309件中 71 - 80件表示
  • ミッチェル撮影機

    ミッチェル撮影機から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ミッチェルビスタビジョン型撮影機 - パラマウント映画のビスタビジョンを使用してのサウンド撮影のための撮影機である。『十戒』(1956年)とそれ以降の採用であって、それ以前の初期のビスタビジョンでは、ステイン改造機やテクニカラー三色法カメラ改造機を使用していた。ジョージ・ルーカスは『スター・ウォーズ』(1977年)の合成用の大きめのサイズのネガにビスタビジョンを使用した。ミッチェル撮影機 フレッシュアイペディアより)

  • ケイ・レンツ

    ケイ・レンツから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1953年、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。父親のテッド・レンツは、プロデューサーで、母親のケイ・ミラー・レンツは、モデルなどをしていた。子役としてキャリアをスタートさせ、『メイベリー110番』などのテレビシリーズや、舞台などへも出演している。1973年、ジョージ・ルーカス監督の『アメリカン・グラフィティ』の端役として出演し、映画デビュー。その同年に出演したクリント・イーストウッド監督の『愛のそよ風』では、1974年のゴールデン・グローブ賞の新人賞にノミネートされた。その後も順調にキャリアを重ね、女優としての地位を築き上げている。また、1990年にはテレビドラマシリーズ『Midnight Caller』へのゲスト出演の演技が評価されプライムタイム・エミー賞を受賞した。ケイ・レンツ フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・ハル

    アーサー・ハルから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    アーサー・ハル(Arthur Hull)は、国際的に著名なパーカッショニストであり、ファシリテーテッド・ドラムサークルを発案・開発した「ドラムサークルの父」として知られる。現在では世界中でドラムサークル・ファシリテーター・トレーニングを行っている。アーサーのドラムサークルには、スティーヴィー・ワンダー、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス他の著名人が参加、Percussive Arts Society International Conference (PASIC)、Seattle World Rhythm Festival等の有名フェスティバル・会議、Fortune誌の選ぶTop 500 Corporationを含む企業研修等でドラムサークルを行っている。ババトゥンデ・オラトゥンジ、ミッキー・ハート(グレイトフル・デッド)、ジェームズ・アッシャー他とレコーディングやコンサートを行う。カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校では、これまで7,000人に「ビレッジ・ミュージック」と呼ばれるユニバーサル・ミュージックを教えている。米パーカッションメーカーREMO社より、多くのシグネチャー・シリーズも発売されている。アーサー・ハル フレッシュアイペディアより)

  • カールスバッド (カリフォルニア州)

    カールスバッド (カリフォルニア州)から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    元フォーシーズンズ・リゾート・アビアラで毎年ウォールストリート・ジャーナルのD会議(オール・シングズ・デジタルあるいはオールシングズD)を開催している。この会議は技術産業での大立て者が集うものであり、過去の会議ではスティーブ・バルマー、セルゲイ・ブリン、マーク・キューバン、フィリップ・ダウマン、マイケル・デル、ラリー・エリソン、カーリー・フィオリーナ、メリンダ・ゲイツ、アル・ゴア、ロバート・アイガー、ジョージ・ルーカス、ジョン・マケイン、ルパート・マードック、ラリー・ペイジ、テリー・セメル、エリック・シュミット、メグ・ホイットマン、ジェリー・ヤンおよびマーク・ザッカーバーグが出席してきた。カールスバッド (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 14歳までに見ておきたい50の映画

    14歳までに見ておきたい50の映画から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 : 監督ジョージ・ルーカス、1977年14歳までに見ておきたい50の映画 フレッシュアイペディアより)

  • マーシア・ルーカス

    マーシア・ルーカスから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    マーシア・ルーカス(Marcia Lucas、1945年 - )またはマーシア・グリフィン(Marcia Griffin)は、アメリカ合衆国の編集技師。南カリフォルニア大学時代に出会ったジョージ・ルーカスと1969年に結婚。1981年に娘のアマンダを養子に迎える。1983年に離婚。マーシア・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • デブラリー・スコット

    デブラリー・スコットから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1953年、ニュージャージー州・エリザベスに生まれる。1971年にクリント・イーストウッド主演の『ダーティハリー』でノークレジットながら映画デビュー。その後もジョージ・ルーカス監督の『アメリカン・グラフィティ』などへ出演し、1976年からテレビドラマシリーズ『メアリー・ハートマン、メアリー・ハートマン』のレギュラーキャストとして出演して女優としての地位を確立。同シリーズではメインキャストのキャシー役を演じて、325エピソードへ出演した。それ以降もテレビドラマや映画など主にコメディ作品へ出演して、キャリアを積んだ。1984年にはスティーヴ・グッテンバーグ主演のコメディ・シリーズ『ポリス・アカデミー』へ出演。第1作目ではブルース・マーラー演じる夫が警察学校へ入学しようとするのを必死に止めようとする妻を演じ、第3作目では自身が警察学校へ入学するという設定をコミカルに演じた。デブラリー・スコット フレッシュアイペディアより)

  • ウィラード・ハイク

    ウィラード・ハイクから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ウィラード・ハイク(Willard Huyck、1945年9月8日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督・脚本家・映画プロデューサー。カリフォルニア州出身。ジョージ・ルーカスの補佐で知られる。南カリフォルニア大学映画芸術学部に通い、映画製作グループの「The Dirty Dozen」と出会う。妻のグロリア・カッツと共に『アメリカン・グラフィティ』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』などを製作している。ウィラード・ハイク フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ビーチ

    スコット・ビーチから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1931年、オレゴン州のポートランド生まれ。1960年代にコメディ集団「The Committee」に所属してキャリアをスタートさせた。1968年にスティーブ・マックイーン主演の『ブリット』で映画デビュー。1971年にはジョージ・ルーカスのデビュー作『THX 1138』へもノンクレジットながらナレーターとして出演もしている。その縁で、ルーカスが監督した『アメリカン・グラフィティ』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(ノンクレジットで声のみの出演)へも出演を果たした。俳優としての活動のみならず、サンフランシスコにあるラジオ局、KSFOでDJなどとしても活躍した。スコット・ビーチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ダイクストラ

    ジョン・ダイクストラから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    インダストリアルデザインを学んだ後、映画『サイレント・ランニング』の模型製作をダグラス・トランブルとともに行った。映画『スター・ウォーズ』製作に向けて特撮スタッフを探していたジョージ・ルーカスは、ダグラス・トランブルを誘ったが、トランブルはダイクストラをルーカスに紹介した。ダイクストラはILMにおいてDykstraflex(コンピュータによるモーション・コントロールカメラのシステム)の開発の中心的な役割を果たした。これは数々の映画においてSFXの助けとなった。このシステムは、比較的低コストによって実現された。というのも、中古のビスタビジョンのカメラと、既製品のマイクロプロセッサーによって可能だったからである。ジョン・ダイクストラ フレッシュアイペディアより)

309件中 71 - 80件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード