119件中 41 - 50件表示
  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たロングアイランド鉄道

    1998年から高速軽軌道システム「エアトレイン」の建設が始まった。2001年の9.11テロの影響で当初の計画を大幅に縮小し、予定より1年遅れの2003年12月17日に開業した。ケネディ空港内の各ターミナルや、駐車場、レンタカー会社のオフィスなどを結び、そのまま南は地下鉄のハワードビーチ駅に、北は地下鉄/ロングアイランド鉄道のジャマイカ駅に接続する。ターミナル間の移動は無料、両駅まではそれぞれ運賃5ドルがかかる。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た中国国際貨運航空

    貨物の取り扱い量も多く、現在中国国際貨運航空、アメリカン航空、アシアナ航空、キャセイパシフィック航空、エミレーツ・スカイカーゴ、ルフトハンザ・カーゴ、大韓航空、日本貨物航空、ユナイテッド航空など、100社以上が貨物専用便を就航させており、敷地内には航空貨物を取り扱う施設も数多い。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たニューヨーク市地下鉄

    1998年から高速軽軌道システム「エアトレイン」の建設が始まった。2001年の9.11テロの影響で当初の計画を大幅に縮小し、予定より1年遅れの2003年12月17日に開業した。ケネディ空港内の各ターミナルや、駐車場、レンタカー会社のオフィスなどを結び、そのまま南は地下鉄のハワードビーチ駅に、北は地下鉄/ロングアイランド鉄道のジャマイカ駅に接続する。ターミナル間の移動は無料、両駅まではそれぞれ運賃5ドルがかかる。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たトランス・ワールド航空

    トランス・ワールド航空のメインである第5ターミナルも1962年に完成した。家具デザイナーとしても知られるフィンランド生まれのアメリカ人建築家エーロ・サーリネンによって設計された。また第3ターミナル、第5ターミナルともに1970年代に改装されている。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たコンコルド

    1976年〜2003年:ブリティッシュ・エアウェイズとエールフランスによって大西洋上を超音速で飛行するコンコルドの運航が開始。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たリムジンバス

    ケネディ空港は3空港のなかでもマンハッタンからは最も遠い。しかもエアトレインが接続するのは一般の地下鉄と通勤電車で、前者利用では時間帯により所要時間が90分から120分、後者でも乗り継ぎによっては45分から90分はかかる。大きな旅行カバンを抱えてこうした公共交通機関に乗り替えなければならないというのは、旅行者にとってはいかにも不便であり、来訪者はもとより地元市民でもマンハッタンへ向かう者のほとんどはこれを敬遠して、落ち着いて座ることのできる空港リムジンバスやタクシー(3人で乗れば1人あたりの負担がリムジンバスの運賃とほぼ同じになる)を利用する傾向にある。このためエアトレインは開業以来採算割れが続き、これを改善するには2期工事を断行する以外に方策はないにもかかわらず、そもそも無い袖は振れないという、ジレンマの状態にある。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たラガーディア空港

    ラガーディア空港、ニューアーク・リバティー国際空港とともにニューヨーク都市圏を代表する空港で、その管理・運営・警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たニューヨーク・ニュージャージー港湾公社

    ラガーディア空港、ニューアーク・リバティー国際空港とともにニューヨーク都市圏を代表する空港で、その管理・運営・警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たマンハッタン

    ターミナル数は9つで空港施設の規模としては全米一、面積は約20平方キロメートル(成田国際空港の約2倍)で、マンハッタンの42丁目通り以南の面積に匹敵する。なお、アメリカ以外の航空会社としてブリティッシュエアウェイズの専用ターミナルが存在していた。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たワールドトレードセンター (ニューヨーク)

    エアトレインを計画建設したのは、ニューヨークの空港を管理運営するニューヨーク・ニュージャージー港湾公社だが、同公社は崩壊したワールドトレードセンターをはじめ、テロ被害により一部使用が不能になったパストレインや、被災現場に近いことから通行規制が1年近く続いたホランドトンネルなども運営しており、これらの施設からの賃貸料、運賃、通行料などが途絶えたことや、観光客の激減で定期便のキャンセルが相次ぎ空港発着料をはじめとするさまざまな空港関連収益が減少したことで、深刻な財政難に直面することになった。そのため当初計画されていたジャマイカ駅からラガーディア空港を経由してマンハッタンの三番街59丁目通りの新駅に至る2期工事は中止となってしまった。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード