309件中 41 - 50件表示
  • WILDROID9

    WILDROID9から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    開発元のShiny Entertainmentのデイビット・ペリー(David Perry)は初期の開発段階で『アースワム・ジム2』発表直後の1996年から開発が始まった。アースワム・ジムシリーズのデザインに取り組んで来たトム・タナカ(Tom Tanaka)、ケヴィン・マンロー(Kevin Munroe)も、アースワム・ジムに続いて、このゲームのデザインに取り組んだ。3年後の完成を目指して初期の主人公のキャラクターなどのアイデアは敵を蒸発させる事が出来る特殊なグローブを持った女性キャラクターを考えていた。ゲームの最終前提では主人公は装備をコントロールするウェックス・メージャーという名の男性に変更された。最初はセガサターンとプレイステーション用に開発されていたが、セガサターン版の開発は初期の段階でキャンセルとなり、プレイステーションでの開発・発売となった。このゲームのキャラクターをデザインし、ストーリーを考えたケヴィン・マンローとトム・タナカはジョージ・ルーカスの映画『スター・ウォーズ』を想像していたと語っている。WILDROID9 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・マイケル・キャンベル

    スコット・マイケル・キャンベルから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1994年にジョージ・ルーカスが製作総指揮をつとめたサスペンスコメディ映画『笑撃生放送! ラジオ殺人事件』で映画デビューも果たし、その後はアン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』やブルース・ウィリス主演の人気アクションシリーズ『ダイ・ハード/ラスト・デイ』などの映画から、『24 -TWENTY FOUR-』や『スーパーナチュラル』などの幅広いジャンルのテレビドラマで活躍している。スコット・マイケル・キャンベル フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・チュウ

    リチャード・チュウから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1974年のフランシス・フォード・コッポラ監督の『カンバセーション…盗聴…』で初めてフィーチャー映画の編集を務め、これで英国アカデミー賞編集賞を受賞する。1975年の『カッコーの巣の上で』でも同賞を受賞し、さらにアカデミー編集賞にもノミネートされる。1977年のジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』でポール・ハーシュ、マーシア・ルーカスと共にアカデミー編集賞を受賞する。リチャード・チュウ フレッシュアイペディアより)

  • フィニアンの虹

    フィニアンの虹から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    プロデューサーのジョセフ・ランドンは若い世代の感覚で映画を製作しようと考え、当時28歳のフランシス・フォード・コッポラを監督に抜擢し、脚本や振付といった周囲のスタッフをベテランで固めた。さらにはコッポラを手伝ったスタッフの中に大学生時代のジョージ・ルーカスがいた。フィニアンの虹 フレッシュアイペディアより)

  • 小さな妖精ミルン

    小さな妖精ミルンから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    『小さな妖精ミルン』(ちいさなようせいミルン)は、アメリカの映画監督ジョージ・ルーカスが総指揮を執り、大阪のアニメ会社アニメワールド大阪との共同制作を計画していたアニメ映画。小さな妖精ミルン フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ハインデル

    ロバート・ハインデルから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    コレクターとして、ダイアナ、モナコのキャロライン王女(カロリーヌ・ド・モナコ)、高円宮憲仁親王などが知られ、クリント・イーストウッド、ジョージ・ルーカスや、『キャッツ』『オペラ座の怪人』などの作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーなどからも敬愛された。草刈民代などとも親交があった。ロバート・ハインデル フレッシュアイペディアより)

  • スターログ

    スターログから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1985年11月には節目となる創刊100号を迎え、SFで最も重要な100人を特集した。このインタビューには映画監督のジョン・カーペンター、ピーター・カッシング、ジョージ・ルーカス、作家のハーラン・エリスン、俳優のレナード・ニモイやプロデューサーのジーン・ロッデンベリーが含まれている。スターログ フレッシュアイペディアより)

  • ツー・ライヴ・クルー

    ツー・ライヴ・クルーから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    性描写の下ネタ連発の独特のスタイルのラップ歌詞内容から黒人の若者のみならず、白人の青少年も聴く様になり大ヒットを飛ばす。特に1989年の『As Nasty As They Wanna Be』は大ヒットし、『Me So Horny』もラジオで流れる様になって人気になった。しかし、これを知った当時のフロリダ州知事ボブ・マルティネスやゲームやポルノ撲滅運動家としてしられる弁護士ジャック・トンプソンらが彼らの曲を猥褻罪にしようと保守系のキリスト教組織のアメリカン・ファミリー協会(AFA)と協力し、彼らのアルバムをペアレンタル・アドバイザリー(未成年に相応しくないと判断した音楽作品の警告ラベル)を張り、法制化を推し進めた。これにより、フロリダ州を始め、インディアナ州やオハイオ州、ペンシルベニア州、テネシー州、ウィスコンシン州などで彼らのアルバム曲は猥褻物と見なして規制され、彼らのアルバムをレコード店で販売した店員は次々と検挙され逮捕された。フロリダ州のニック・ナバロ保安官が猥褻罪でルークらメンバーを逮捕している。またジョージ・ルーカスからもルーク・スカイウォーカーの名を使うのを止める様に告訴を起こされ、これに敗北し、ルークは300万ドルの賠償金とルークの名の改名を余儀なくされる。しかし、こうした事からあえてツー・ライヴ・クルーの知名度は挙がり逆に人気を呼んだ。さらにルークは1990年にこうしたバッシングなどを受け急遽『Banned in the U.S.A.』(アメリカ合衆国で叩かれた)を発表した。ブルース・スプリングスティーンの『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』のサンプリング使用し、マルティネス知事やナバロ保安官らの批判を、相変わらずの下ネタ歌詞に乗せて、表現の自由を主張した内容になっている。ツー・ライヴ・クルー フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バジル

    トニー・バジルから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    日本では一発屋の扱いもうけるが、女優・振付師として60年代から活動し、ジョージ・ルーカスの『アメリカン・グラフィティ』、ベット・ミドラー主演の『ザ・ローズ』をはじめ多数の振付に携わり、長いキャリアの中でエミー賞、グラミー賞を受賞している。トニー・バジル フレッシュアイペディアより)

  • 第55回カンヌ国際映画祭

    第55回カンヌ国際映画祭から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 - ジョージ・ルーカス(アメリカ)第55回カンヌ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

309件中 41 - 50件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード