86件中 41 - 50件表示
  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た方向舵

    2001年11月12日: アメリカン航空587便サントドミンゴ行き (エアバスA300) が離陸直後に墜落。乗員乗客260人全員と地上の住民5人が死亡という、ケネディ空港最悪の事故 (アメリカ国内でも最悪級の事故) となった。直前に離陸した日本航空47便成田行きの、ボーイング747が引き起こした後方乱気流によって大きく揺れた機体のバランスを保とうと、副操縦士が方向舵を過剰操作した結果、垂直尾翼がこれに耐えきれず折損、機体がコントロールを失ったもの。この事故が起きたのは911テロの2ヵ月後であったため、当初はテロ説も流れてニューヨーク市は騒然とした。また死亡した乗客の1人は、その2ヵ月前にワールドトレードセンターを辛くも脱出して九死に一生を得ていたというのも運命の皮肉だった。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たコンコルド

    1976年〜2003年:ブリティッシュ・エアウェイズとエールフランスによって大西洋上を超音速で飛行するコンコルドの運航が開始。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たボーイング727

    1975年6月24日: イースタン航空66便 (ボーイング727型機) が22L滑走路手前で墜落。乗員乗客併せて112人が死亡。当時強い雷雨のなかウィンド・シアが起こったとされている(イースタン航空66便着陸失敗事故)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たボーイング707

    1962年3月1日: アメリカン航空のボーイング707型機が離陸後、舵が効かなくなり墜落。95人の乗員乗客全員が死亡(アメリカン航空1便墜落事故)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たDC-6

    1954年12月18日: アリタリア航空のダグラスDC-6型機が2時間半にも及ぶ旋回の後4回目の着陸で墜落。乗員乗客併せて32人中26人が死亡。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たエアバスA300

    2001年11月12日: アメリカン航空587便サントドミンゴ行き (エアバスA300) が離陸直後に墜落。乗員乗客260人全員と地上の住民5人が死亡という、ケネディ空港最悪の事故 (アメリカ国内でも最悪級の事故) となった。直前に離陸した日本航空47便成田行きの、ボーイング747が引き起こした後方乱気流によって大きく揺れた機体のバランスを保とうと、副操縦士が方向舵を過剰操作した結果、垂直尾翼がこれに耐えきれず折損、機体がコントロールを失ったもの。この事故が起きたのは911テロの2ヵ月後であったため、当初はテロ説も流れてニューヨーク市は騒然とした。また死亡した乗客の1人は、その2ヵ月前にワールドトレードセンターを辛くも脱出して九死に一生を得ていたというのも運命の皮肉だった。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たゴルフ

    1942年:アイドルワイルド・ゴルフコースの一部を空港に転用。当初は4平方キロメートルしかなかったが、後に航空機産業の活性化に伴い後に16平方キロメートルが追加される。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たDC-7

    1962年11月30日: イースタン航空のDC-7型機が着陸失敗で墜落。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たMD-11

    1998年9月2日: スイス航空111便MD-11型機がジュネーブ空港へ向けて離陸後にコクピット後方から発火した煙が充満し電気系統がショートしてカナダ・ノバスコシア州ハリファクス沿岸の大西洋上に墜落。その後の調査で機内エンターテイメントの配線が不十分であるための直接的な原因。乗客乗員229人全員死亡(スイス航空111便墜落事故)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たノバスコシア州

    1998年9月2日: スイス航空111便MD-11型機がジュネーブ空港へ向けて離陸後にコクピット後方から発火した煙が充満し電気系統がショートしてカナダ・ノバスコシア州ハリファクス沿岸の大西洋上に墜落。その後の調査で機内エンターテイメントの配線が不十分であるための直接的な原因。乗客乗員229人全員死亡(スイス航空111便墜落事故)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード