309件中 51 - 60件表示
  • アメリカン・グラフィティ2

    アメリカン・グラフィティ2から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカス監督の大ヒット作『アメリカン・グラフィティ』の後日談。1962年の晩夏を舞台にした前作に対し、1964年、1965年、1966年、1967年の大晦日の出来事を中心に描いた構成となっている。ジョージ・ルーカスは製作総指揮に回り、監督はB・W・L・ノートンが努めた。アメリカン・グラフィティ2 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・ゾエトロープ

    アメリカン・ゾエトロープから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    アメリカン・ゾエトロープ ( 別名:ゾエトロープ・スタジオ(、1979年 - 1990年)) はフランシス・フォード・コッポラとジョージ・ルーカスが設立した映画製作スタジオの名称。アメリカン・ゾエトロープ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ラディ

    トム・ラディから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1983年にはクリス・マルケル監督の日本に関するドキュメンタリー『サン・ソレイユ』に撮影助手として参加する。コッポラ、ジョージ・ルーカス製作総指揮による三島由紀夫の生涯を描いた『MISHIMA』(1985年)にプロデューサーとして参加する。トム・ラディ フレッシュアイペディアより)

  • 映画用カメラ

    映画用カメラから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    現在はコンピュータグラフィックスや画像合成、さらに編集など映画製作プロセスの大半がデジタル化されており、撮影においても業務用ビデオカメラの高画質化に伴い、それらを用いたデジタル撮影が増えている。(ただ、資金面で余裕のあるハリウッドメージャーの場合、映画や大型テレビドラマは未だ35mmフィルム撮影の方が圧倒的に主流である。)デジタルシネマ構想の推進者であるジョージ・ルーカスが2002年公開の『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』にて、最初にHD24Pによる完全デジタル撮影を行っており、撮影した映像を即座に(デジタル回線でデータ転送すれば遠隔地でも)確認できる、フィルムの現像やデジタルスキャンの手間が省かれる、フィルム長による連続撮影時間の制限が解消される、などの利点がある。映画用カメラ フレッシュアイペディアより)

  • アーヴィン・カーシュナー

    アーヴィン・カーシュナーから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    監督候補抜擢に驚いた本人がジョージ・ルーカスにそれを問いただすと、その返答は「あなたはハリウッドのディレクターが身につけておくべき知識をすべて身につけつつも、ハリウッドの人じゃないから」というものだったといい、ルーカスは彼の登場人物のキャラクター作りのセンスが気に入っていたという。アーヴィン・カーシュナー フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・マクティーグ

    ジェームズ・マクティーグから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1980年代後半より美術スタッフとして映画界で活動を始める。1990年代に入るとアシスタントディレクターとしてクレジットされるようになり、ウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』三部作(1999年 - 2003年)、ジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)などの大作にも参加した。ジェームズ・マクティーグ フレッシュアイペディアより)

  • ブーンドックス (漫画)

    ブーンドックス (漫画)から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    長髪のアメリカ人。白人。何か月もの間ファントム・メナスに同調していて、ヒューイもその考えを支持していた。映画の内容に絶望して生きがいを失ったとき、ヒューイからジョージ・ルーカスを訴えようとそそのかされる。(ヒューイは本気で言ったつもりではなかった)ブーンドックス (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • グローイング・アップ (映画)

    グローイング・アップ (映画)から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」に触発されて作られた、オールディーズをふんだんに使った青春映画のシリーズであり、プロデューサーはハリウッドでもお馴染みのメナヘム・ゴーラン。お色気も取り入れたという点では「ポーキーズ」や「ザ・カンニング IQ=0」等が最も近い。これらは人気が出てシリーズ化される。世界的なイスラエル製のお色気青春モノはこの映画位である。グローイング・アップ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ダラボン

    フランク・ダラボンから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    また、ノンクレジットで脚本の手直しをしたりもしている(ジョージ・ルーカスは、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の脚本構成に当たって、フランク・ダラボンにアドバイスをもらったと当該作品のメイキング映像で語っている)。『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』では自ら脚本家のクレジットから名前を外すように要請した。フランク・ダラボン フレッシュアイペディアより)

  • ウィルヘルムの叫び

    ウィルヘルムの叫びから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    その後十年間、バートはジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグらの作品等、彼の関わった多くの作品にウィルヘルムの叫びを組み込んだ(『インディ・ジョーンズ シリーズ』の全ての作品でウィルヘルムの叫びが使用されている)。これにより、他のサウンドデザイナーの間でもウィルヘルムの叫びはメジャーなものになった。ウィルヘルムの叫び フレッシュアイペディアより)

309件中 51 - 60件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード