94件中 21 - 30件表示
  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たC・S・ルイス

    神話にも造詣深く、特に大きな影響を受けたと公言しているのがジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』(The Hero with a Thousand Faces)であり、「彼の本に出会っていなければ私は未だにスター・ウォーズ・シリーズの脚本執筆に追われていただろう」と1984年のインタビューで語っている。その他にエドガー・ライス・バローズ、E・E・スミス、フランク・ハーバートなどのSF作品、グリム童話、C・S・ルイス、J・R・R・トールキン、カルロス・カスタネダから影響を受けたという。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たJ・R・R・トールキン

    神話にも造詣深く、特に大きな影響を受けたと公言しているのがジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』(The Hero with a Thousand Faces)であり、「彼の本に出会っていなければ私は未だにスター・ウォーズ・シリーズの脚本執筆に追われていただろう」と1984年のインタビューで語っている。その他にエドガー・ライス・バローズ、E・E・スミス、フランク・ハーバートなどのSF作品、グリム童話、C・S・ルイス、J・R・R・トールキン、カルロス・カスタネダから影響を受けたという。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たジョーゼフ・キャンベル

    神話にも造詣深く、特に大きな影響を受けたと公言しているのがジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』(The Hero with a Thousand Faces)であり、「彼の本に出会っていなければ私は未だにスター・ウォーズ・シリーズの脚本執筆に追われていただろう」と1984年のインタビューで語っている。その他にエドガー・ライス・バローズ、E・E・スミス、フランク・ハーバートなどのSF作品、グリム童話、C・S・ルイス、J・R・R・トールキン、カルロス・カスタネダから影響を受けたという。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たE・E・スミス

    神話にも造詣深く、特に大きな影響を受けたと公言しているのがジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』(The Hero with a Thousand Faces)であり、「彼の本に出会っていなければ私は未だにスター・ウォーズ・シリーズの脚本執筆に追われていただろう」と1984年のインタビューで語っている。その他にエドガー・ライス・バローズ、E・E・スミス、フランク・ハーバートなどのSF作品、グリム童話、C・S・ルイス、J・R・R・トールキン、カルロス・カスタネダから影響を受けたという。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たレイ・ハリーハウゼン

    尊敬する映画監督は、特撮映画の巨匠レイ・ハリーハウゼンと黒澤明で、レイ・ハリーハウゼンについては「僕達のほとんどが子供の頃から彼(ハリーハウゼン)の影響を受けてきた。その存在なくして『スター・ウォーズ』は生まれなかった。」と影響の大きさを語っている。黒澤に対しては、『影武者』にて国際版の製作総指揮という立場で黒澤を支援し、1990年の第62回アカデミー賞授賞式では、スピルバーグと共に黒澤にアカデミー名誉賞のオスカー像を贈った。黒澤の影響からルーカスの作品の随所には日本文化の影響が表れている。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たインディ・ジョーンズ

    子供の頃からSFマニア。また、かつての映画での「連続活劇モノ」のファンでもあり、インタビューにおいて『インディ・ジョーンズ』や『スター・ウォーズ』の演出には連続活劇の手法を用いていると語っている。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見た東京ディズニーシー

    日本では、1987年頃から1990年にかけてテレビで放映された、パナソニックから当時発売されていた「パナカラーイクス」 や「HI-Fiマックロード」などのCMに登場していたことでも知られる。この時の繋がりが、東京ディズニーランド並びに東京ディズニーシー内のアトラクション、「スターツアーズ」や「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー 〜クリスタルスカルの魔宮〜」など、アトラクションスポンサーとしての結び付きに繋がってもいる。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見た糖尿病

    製作総指揮を手掛けた作品は多いが、監督作とは対照的にそのほとんどは評価が低く、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』はその最たる物である。また、監督としての作品も6作品と多くはない(うち4作が『スター・ウォーズ』)。理由の一つに、『スター・ウォーズ エピソード4』(77年)を製作中のストレスが甚大で、内気な性格の上に糖尿病を患っていたルーカスには肉体的負担が強かった事が挙げられる。ルーカスが思い描く「世界観」が誰にも理解出来ず、監督業から編集作業まで総てを手がけなければならないという激務もあって、実際、撮影中に二度入院している。そのため、『エピソード5』『エピソード6』では製作総指揮に回り、次の監督作『エピソード1』まで22年間の空白が出来る事になった。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たワイン

    映画で得た利益のほとんどをルーカスフィルムに費やして、自身の生活は質素。マリンカウンティのハンバーガー店でハンバーガーを食べている姿をよく見かけられている。なお、ルーカスフィルムがあるスカイウォーカーランチでは、ブドウを栽培しており、このブドウは収穫されコッポラの経営するニバウム・コッポラ・ワイナリーでワインとして販売され、高値で取引されている。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たインディ・ジョーンズ シリーズ

    『スター・ウォーズ』シリーズや『インディ・ジョーンズ』シリーズなどの世界的大ヒットシリーズの製作で、非常によく知られている。スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンと並んで、最も商業的に成功した映画作家の一人でもある。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード