309件中 101 - 110件表示
  • ドルビーノイズリダクションシステム

    ドルビーノイズリダクションシステムから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1966年にイギリスのデッカ社が、自社のレコードのマスターテープに初めてこのシステムを導入した。映画音響の製作にも1970年代中期までにはAタイプのNRが導入されていた。ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』とスティーヴン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』をきっかけに、ドルビーAはサラウンド音声「ドルビーステレオ」にも本格的に使われるようになり、映画館の音質改善にも寄与した。ドルビーノイズリダクションシステム フレッシュアイペディアより)

  • ハスケル・ウェクスラー

    ハスケル・ウェクスラーから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    また、1960年代には南カリフォルニア大学(USC)で教鞭をとり、ジョージ・ルーカスに映像製作の指導を行った。ハスケル・ウェクスラー フレッシュアイペディアより)

  • 鏡明

    鏡明から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    早稲田大学卒業後、電通に勤務。上司に小田桐昭、同僚に関三喜夫がいた。ジョージ・ルーカスを起用したパナソニックのCMなどで知られ、ACC賞、カンヌ国際広告賞、アジア太平洋広告祭をはじめとする国内外の広告賞を多数受賞。2002年、アジア太平洋広告祭(アドフェスト)でアジア人初の審査委員長、2009年カンヌ国際広告祭では東アジア初の審査委員長を務め、2012年のアドフェストでは、「ロータス・レジェンド」として表彰。2013年第33回東京広告協会 白川忍賞を受賞。株式会社「ドリル」エグゼクティブ・アドバイザー、全日本シーエム放送連盟国際委員会委員長などをつとめた。鏡明 フレッシュアイペディアより)

  • 全米監督協会

    全米監督協会から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ハリウッドの監督はすべてDGA会員であるわけではない。有名な監督の中でもジョージ・ルーカス、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスらは会員になることを拒み、または会員を辞めたことがある。DGA会員でない監督は、DGAと労使間協定を結んでいる大手映画スタジオで監督をすることができない。全米監督協会 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本晃太

    榎本晃太から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    2001年の1年間、テレビ東京で放送された『おはスタ』でおはキッズとしてレギュラー出演、ミュージカルクリスマスボックスでは街の子供役として出演、2002年に公開されたアメリカ映画でジョージ・ルーカスの監督映画である『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』では声優も務めていた。榎本晃太 フレッシュアイペディアより)

  • ミディクロリア

    ミディクロリアから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ミディクロリア(Candidatus Midichloria mitochondrii)はミトコンドリアに細胞内共生するリケッチアであり、マダニの卵巣に見出される。この名は映画スター・ウォーズ・シリーズに登場しフォースに寄与する共生微生物ミディ=クロリアンに因んでおり、監督ジョージ・ルーカスの公認を得て命名されている。ミディクロリア フレッシュアイペディアより)

  • SFX

    SFXから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    そして1977年、新しい超大作映画がマーケットに現れた。ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』である。『スター・ウォーズ』には斬新な特殊効果が満載されていた。ルーカスのILMはストップモーション・アニメーション(コマ撮りアニメ)の技術を頂点まで極めさせた。ストップモーション自体は既に50年も使われていた技術だったが、コンピューターでカメラと被写体の一部をモーションコントロール化することで、非常に滑らかな動きを作り出した。これはもはやストップモーションではなくゴー・モーションと呼ばれた。しかし、そのたった数年後にはCGという全く新しい映像技術が誕生し、ストップモーションに取って代わった。ストップモーションはリアルなSFXには使われなくなったが、CGには全くない味があると好む人々も多く、映像表現として完全に廃れることはないと考えられている。SFX フレッシュアイペディアより)

  • トニー・コックス (俳優)

    トニー・コックス (俳優)から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    もともとドラマーになるという夢を抱いていたコックスは高校を卒業後に音楽を勉強するためにアラバマ大学へ入学。しかし、自分の音楽的才能に限界を感じたコックスはある時、小人症の役者からなる“リトル・ピープル・オブ・アメリカ”の創設者で同じく小人症だった俳優のビリー・バーティの演技を見て役者になることを決意。18歳の時に友人たちの激励もあり、ロサンゼルスへ渡り演劇学校へ入学。徐々にコマーシャルやテレビドラマなどに顔を出し始め、順調に下積みを重ねていった。その後、ジョージ・ルーカスの代表作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場する小人のイウォーク族を演じ、そのスピンオフ作品『イウォーク・アドベンチャー』にも同役で出演。その他にもコミカルな演技でジム・キャリーやビリー・ボブ・ソーントンらとも共演して、個性派俳優として確固たる地位を築いている。トニー・コックス (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・シラ

    フェリックス・シラから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    テレビのほかに、これまで数多くの映画へも出演しており、SF映画の金字塔として名高い『猿の惑星』やジョージ・ルーカスの代表作でもあるスター・ウォーズ・シリーズのうち『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場するイウォークの一人を演じているほか、ティム・バートン監督の大ヒット映画の続編『バットマン・リターンズ』ではダニー・デヴィート演じるペンギンが率いるペンギン軍団の中の一匹も彼が演じている。フェリックス・シラ フレッシュアイペディアより)

  • グリン・ターマン

    グリン・ターマンから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    かつてジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場する“ハン・ソロ”をキャスティングした際に、ターマンが候補だったことを明かしており、後に同役をハリソン・フォードに割り当てた経緯がある。2008年にゲスト出演したテレビシリーズ『In Treatment』の演技が評価され、エミー賞も獲得した。グリン・ターマン フレッシュアイペディアより)

309件中 101 - 110件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード