119件中 81 - 90件表示
  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たアメリカン航空587便墜落事故

    2001年11月12日: アメリカン航空587便サントドミンゴ行き (エアバスA300) が離陸直後に墜落。乗員乗客260人全員と地上の住民5人が死亡という、ケネディ空港最悪の事故 (アメリカ国内でも最悪級の事故) となった。直前に離陸した日本航空47便成田行きの、ボーイング747が引き起こした後方乱気流によって大きく揺れた機体のバランスを保とうと、副操縦士が方向舵を過剰操作した結果、垂直尾翼がこれに耐えきれず折損、機体がコントロールを失ったもの。この事故が起きたのは911テロの2か月後であったため、当初はテロ説も流れてニューヨーク市は騒然とした。また死亡した乗客の1人は、その2ヵ月前にワールドトレードセンターを辛くも脱出して九死に一生を得ていたというのも運命の皮肉だった。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港(ジョン・F・ケネディこくさいくうこう、John F. Kennedy International Airport)は、アメリカ合衆国・ニューヨークのクイーンズ区にある国際空港。旧名アイドルワイルド空港 (Idlewild Airport)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た航空会社

    当初はイースタン航空(1991年運航停止)によって占められていた。1998年に、同空港に乗り入れる複数の航空会社(エールフランス、日本航空、大韓航空、ルフトハンザ)によって建て替えられた。ゲート数は11。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た空港ターミナルビル

    4本の滑走路が中央ターミナルを囲み、それぞれがペアで平行に走っている。13R-31L滑走路は商用滑走路としては北米最長の4440m。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た運賃

    1998年から高速軽軌道システム「エアトレイン」の建設が始まった。2001年の9.11テロの影響で当初の計画を大幅に縮小し、予定より1年遅れの2003年12月17日に開業した。ケネディ空港内の各ターミナルや、駐車場、レンタカー会社のオフィスなどを結び、そのまま南は地下鉄のハワードビーチ駅に、北は地下鉄/ロングアイランド鉄道のジャマイカ駅に接続する。ターミナル間の移動は無料、両駅まではそれぞれ運賃5ドルがかかる。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たローマ

    当時パンアメリカン航空の本拠地であったこの空港は、ロンドン・パリ・ローマからはノンストップで行けるのに対し、日本からのアクセスは747就航後でもアンカレジまたはホノルル・シアトル・ロサンゼルスを経由する必要があった。そこで、極東からJFKまでの無着陸飛行のためにボーイング社が開発したのが超長距離用747SPである。1976年4月25日、パンアメリカン航空により、世界で初めて同空港から日本(到着地は、東京)への無着陸直行便が就航した。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た東京

    1976年4月25日:パンアメリカン航空のボーイング747SPで ニューヨーク - 東京(当時は羽田空港)ノンストップ便が就航する。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たアビアンカ航空52便墜落事故

    1990年1月25日: コロンビアのアビアンカ航空52便 (ボーイング707-320) が着陸進入中、ニューヨーク州コープ・ネックに墜落、73人が死亡。当日は悪天候のため空中待機が長引き燃料切れとなったことが直接の原因。操縦士の英語力不足による意思疎通の問題がその背景にあった(アビアンカ航空52便墜落事故)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た収益

    エアトレインを計画建設したのは、ニューヨークの空港を管理運営するニューヨーク・ニュージャージー港湾公社だが、同公社は崩壊したワールドトレードセンターをはじめ、テロ被害により一部使用が不能になったパストレインや、被災現場に近いことから通行規制が1年近く続いたホランドトンネルなども運営しており、これらの施設からの賃貸料、運賃、通行料などが途絶えたことや、観光客の激減で定期便のキャンセルが相次ぎ空港発着料をはじめとするさまざまな空港関連収益が減少したことで、深刻な財政難に直面することになった。そのため当初計画されていたジャマイカ駅からラガーディア空港を経由してマンハッタンの三番街59丁目通りの新駅に至る2期工事は中止となってしまった。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た駐車場

    1998年から高速軽軌道システム「エアトレイン」の建設が始まった。2001年の9.11テロの影響で当初の計画を大幅に縮小し、予定より1年遅れの2003年12月17日に開業した。ケネディ空港内の各ターミナルや、駐車場、レンタカー会社のオフィスなどを結び、そのまま南は地下鉄のハワードビーチ駅に、北は地下鉄/ロングアイランド鉄道のジャマイカ駅に接続する。ターミナル間の移動は無料、両駅まではそれぞれ運賃5ドルがかかる。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「ジョン・F・ケネディ国際空港」のニューストピックワード