255件中 11 - 20件表示
  • マーティン・スコセッシ

    マーティン・スコセッシから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    アカデミー賞では、6度目のノミネート『ディパーテッド』により第79回アカデミー賞監督賞・作品賞を受賞。また、監督賞発表の際には、親交の深いフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグがプレゼンターとして揃って登場するという演出がなされた。マーティン・スコセッシ フレッシュアイペディアより)

  • ボバ・フェット

    ボバ・フェットから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスが企画中の実写テレビドラマ版にダニエル・ローガンが約10年ぶりに同役で登場するのではと噂されている。ボバ・フェット フレッシュアイペディアより)

  • レッド・テイルズ

    レッド・テイルズから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    『レッド・テイルズ』(Red Tails)は、アンソニー・ヘミングウェイ監督、ジョン・リドリーとアーロン・マクグルーダーの脚本による2012年のアメリカ合衆国のアクション・ドラマ映画である。原案はリドリーであり、実際にあった出来事を基にしている。また、ジョージ・ルーカスが製作総指揮を務めている。第二次世界大戦に活躍したアフリカ系アメリカ人のグループであるの物語であり、『インディ・ジョーンズ』と『スター・ウォーズ』以外のルーカスフィルム作品は『笑撃生放送! ラジオ殺人事件』(1994年)以来である。出演者はHBOのテレビ映画『ブラインド・ヒル』でもタスキーギーを演じたキューバ・グッディング・ジュニアや『ジャスティス』で演じたテレンス・ハワードらである。北米では2012年1月20日に公開された。レッド・テイルズ フレッシュアイペディアより)

  • インディアナ・ジョーンズ

    インディアナ・ジョーンズから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ヘンリー・ウォルトン・“インディアナ”・ジョーンズ・ジュニア博士(Dr. Henry Walton "Indiana" Jones, Jr.)は『インディ・ジョーンズ』シリーズのタイトル・キャラクター・主人公である。ジョージ・ルーカスとスティーヴン・スピルバーグが1930年代のアクション・ヒーローへのオマージュとして創造した。このキャラクターは1981年の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に初登場し、1984年の『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、1989年の『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、1992年?1996年の『ヤング・インディ・ジョーンズ・クロニクルズ』、2008年の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』といった続編に登場した。最も有名な映画・TVシリーズの他にこのキャラクターは小説、コミック、TVゲームなどのメディアに登場している。また彼はディズニーランドと東京ディズニーシーにあるテーマパークアトラクション「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」でも見る事が出来る。インディアナ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ハリソン・フォード

    ハリソン・フォードから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    その後、大工仕事を通じて知りあった映画プロデューサー、フレッド・ルースの紹介を受け、映画『アメリカン・グラフィティ』に出演。自身の役柄に対して、様々なアイディアを出すなど積極的な姿勢が評価され、監督であるジョージ・ルーカスの信頼を得ると共に、この映画のプロデューサーでもあったフランシス・フォード・コッポラにも注目され、続けて『カンバセーション/盗聴』に出演。その後はアメリカン・ゾエトロープ(コッポラのスタジオ)で裏方として働きながら、コッポラやルーカスなどと親交を結んだ。ハリソン・フォード フレッシュアイペディアより)

  • モデスト

    モデストから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    モデストの夏は1973年の映画でモデスト生まれのジョージ・ルーカスによって書かれ、制作された熱狂的古典、『アメリカン・グラフィティ』の再演で特徴付けられる。ルーカスの映画はモデスト市で育った自らの体験に基づき、1962年の10代の者達の生活に敬意を払っている。モデストの市政委員会はルーカスがモデストで撮影することを拒んだので、ルーカスは他所での撮影を強いられた。毎年の祭であるグラフィティの夜はこの出来事を祝い、6月の1ヶ月間続いて、数千の観光客や、数百台のクラシックカー、アンティークカーと共に自動車ファンが集まる。モデスト フレッシュアイペディアより)

  • 影武者 (映画)

    影武者 (映画)から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    外国版プロデューサーには、黒澤を敬愛するフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカスらが名を連ねた。また、黒澤とは助監督時代からの盟友である本多猪四郎が、監督部チーフとして製作に加わっている。影武者 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 南カリフォルニア大学

    南カリフォルニア大学から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ロサンゼルスダウンタウンの南にあるロサンゼルオリンピック会場の隣にメインキャンパス (University Park Campus) があり、他に医学部などが入るHealth Sciences Campus (HSC)、情報工学系研究機関のUSC Information Science Institute (USC-ISI) 等からなる。ジョージ・ルーカス ロバート・ゼメキス ロン・ハワード ブライアン・シンガー ジョン・カーペンターなどの著名な監督を輩出した全米最古のフィルムスクールである映画芸術学部(USC School of Cinematic Arts、 School of Cinema Televisionより06年に改称)、ビタビアルゴリズムの考案者であり、クアルコム社 (Qualcomm) 共同設立者のアンドリュー・ビタビなどが卒業生に名前を連ねる。全米で最高の映像関連の教育機関である映画芸術学部をはじめ、学部生向けの良質な高等教育を提供する大学と言う側面に加えて、後述するISIを擁するなど、工学系研究機関としての側面も持っている。南カリフォルニア大学 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    日本国外での評価が高さを示すこととして、監督・ポール・シュレイダー、制作総指揮・ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラにより、映画『Mishima: A Life In Four Chapters』も製作されているが、日本での公開は行われていない。コッポラは、映画『地獄の黙示録』の撮影時には、三島の『豊饒の海』も手に取り、構想を膨らませていたと述べている。また、三島原作で海外で映画化されたものは、『午後の曳航』がある。『The Sailor Who Fell from Grace with the Sea』という題で、1976年(昭和51年)に日米合作で映画化された(サラ・マイルズ、クリス・クリストファーソン出演)。フランスでは、1998年(平成10年)に『肉体の学校』が、『L'Ecole de la Chair』(英題:『The School of Flesh』)という題で映画化された(ブノワ・ジャコ監督、イサベル・ユベール、ヴァンサン・マルチネス出演)。また、1993年(平成5年)7月には、モーリス・ベジャール振付による、三島を題材にしたバレエ・スペクタクル『M』が東京で初演され、その後ヨーロッパ各国で上演された。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • ドレクセル・ルーシュ

    ドレクセル・ルーシュから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ドレクセル・ルーシュ (Drexl Roosh) は、ジョージ・ルーカス監督のアメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空の人物である。ドレクセル・ルーシュ フレッシュアイペディアより)

255件中 11 - 20件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード

  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望