242件中 81 - 90件表示
  • UTA

    UTAから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    日本乗り入れは1974年11月から東京当時の羽田空港に就航、路線は本国フランスのパリからではなくニューカレドニアのヌメアから延伸だった。アイランドホッピング航路が多いUTAでこの路線はヌメアで便名を変えてサンフランシスコ、ニューヨークを経由してパリへ向かう航路で機材メンテナンスなどの都合でもあった。当初はシーズン期間限定運行でDC-8-53型機を使用して開始、その後UTAの日本人客室乗務員が搭乗し成田空港移行後の1980年頃から日本航空と運行便提携が行われいくつかは共同運航便(UTA機材で運行)に移行しナンディ、タヒチ便を開設(乗換え便と既設便から接続延伸)したが限定運行、運休期間は変わらず、1983年頃DC-10-30型機に更新からヌメア便は通年定期運行へ、1990年代のAFへの統合で747-300/400で成田に乗り入れてパリ、パペーテ、ヌメアの各便で使用されていた。現在ヌメア便はエアカランのA330で運航している。UTA フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空66便着陸失敗事故

    イースタン航空66便着陸失敗事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1975年6月24日、イースタン航空66便はルイジアナ州ニューオーリンズを出発し、目的地のニューヨークまで目前であった。ジョン・F・ケネディ国際空港の22L滑走路に着陸すべく最終アプローチ中であった。66便の直前に着陸した複数の航空機は雷雨を通過した際にダウンバーストに遭遇したが、なんとか着陸していた。それらの航空機のなかには一時的に墜落寸前の状況となったイースタン航空のトライスターもあった。しかし地上の管制塔ではそのような強い風は観測されていなかったことから、滑走路を閉鎖する措置は講じなかった。イースタン航空66便着陸失敗事故 フレッシュアイペディアより)

  • サベナ航空548便墜落事故

    サベナ航空548便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1961年2月15日、サベナ航空548便ボーイング707-329(機体記号OO-SJB、1959年製造)は、アメリカのニューヨーク・アイドルワイルド空港(現在のジョン・F・ケネディ国際空港)からベルギーのブリュッセル国際空港に向かっていた。サベナ航空548便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • トランスワールド航空903便墜落事故

    トランスワールド航空903便墜落事故から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1950年8月30日。トランス・ワールド航空903便はインドのボンベイを出発し、ニューヨークのアイドルワイルド国際空港に向かう定期国際線であった。当日はレシプロ旅客機ロッキード・L749Aの愛称「スター・オフ・メリーランド」(機体記号:N6004C)で運航されていた。トランスワールド航空903便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・トレード・センター駅 (パストレイン)

    ワールド・トレード・センター駅 (パストレイン)から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    現在の新しい駅はPATHとニューヨーク市地下鉄システムを結ぶために建設された。このトランスポーテーション・ハブを通過して走る路線がこのプロジェクトの下で再建され、PATHメザニンの上を通過している。そして再建後のコートランド・ストリート駅 (en) はこのハブへ直接つながることになっている。さらに、チェンバーズ・ストリート?ワールド・トレード・センター/パーク・プレイス複合駅、コートランド・ストリートIRT駅、そしてコートランド・ストリート (en) BMT駅も直接つながることになっている。加えて、デイ・ストリート (Dey Street) 沿いのデイ・ストリート・パッセンジャーウェイ (en) がトランスポーテーション・ハブとその東のフルトン・センターを結んでおり、この通路を使ってへアクセスすることができる。ウエスト・コンコース通路は西のバッテリー・パーク・シティのブルックフィールド・プレイスとつながっている。また、ワールド・トレード・センター・サイトからイースト川の新しいトンネルを経由してロングアイランド鉄道およびジョン・F・ケネディ国際空港へ接続するロウアー・マンハッタン-ジャマイカ/JFK・トランスポーテーション・プロジェクトが提案されており、その調査が2004年に始まった。しかし2009年現在、このプロジェクトへの予算配分の優先順位は他のプロジェクトよりも低くなっており、顕著な進展は今のところない。ワールド・トレード・センター駅 (パストレイン) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲレーロ

    ロバート・ゲレーロから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    2013年3月26日、ジョン・F・ケネディ国際空港で飛行機内に拳銃を持ち込もうとしたとして逮捕された。その後釈放され、5月14日に出廷を命じられている。ロバート・ゲレーロ フレッシュアイペディアより)

  • 中国民航機ハイジャック事件

    中国民航機ハイジャック事件から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1989年12月16日、北京発上海・サンフランシスコ経由ニューヨーク行きの中国国際航空公司CA981便(ボーイング747、機体記号B-2448・乗員23名、乗客200名)は北京を10時00分(CST)に離陸した。上海に向かう途中、10時40分(CST)頃済南付近の上空でハイジャックされた。犯人の中国人男性(当時35歳)は妻子を連れて搭乗しており、爆発物を所持していると脅迫し(実際は丸腰であった)、韓国のソウル行きを要求した。中国民航機ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・カルダー

    アレクサンダー・カルダーから見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    1950年代、カルダーはより複雑で繊細なモビールの制作を精力的に続ける一方、より多い努力をモニュメンタルな巨大彫刻制作に注ぐようになった。有名な例は、1957年にニューヨークのアイドルワイルド空港(現・ジョン・F・ケネディ国際空港)のために作られたモビール『.125』、1958年にマルセル・ブロイヤーが設計したパリのユネスコ本部ビルに設置されたスタンディング・モビール『渦巻(La Spirale)』、1969年にミシガン州グランドラピッズ市の広場に設置された大型スタビル『ラ・グランド・ビテス』、1974年にシカゴの連邦ビルのために作られたスタビル『フラミンゴ』などがある。アレクサンダー・カルダー フレッシュアイペディアより)

  • キュー・ガーデン地区

    キュー・ガーデン地区から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    キュー・ガーデン地区は多くのやレストランがレファーツ・ブールバード、メトロポリタン・アベニュー、オースティン・ストリート、キュー・ガーデン・ロードなどに沿って所在する。コートハウスやユニオン・ターンパイク-キュー・ガーデン駅はこの地域に多くの金銭をもたらす。ジョン・F・ケネディ国際空港とラガーディア空港の間にあるこの地区に滞在するパイロットや客室乗務員もまた地域経済に影響を及ぼす。キュー・ガーデン地区 フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たジョン・F・ケネディ国際空港ジョン・F・ケネディ国際空港

    ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港はロンドン・ヒースロー空港を出発する国際線利用客の最大の目的地となっている。2008年には、約2,802,870人が多様な直行定期便を利用してヒースロー空港からJFK空港へ渡航した。ブリティッシュ・エアウェイズのフラグシップ超音速旅客機のコンコルドは大西洋を横断する定期路線として、1976年5月24日、ワシントン・ダレス国際空港に就航した。アメリカの連邦最高裁がニューヨーク市上空でのソニックブームを規制していた下級裁判所の決定を1977年10月17日に棄却したことにより、ヒースロー空港とJFK国際空港の間の従来の大西洋横断路線は3時間半以内で結ばれるようになった。この判決に基づく運航は1977年10月19日から2003年10月23日まで続いた。英米関係 フレッシュアイペディアより)

242件中 81 - 90件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード