309件中 31 - 40件表示
  • タタウイヌ

    タタウイヌから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスがスター・ウォーズを撮影した場所としても知られる。またSFテレビドラマのXファイルにも地球外ウイルスの実験施設が開かれた場所として登場した。タタウイヌ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ナサンソン

    ジェフ・ナサンソンから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ブレット・ラトナー監督の『ラッシュアワー2』、『ラッシュアワー3』、スティーヴン・スピルバーグ監督の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』、『ターミナル』などの脚本を書いており、特に『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』では、英国アカデミー賞脚色賞にノミネートされた。また、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』ではジョージ・ルーカスと共に原案を書いた。ジェフ・ナサンソン フレッシュアイペディアより)

  • リイ・ブラケット

    リイ・ブラケットから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ただし、この脚本でブラケットの果たした役割についてはいくつか論争もある。ジョージ・ルーカスが自身のストーリー概略に基づいた脚本をブラケットに依頼したことは確かである。ブラケットが初稿を書き上げ、ルーカスに渡したことも事実である。しかし、その直後の1978年3月18日、ブラケットは癌がもととなって亡くなった。ルーカスは脚本を2回練り直した後、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に引き続いてローレンス・カスダンに仕上げを依頼した。最終的には脚本家としてブラケットとカスダンが名を連ねることになった。リイ・ブラケット フレッシュアイペディアより)

  • 純映画

    純映画から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカス『6-18-67』『1:42.08』『Herbie』純映画 フレッシュアイペディアより)

  • CineAlta

    CineAltaから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    2000年、ジョージ・ルーカスが「『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』が100%デジタルで撮影される最初のメジャー映画作品になる」と発表した。これを受け、ソニーとパナビジョンは共同でHD 1080pカメラの開発にあたり、最初のCineAltaカメラであるソニーHDW-F900が誕生した。これはパナビジョン向けに仕様変更されてパナビジョンHD-900Fとも呼ばれた。CineAlta フレッシュアイペディアより)

  • オーバーハウゼン国際短編映画祭

    オーバーハウゼン国際短編映画祭から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    本映画祭に参加した著名な映画監督として、ヴィム・ヴェンダース、マーティン・スコセッシ、ジョージ・ルーカス、ヴェルナー・ヘルツォークなどがいる。オーバーハウゼン国際短編映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ケン・アナキン

    ケン・アナキンから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    またアメリカ人プロデューサーのダリル・F・ザナックと固い交友を結んでいたことでも知られる。ザナックが製作をつとめた『史上最大の作戦』ではアナキンがイギリス編の監督をつとめ、アナキンの野心作『素晴らしきヒコーキ野郎』においてはザナックが20世紀フォックスの幹部として支援するなどしている。他にはジョージ・ルーカスとも交友が深く、『スター・ウォーズ』に登場するキャラクター「アナキン・スカイウォーカー」の名前は、アナキンが友人として使わせてあげたものである。ケン・アナキン フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・カーツ

    ゲイリー・カーツから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    (のちにジョージ・ルーカスも学ぶ)南カリフォルニア大学(USC)で映画を学ぶ。大学卒業後、ロジャー・コーマンのもとで数十本の映画の製作に参加し、録音、カメラ、編集、特殊効果と様々な仕事を学ぶ。ゲイリー・カーツ フレッシュアイペディアより)

  • グロリア・カッツ

    グロリア・カッツから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    グロリア・カッツ(Gloria Katz、1945年 - )は、アメリカ合衆国の脚本家・映画プロデューサー。ジョージ・ルーカスの補佐で知られる。夫のウィラード・ハイクと共に『アメリカン・グラフィティ』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』などに参加している。グロリア・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • Natural Menu

    Natural Menuから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    来生えつこ自身の思い出にあるクリスマスパーティーをイメージした楽曲で、オールディーズに日本語を付けるような感覚で書いたという。また、ジョージ・ルーカス監督の映画『アメリカン・グラフィティ』(1973年)の影響も匂わせている。Natural Menu フレッシュアイペディアより)

309件中 31 - 40件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード