィルシャー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・リスト事件

    ジョン・リスト事件から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョンの乗用車はニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で発見され、母親の銀行口座から現金を引き出しており、遠くに逃亡したのは確実であった。全米に指名手配された他、ジョンはドイツ語が堪能であったため、国外にも手配されたが長年にわたり身柄を拘束することができなかった。なお惨劇の舞台となった彼の家は1972年8月30日に不審火で焼失した。ジョン・リスト事件 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小枝のかんくう発 59時間世界一周に挑戦

    桂小枝のかんくう発 59時間世界一周に挑戦から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    全ての空港をトランジットのみで通過するという0泊4日の世界一周旅行。最も短い乗り継ぎはわずか2時間という綱渡りの中で、桂小枝と一行はその目的であるギネス記録を目指す珍道中。ロケは桂小枝とディレクター兼カメラマン・武藤良博(関西テレビ)、そして通訳兼撮影助手として旅行代理店社長・新藤博の3人がドタバタの珍道中。カナダからニューヨークは航空行政上国内線扱いになるという不思議なマジックも味方し、カナダ・バンクーバーから到着したラガーディア空港から次のロンドン行きが飛び立つジョン・F・ケネディ国際空港までのトランジットを陸路で道中観光まで楽しむというウルトラCも。結果、世界一周の基準である総飛行距離39,461kmを59時間17分17秒でクリアし、「コンコルドを使わない最速世界一周の記録」として『ギネスブック'95 日本版』に掲載された。桂小枝のかんくう発 59時間世界一周に挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・モス

    ケイト・モスから見たJFK国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    14歳のときにジャマイカでバカンスをしていた帰り、ニューヨークのJFK国際空港でモデル事務所「ストーム」の創設者にあたる人物からのスカウトを受ける。初仕事は15歳、イギリスの雑誌『ザ・フェイス』の白黒写真の表紙であった。以後、シンディ・クロフォード、クラウディア・シファー、ならびにナオミ・キャンベルなどといった、長身と曲線美を有する当時の“スーパーモデル”らと対照的な1990年代の“反スーパーモデル”として活躍。ケイト・モス フレッシュアイペディアより)

  • ビトリア空港

    ビトリア空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2005年にはライアンエアーがイギリスのロンドン・スタンステッド空港との間に毎日運航を開始し、数年後にはアイルランドのダブリン空港との間に定期運航を開始した。ロンドン便には15カ月で110,000人の乗客があり、ダブリン便には9カ月で21,000人の乗客があったが、ライアンエアーは2007年10月に両便の運航を休止した。2012年10月にはマラガを本拠地とする地域航空会社のがバルセロナ=エル・プラット空港への定期便の運航を開始したが、2013年1月に運航休止してビトリア空港の旅客定期便の設定がなくなった。2014年夏にはイベリア航空がバレアレス諸島のパルマ・デ・マヨルカ空港、、イビサ空港に季節運航便を設定し、2014年10月にはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に季節運航便を設定した。ニューヨーク便はバスク地方の各空港から大西洋を横断する初の便である。ビトリア空港 フレッシュアイペディアより)

  • シーザー・ペリ

    シーザー・ペリから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港のトランスワールド航空ターミナルビル、1962年1シーザー・ペリ フレッシュアイペディアより)

  • ファン・トリップ

    ファン・トリップから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ボーイング707型機とダグラスDC-8型機の就航に合わせて、トリップの指揮のもとで、1960年にニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港(建設当時の空港名はアイルドワイルド空港)へのジェット機就航に対応した巨大な専用ターミナルビル「パンナム・ワールドポート (Pan Am Worldport) 」を竣工し、同年から使用した。ファン・トリップ フレッシュアイペディアより)

  • タロム航空

    タロム航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    第二次世界大戦後、ソ連が影響力を東欧で拡大しており、そのためTARS (Transporturi Aeriene Româno-Sovietice) が1945年8月に設立され、ソ連政府とルーマニア政府で共同で所有された。 国内線のサービスは1946年2月1日にブカレストのバニャサ空港で開始された。後にソ連政府の航空会社の持ち分はルーマニア政府によって買い取られ、そして1954年9月18日にTARSはTAROM(Transporturi Aeriene Române)の名前へ改称した。1960年までにはTAROMはヨーロッパ中の12都市に就航した。1966年には初の大西洋横断飛行を行った。1974年5月14日にはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港への定期便の就航を開始した。タロム航空 フレッシュアイペディアより)

242件中 61 - 70件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード