177件中 81 - 90件表示
  • アルジェリア航空

    アルジェリア航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    またアメリカ合衆国(ニューヨーク)への乗り入れも計画している。アルジェリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ホーボーケン (ニュージャージー州)

    ホーボーケン (ニュージャージー州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港。クイーンズ区ジャマイカ・ベイにあり距離は19マイル (30 km)。ホーボーケン (ニュージャージー州) フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス (ニュージャージー州)

    エリザベス (ニュージャージー州)から見たジョン・F・ケネディ空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    またコロンビアの航空会社アビアンカ航空がジョン・F・ケネディ空港からアビアンカ便を利用する乗客のためにユニオン市やエリザベス市とを繋ぐバスを運行している。エリザベス (ニュージャージー州) フレッシュアイペディアより)

  • エジソン (ニュージャージー州)

    エジソン (ニュージャージー州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    中華航空が台北に向かう便と繋ぐ為にジョン・F・ケネディ国際空港に向かうバス便を走らせている。エジソン (ニュージャージー州) フレッシュアイペディアより)

  • タロム航空

    タロム航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    第二次世界大戦後、ソ連が影響力を東欧で拡大しており、そのためTARS (Transporturi Aeriene Româno-Sovietice) が1945年8月に設立され、ソ連政府とルーマニア政府で共同で所有された。 国内線のサービスは1946年2月1日にブカレストのバニャサ空港で開始された。後にソ連政府の航空会社の持ち分はルーマニア政府によって買い取られ、そして1954年9月18日にTARSはTAROM(Transporturi Aeriene Române)の名前へ改称した。1960年までにはTAROMはヨーロッパ中の12都市に就航した。1966年には初の大西洋横断飛行を行った。1974年5月14日にはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港への定期便の就航を開始した。タロム航空 フレッシュアイペディアより)

  • トランス・ワールド航空

    トランス・ワールド航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    しかし、全盛期のトランス・ワールド航空がボーイング707などの大型ジェット機の就航に対応すべく、フィンランド生まれの建築家のエーロ・サーリネンに設計させたニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港のトランス・ワールド航空専用ターミナル(ターミナル5)は、そのデザインの美しさから現在に至るまで歴史的建造物として高い評価を受け続けている。トランス・ワールド航空 フレッシュアイペディアより)

  • スタンフォード (コネチカット州)

    スタンフォード (コネチカット州)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    スタンフォードは玄関口となる空港を有さないが、ニューヨークの3空港を利用することができる。3空港のうち、国際線はジョン・F・ケネディ国際空港とニューアーク国際空港に発着する。前者はニューヨーク・クイーンズ区に位置する全米有数の大空港で、米系のみならず欧州系・アジア系を含む航空主要各社の路線が数多く発着する。一方、後者はニュージャージー州に位置するためスタンフォードからの距離は遠いが、アムトラック1本でアクセスが可能である。同空港をハブ空港にしているコンチネンタル航空はアムトラックとのコードシェアで、スタンフォードのアムトラック駅にZTFというコードを割り当てている。このほか、国内線はニューヨークのマンハッタン島とスタンフォードの両方に最も近いラガーディア空港からも利用することができる。スタンフォード (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2009年5月にジョン・F・ケネディ国際空港でパパラッチに新たなタトゥーを入れるつもりだと明かした。しかし、母親ダーレンはこれに反対し「ミーガンが40歳になって熟年の役を演じたくなった時に、タトゥーをカバーするのが大変だという理由で役がもらえなくなると思っている」と伝えられている。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウン・マンハッタン・ヘリポート

    ダウンタウン・マンハッタン・ヘリポートから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ダウンタウン・マンハッタン・ヘリポートは、1956年にオープンした西30丁目にあるヘリポートを補い、1960年12月8日にオープンした。1960年代、70年代の間、ニューヨーク・エアウェイズは、ヘリポートから市の主要空港へ、定期便を運営していたが、1980年代中頃に運行を取り止めた。2006年には、USヘリコプターも路線を全て廃止したが、2009年11月までに、ジョン・F・ケネディ国際空港への1時間ごとの定期便を再開した。ダウンタウン・マンハッタン・ヘリポート フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ・シティ国際空港

    メキシコ・シティ国際空港から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    アトランタ、ニューヨーク、シカゴ、マイアミ、ダラス、デトロイト、ヒューストン、ロサンゼルス、ワシントンDC、オーランド、フェニックス、サンディエゴ、サンフランシスコ、ラスベガス、メンフィス、シャーロット、デンバー、サンアントニオ、ミネアポリス、ソルトレイクシティ、メキシコ・シティ国際空港 フレッシュアイペディアより)

177件中 81 - 90件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード