119件中 71 - 80件表示
  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たグッドフェローズ

    アップルは2012年に発売を開始したiPad miniについて、中国から到着した約3,600台(約150万ドル相当)を、発送のため同空港の貨物ビル内に保管していたが、11月12日深夜(東部標準時)に、全て盗まれているのが発見された。事件の舞台となった貨物ビルは、映画「グッドフェローズ」のモデルとなった1978年の現金強奪事件が発生した場所でもある。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たニューアーク・リバティー国際空港

    ラガーディア空港、ニューアーク・リバティー国際空港とともにニューヨーク都市圏を代表する空港で、その管理・運営・警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たホランド・トンネル

    エアトレインを計画建設したのは、ニューヨークの空港を管理運営するニューヨーク・ニュージャージー港湾公社だが、同公社は崩壊したワールドトレードセンターをはじめ、テロ被害により一部使用が不能になったパストレインや、被災現場に近いことから通行規制が1年近く続いたホランドトンネルなども運営しており、これらの施設からの賃貸料、運賃、通行料などが途絶えたことや、観光客の激減で定期便のキャンセルが相次ぎ空港発着料をはじめとするさまざまな空港関連収益が減少したことで、深刻な財政難に直面することになった。そのため当初計画されていたジャマイカ駅からラガーディア空港を経由してマンハッタンの三番街59丁目通りの新駅に至る2期工事は中止となってしまった。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た強奪

    アップルは2012年に発売を開始したiPad miniについて、中国から到着した約3,600台(約150万ドル相当)を、発送のため同空港の貨物ビル内に保管していたが、11月12日深夜(東部標準時)に、全て盗まれているのが発見された。事件の舞台となった貨物ビルは、映画「グッドフェローズ」のモデルとなった1978年の現金強奪事件が発生した場所でもある。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た金曜日

    2008年8月8日:ドバイ - ニューヨーク間でニューヨーク行EK201便(水・・日曜日運航)とドバイ行EK202便(水・金・日曜日運航)の往復便として商業飛行が開始された。アメリカ大陸では初の乗り入れ空港となった。しかし、2009年3月、採算の悪化を受け、エアバスA380による運航の撤退を決定し、ボーイング777-300ERに変更されたが他社のA380型機が軌道に乗り始めたことや同空港に乗り入れを開始したことで再度A380の乗り入れを開始した(以降欧州便が対象である)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た中華人民共和国

    アップルは2012年に発売を開始したiPad miniについて、中国から到着した約3,600台(約150万ドル相当)を、発送のため同空港の貨物ビル内に保管していたが、11月12日深夜(東部標準時)に、全て盗まれているのが発見された。事件の舞台となった貨物ビルは、映画「グッドフェローズ」のモデルとなった1978年の現金強奪事件が発生した場所でもある。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たリトル・チャロ

    リトル・チャロ - エピソード1で登場した。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たファーストクラス

    ブリティッシュ・エアウェイズはヒースロー空港とジョン・F・ケネディ国際空港にコンコルド搭乗客専用の空港ラウンジ『コンコルド・ルーム』を用意していた。現在はファーストクラス専用ラウンジとして利用されている。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た日本

    当時パンアメリカン航空の本拠地であったこの空港は、ロンドン・パリ・ローマからはノンストップで行けるのに対し、日本からのアクセスは747就航後でもアンカレジまたはホノルル・シアトル・ロサンゼルスを経由する必要があった。そこで、極東からJFKまでの無着陸飛行のためにボーイング社が開発したのが超長距離用747SPである。1976年4月25日、パンアメリカン航空により、世界で初めて同空港から日本(到着地は、東京)への無着陸直行便が就航した。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た水曜日

    2008年8月8日:ドバイ - ニューヨーク間でニューヨーク行EK201便(・金・日曜日運航)とドバイ行EK202便(水・金・日曜日運航)の往復便として商業飛行が開始された。アメリカ大陸では初の乗り入れ空港となった。しかし、2009年3月、採算の悪化を受け、エアバスA380による運航の撤退を決定し、ボーイング777-300ERに変更されたが他社のA380型機が軌道に乗り始めたことや同空港に乗り入れを開始したことで再度A380の乗り入れを開始した(以降欧州便が対象である)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

119件中 71 - 80件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード