309件中 81 - 90件表示
  • ジョージ・ウォルトン・ルーカス・ジュニア

    ジョージ・ウォルトン・ルーカス・ジュニアから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ウォルトン・ルーカス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ル・マット

    ポール・ル・マットから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    俳優として1972年にテレビ映画『猛火と闘う男たち/ファイヤーハウス』で映画デビュー。翌年1973年にジョージ・ルーカス監督の『アメリカン・グラフィティ』のメインキャストに抜擢されたことで知名度が上昇。1974年には同作品での演技が評価され、ゴールデングローブ賞の新人賞を受賞した。同作品は低予算で製作されたにもかかわらず興行的な成功も収め、後に製作された『アメリカン・グラフィティ2』へも出演している。役者として認知されたことからその後も順調にキャリアを重ねて、映画やテレビドラマなど様々な分野で活躍する役者へと成長し、俳優の地位を確固たるものとした。1985年に出演したテレビ映画『バーニング・ベッド』でもゴールデングローブ賞のテレビ映画・ミニシリーズ部門の助演男優賞を獲得している。ポール・ル・マット フレッシュアイペディアより)

  • スター・ウォーズ・キッド

    スター・ウォーズ・キッドから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    彼の「活躍」に一方的ながらも好意をもった人達による「少年を『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』にカメオ出演させよう」という嘆願書には、17万8千を超える電子著名が集まった。ジョージ・ルーカスは彼の状況に同情したものの、映画ではその様なカメオ出演は行われず、そのようなことを行う事が周知している計画は全くない。また、少年自身がそれを望んでいるどうかも、全く分かっていない。スター・ウォーズ・キッド フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ピープルVSジョージ・ルーカス

    ザ・ピープルVSジョージ・ルーカスから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ザ・ピープルVSジョージ・ルーカスは2010年のドキュメンタリー/コメディー映画。日本で公開された時はピープルVSジョージ・ルーカスだった。映画『スター・ウォーズ』の制作、熱狂的ファン、創始者ジョージ・ルーカスを扱う。制作者とファンの対立がテーマ。ザ・ピープルVSジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ケネディ・センター名誉賞

    ケネディ・センター名誉賞から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    2015 — キャロル・キング, ジョージ・ルーカス, リタ・モレノ, 小澤征爾, and シシリー・タイソンケネディ・センター名誉賞 フレッシュアイペディアより)

  • コーリング・オール・ガールズ

    コーリング・オール・ガールズから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ビデオは、ジョージ・ルーカスの映画『THX 1138』のパロディであり、『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2』やバンドのオフィシャルユーチューブページでリリースされる前には貴重であった。ロジャーとブライアンは、このビデオを見下していることをコメントで率直に述べており、ロジャーは、この曲のメッセージでロボット(目立って登場する)とは関係がなかったと述べている。コーリング・オール・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・マーカンド

    リチャード・マーカンドから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1981年の『針の眼』がジョージ・ルーカスに評価され、『ジェダイの帰還』の監督に抜擢されることとなる。リチャード・マーカンド フレッシュアイペディアより)

  • 吹き替え

    吹き替えから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    日本語吹き替えの配役は、アニメとは異なりオーディションはほとんど行われず、プロデューサーやディレクターなどが声優を指名して決めることがほとんどである。ただし、ディズニー作品、スティーヴン・スピルバーグ作品、ジョージ・ルーカス作品などでは指名ではなく、アニメ同様オーディションが行われる。吹き替え フレッシュアイペディアより)

  • サターン監督賞

    サターン監督賞から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    1977年度(第5回):ジョージ・ルーカス 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、スティーヴン・スピルバーグ 『未知との遭遇』サターン監督賞 フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ブリン

    デイヴィッド・ブリンから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    また、SFやファンタジーの評論も書いており、スター・ウォーズや指輪物語を批判している。スター・ウォーズに関しては、ジョージ・ルーカスが反民主主義的な階級社会を描いている点を批判し、指輪物語については、反対勢力を虐殺する点に伝統的階級社会への愛着が現れているとし、同時にロマン主義的な後ろ向きの世界観を批判している。デイヴィッド・ブリン フレッシュアイペディアより)

309件中 81 - 90件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード