103件中 71 - 80件表示
  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たE.T.

    スティーヴン・スピルバーグとは、映画界における昔からの戦友である。スピルバーグは『未知との遭遇』公開直後から同時期に公開された『スター・ウォーズ』の大ファンであった。『インディ・ジョーンズ』シリーズを一緒に製作しているほか、『スター・ウォーズ エピソード3』では、スピルバーグがアシスタント・ディレクターに就いた。ポーランドで『シンドラーのリスト』を撮影していたスピルバーグに代わって『ジュラシック・パーク』のCGの仕上げや編集などのポストプロダクションを統括したのもルーカスで、『E\.T\.』のハロウィーンのシーンでヨーダが登場、『スターウォーズ エピソード1』ではエキストラとしてE.T.が登場し、『未知との遭遇』にはR2-D2が登場していたりもする。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たマリン郡 (カリフォルニア州)

    映画で得た利益のほとんどをルーカスフィルムに費やして、自身の生活は質素。マリンカウンティのハンバーガー店でハンバーガーを食べている姿をよく見かけられている。なお、ルーカスフィルムがあるスカイウォーカーランチでは、ブドウを栽培しており、このブドウは収穫されコッポラの経営するニバウム・コッポラ・ワイナリーでワインとして販売され、高値で取引されている。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見た映画芸術科学アカデミー

    また、1981年に全米監督協会、全米脚本家組合、映画芸術科学アカデミーから脱退している。引き金となったのは『帝国の逆襲』の完成後、ジョージはオープニング・クレジットの省略に関して各協会の許可を取っていなかったこと、自身の名前だけクレジットさせたこと(だが、それはルーカスフィルム・リミテッドという社名であった)から罰金を支払わされたことにある。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たマックロード

    日本では、1987年頃から1990年にかけてテレビで放映された、パナソニックから当時発売されていた「パナカラーイクス」 や「HI-Fiマックロード」などのCMに登場していたことでも知られる。この時の繋がりが、東京ディズニーランド並びに東京ディズニーシー内のアトラクション、「スターツアーズ」や「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー 〜クリスタルスカルの魔宮〜」など、アトラクションスポンサーとしての結び付きに繋がってもいる。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たグリム童話

    神話にも造詣深く、特に大きな影響を受けたと公言しているのがジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』(The Hero with a Thousand Faces)であり、「彼の本に出会っていなければ私は未だにスター・ウォーズ・シリーズの脚本執筆に追われていただろう」と1984年のインタビューで語っている。その他にエドガー・ライス・バローズ、E・E・スミス、フランク・ハーバートなどのSF作品、グリム童話、C・S・ルイス、J・R・R・トールキン、カルロス・カスタネダから影響を受けたという。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たレーザーディスク

    『スター・ウォーズ』第1作で既にドルビー・ステレオを導入していたルーカスは、映画館の音響設備が整備されていなかった高水準の音響設備や上映環境を整えるため、THXプログラムを1980年代に立ち上げた。これは音響機器の特性から残響・遮音といった上映施設の環境に至るまで厳しい基準を設定し、ルーカスフィルム傘下で高品質の音響製作を行うスカイウォーカー・サウンドの音が、そのまま映画館でも再生出来るよう意図したものである。さらに、映写システム調整用のテスト素材TAPの供給も開始。これによって、上映環境が画も音も改善され、ドルビーのサラウンドシステムの進歩も促した。THXでは上映フィルムの品質管理も行うようになり、レーザーディスクやDVD、Blu-ray Discなど、家庭用ソフトウェアでもTHX認定を受ける製品がある。映画上映の環境改善、ビデオや音響システムのデジタル化に伴った製作から家庭までの再生環境の向上に、ルーカスとTHXは絶大な影響を与えたのである。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たヨーダ

    スティーヴン・スピルバーグとは、映画界における昔からの戦友である。スピルバーグは『未知との遭遇』公開直後から同時期に公開された『スター・ウォーズ』の大ファンであった。『インディ・ジョーンズ』シリーズを一緒に製作しているほか、『スター・ウォーズ エピソード3』では、スピルバーグがアシスタント・ディレクターに就いた。ポーランドで『シンドラーのリスト』を撮影していたスピルバーグに代わって『ジュラシック・パーク』のCGの仕上げや編集などのポストプロダクションを統括したのもルーカスで、『E.T.』のハロウィーンのシーンでヨーダが登場、『スターウォーズ エピソード1』ではエキストラとしてE.T.が登場し、『未知との遭遇』にはR2-D2が登場していたりもする。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見た世界柔術選手権

    養子が3人(女がアマンダともう1人、男1人)。アマンダ・ルーカスは女性総合格闘家(DEEP女子・無差別級初代チャンピオン)・ブラジリアン柔術家である。ブラジリアン柔術紫帯部門第2位(ムンジアル 女子紫帯ヘビー級、2011年6月。クリスチャン・サイボーグに決勝で敗れる)。次いで総合格闘技では2011年8月26日、「DEEP 55 IMPACT」にて日本の篠原光に対しTKO勝利を収めた。ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たスター・ウォーズ/帝国の逆襲

    スター・ウォーズ/帝国の逆襲 Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back (1980年) 製作総指揮・原案ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスから見たインディ・ジョーンズ/最後の聖戦

    インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 Indiana Jones and the Last Crusade (1989年) 製作総指揮ジョージ・ルーカス フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「ジョージ・ルーカス」のニューストピックワード