242件中 71 - 80件表示
  • アレクサンドル・ゴドゥノフ

    アレクサンドル・ゴドゥノフから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1979年8月、ボリショイ・バレエ団のニューヨーク公演中に米国へ亡命する。花形ダンサーの亡命は世間の耳目を集め、当時の大統領カーターと書記長ブレジネフが掛け合いになる外交問題にまで発展した。ゴドゥノフの亡命を知ったソ連は、妻のリュドミラ・ウラソワを直ちに帰国させるべくアエロフロート機に搭乗させたが、米国務省がウラソワの帰国の自発的意思の確認を求めたため、アエロフロート機は2昼夜ケネディ空港に留め置かれた。ウラソワは結局一行とともにモスクワに帰国、2人が再び会うことはなかった。アレクサンドル・ゴドゥノフ フレッシュアイペディアより)

  • マッカラン国際空港

    マッカラン国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1963年にはターミナルの位置がラスベガス・ブルバード・サウス側からパラダイス・ロード側に移動し、この頃までに年間150万人の利用客があった。この新しいターミナルの設計はウェルトン・ベケット建築事務所とジョン・レプローグルで、JFK空港のTWAターミナルを参考に設計された。これはその7年後にシカゴ・オヘア国際空港のユナイテッド航空ターミナルへと引き継がれることになる。マッカラン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • チェディ・ジェーガン国際空港

    チェディ・ジェーガン国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    カリビアン航空523便(ニューヨーク発ポートオブスペイン経由ジョージタウン行)が着陸時にオーバーランを起こし、機体は大破したものの、犠牲者は出なかった。チェディ・ジェーガン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン航空1便墜落事故

    アメリカン航空1便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1962年3月1日、アメリカン航空1便はアメリカ大陸横断便としてニューヨークからロサンジェルスに向かうため、アイドルワイルド空港(現在のジョン・F・ケネディ国際空港)の滑走路33Lを午前10時6分に離陸した。1便はボーイング707-123B(機体記号:N7506A)で運航されていた。アメリカン航空1便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク都市圏

    ニューヨーク都市圏から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2010年の国勢調査時点で人口は756万8,304人で、アメリカで最も人口が多い島であり、世界でも17番目に多い。ロングアイランド・エクスプレスウェイやロングアイランド鉄道などの交通手段が通っている。また、都市圏の3つのハブ空港のうち2つ(ジョン・F・ケネディ国際空港、ラガーディア空港)も存在する。ニューヨーク都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2009年5月にジョン・F・ケネディ国際空港でパパラッチに新たなタトゥーを入れるつもりだと明かした。しかし、母親ダーレンはこれに反対し「ミーガンが40歳になって熟年の役を演じたくなった時に、タトゥーをカバーするのが大変だという理由で役がもらえなくなると思っている」と伝えられている。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ボロ・タクシー

    ボロ・タクシーから見たJFK空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    かつては、車体を独特の黄色に塗装した"メダリオン・タクシー" (medallion taxicabs) のみが通りでの乗客の呼び止め (street hail) に応じて拾うことが許可されていた。Taxi and Limousine CommissionによるGPSを用いたタクシーの運行状況の解析結果、乗客のピックアップの95%はマンハッタンの96丁目以南およびJFK空港とラガーディア空港で行われていることが判明した。つまり、アウター・ボロウ(クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、スタテン・アイランド)では乗客がほとんど正規のタクシーにアクセスできていないことが鮮明になった。"ボロ・タクシー"がこのタクシーの過疎地域で乗客を拾うことで、この不都合を解消することを目指して、Five Borough Taxi PlanがStreet Hail Liveryプログラムとともに開始された。2011年1月、マイケル・ブルームバーグ市長はこの計画をニューヨーク市演説の宣言の中で発表した。ボロ・タクシー フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ・デイド郡 (フロリダ州)

    マイアミ・デイド郡 (フロリダ州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    マイアミ国際空港が郡内未編入領域にあり、マイアミ地域の主要国際空港として機能している。世界でも有数の利用客が多い空港であり、年間3,500万人以上が利用している。世界最大の旅客輸送航空会社であるアメリカン航空の主要ハブであり、最大の国際線発着空港となっている。国内ではニューヨーク市のジョン・F・ケネディ国際空港とロサンゼルス国際空港に次いで、3番目に海外からの入国者数が多い。世界では第7位となっている。北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東の70以上の国際都市に直行便を運行している。マイアミ・デイド郡 (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ

    マイアミから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    マイアミ国際空港はアメリカン航空のハブであり、年間利用客数3500万人に達する大規模な空港である。同空港は外国人利用客数においてはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港、ロサンゼルス国際空港に次いでアメリカ合衆国第3を誇っている。同空港は国際観光都市マイアミの玄関口としてのみならず、ヨーロッパ各国・アメリカ合衆国と南米各国とを結ぶ中継地的な役割をも果たしている。マイアミ フレッシュアイペディアより)

  • ダイナミック航空

    ダイナミック航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2014年6月6日に、初の定期路線として、米国ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港とガイアナの首都ジョージタウンのチェディ・ジェーガン国際空港とを結ぶ路線を6月26日から運航することを発表した。週4便の運航となる。ダイナミック航空 フレッシュアイペディアより)

242件中 71 - 80件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード