255件中 81 - 90件表示
  • グローイング・アップ (映画)

    グローイング・アップ (映画)から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」に触発されて作られた、オールディーズをふんだんに使った青春映画のシリーズであり、プロデューサーはハリウッドでもお馴染みのメナハム・ゴーラン。お色気も取り入れたという点では「ポーキーズ」や「ザ・カンニング」等が最も近い。これらは人気が出てシリーズ化される。世界的なイスラエル製のお色気青春モノはこの映画位である。グローイング・アップ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第23回ゴールデンラズベリー賞

    第23回ゴールデンラズベリー賞から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 - ジョージ・ルーカス、ジョナサン・ホールズ第23回ゴールデンラズベリー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ハインデル

    ロバート・ハインデルから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    コレクターとして、ダイアナ、モナコのキャロライン王女(カロリーヌ・ド・モナコ)、高円宮憲仁親王などが知られ、クリント・イーストウッド、ジョージ・ルーカスや、『キャッツ』『オペラ座の怪人』などの作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーなどからも敬愛された。草刈民代などとも親交があった。ロバート・ハインデル フレッシュアイペディアより)

  • タタウイヌ

    タタウイヌから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスがスター・ウォーズを撮影した場所としても知られる。またSFテレビドラマのXファイルにも地球外ウイルスの実験施設が開かれた場所として登場した。タタウイヌ フレッシュアイペディアより)

  • マーシア・ルーカス

    マーシア・ルーカスから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    マーシア・ルーカス(Marcia Lucas、1945年 - )またはマーシア・グリフィン(Marcia Griffin)は、アメリカ合衆国の編集技師。南カリフォルニア大学時代に出会ったジョージ・ルーカスと1969年に結婚。1981年に娘のアマンダを産む。1983年に離婚。マーシア・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ベイカー

    ケニー・ベイカーから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスが1977年に『スター・ウォーズ』でのR2-D2役のためにベイカーを採用した時、ベイカーはジャック・パービスと一緒にサーカスやキャバレーに出演していた。『スター・ウォーズ』の出演より世界的なスターとなり、多数の映画やテレビに出演するようになった。ケニー・ベイカー フレッシュアイペディアより)

  • ウィロー

    ウィローから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    『ウィロー』(Willow)は、1988年のアメリカのファンタジー映画。ロン・ハワード監督、ジョージ・ルーカス原案。ウィロー フレッシュアイペディアより)

  • 惑星冒険もの

    惑星冒険ものから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    このような物語で市場で最初に成功した作家としてエドガー・ライス・バローズがいる。彼の火星シリーズの最初の作品「火星の月の下で」(のちに『火星のプリンセス』として出版)はパルプ雑誌「オールストーリー」に1912年に掲載された。バローズが惑星冒険ものの様式全てを考案したわけではないが、パルプ雑誌における異星を舞台とした冒険ものの様式を広く認知させたことは確かである。バローズの描く「バルスーム」(火星)は文化的にも科学技術的にも無秩序なごちゃ混ぜであり、「ラジウム銃」や不思議な光線を使って浮遊する乗り物など未来的な機器があるかと思えば、火星人の騎兵隊がおり、皇帝やプリンセスなどを頂点とした制度があり、剣で戦う場面も多い(それを正当化する設定がある)。このように未来的なものと古風なものを混合する手法は、フランク・ハーバートの《デューン》シリーズやジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ」に受け継がれた。火星シリーズのストーリーは全くの冒険ものであり、捕らわれて囚人となり、剣闘士として強制的に戦わされ、大胆な脱走をし、モンスターを狩り、悪人と決闘する。ファンタジー要素は幽体離脱、テレパシー以外ほとんどなく、「魔法」とされるものの多くは無視されたりいんちきとして暴露されたりする。惑星冒険もの フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ザ・ダック

    ハワード・ザ・ダックから見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    日本では、ジョージ・ルーカスによって製作された同名の映画作品が有名だが、内容や設定などは大きく異なる。ハワード・ザ・ダック フレッシュアイペディアより)

  • インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

    インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国から見たジョージ・ルーカスジョージ・ルーカス

    ハリソン・フォードは言うまでもなくインディアナ・ジョーンズ役で出演するほか、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のカレン・アレンが27年ぶりにシリーズ再出演。父ヘンリー役のショーン・コネリーの出演も期待されたが、公式に出演しないことを発表した。ただしルーカスのインタビューによれば脚本上では登場すると答えている(最終的には額に入った写真のみの出演)。また、監督スティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮ジョージ・ルーカス、音楽ジョン・ウィリアムズ、製作フランク・マーシャル、音響効果のベン・バート、編集のマイケル・カーンなど主要スタッフは変わっていない。インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 フレッシュアイペディアより)

255件中 81 - 90件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード