35件中 11 - 20件表示
  • フアン・ピエール

    フアン・ピエールから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    打撃面では長打力はないが、ミート技術と足の速さを生かして安打を量産する。セーフティーバントや内野安打の数も非常に多く、2001年からの通算内野安打数はイチローに次いでMLB全選手中2位である。セーフティーバントは2007年まで5年連続で1位で通算で335回試み140回成功している(2007年まで)。三振の少なさも際立っており、平均すると16.7打席に1回しか三振しない。プラシド・ポランコやジョー・マウアーを上回り、現役メジャーリーガーではトップの水準を誇る。フアン・ピエール フレッシュアイペディアより)

  • クリス・アイアネッタ

    クリス・アイアネッタから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    春開催の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に、アメリカ合衆国代表の一員として出場している。WBCの大会規定上アイアネッタは、自身の出身国であるアメリカ合衆国と、両親の出身国であるイタリアと、2か国の代表のどちらに入るか選ぶことができた。そのため当初は、自分と同じイタリア系アメリカ人で第1回WBCにイタリア代表として出場した経験を持つロッキーズの同僚ジェイソン・グリーリから誘われたことや、アメリカ合衆国代表の捕手陣はブライアン・マッキャンとジョー・マウアーの2人で決まりだろうと予測していたことから、イタリア代表入りを決めていた。しかしその後、マウアーが腎臓手術を受けたことを理由にWBC出場を辞退すると、アイアネッタはアメリカ合衆国代表に入ることとなった。大会では4試合に出場、13打数4安打・1本塁打・6打点を挙げた。クリス・アイアネッタ フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・ラモス

    ウィルソン・ラモスから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    は3Aスタートだったが、ジョー・マウアーの離脱により、5月2日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たす。この試合で、ラモスは5打数4安打と大活躍し、ツインズの選手では1984年のカービー・パケット以来のデビュー戦での4安打、捕手としては1900年以降の近代メジャーリーグでは史上初の快挙となった。しかし、5月13日にマウアーが復帰すると、再び3Aへ送られた。7月31日、マット・キャップスとの交換で、ジョー・テスタと共にワシントン・ナショナルズへ移籍した。ウィルソン・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・カダイアー

    マイケル・カダイアーから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    正二塁手のルイス・リバスが怪我をした頃から出場機会が増え始め、コスキーが移籍したには三塁に定着し、まずまずの成績を残した。はそれまで右翼を守っていたジャック・ジョーンズがシカゴ・カブスへ移籍。カダイアーは、打撃に専念させる意味で外野へとコンバートされる。そして、チームの中軸でともに左打者のジョー・マウアー・ジャスティン・モルノーとの兼ね合いで4番に入る事が多くなった。シーズンを通しては自身初の20本塁打と100打点を記録し、オフの11月には英語教師をしている女性と結婚した。マイケル・カダイアー フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    4月19日 - ジョー・マウアー(アメリカ、野球)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダスティン・ペドロイア

    ダスティン・ペドロイアから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    は6月に打率が2割6分台まで下がったが、後半戦は好調で打率.345を記録した。トータルでは.326でジョー・マウアーと2厘差で首位打者のタイトルを逃したが、得点(118)・安打(213)・二塁打(54)の3部門でリーグ1位。200安打・50二塁打は球団史上3人目の快挙となった。テリー・フランコーナ監督が「どんな展開でも、人生最後のゲームのように懸命にプレーする」と評し、チームに好影響を与えた。マニー・ラミレスが移籍し、デビッド・オルティーズ、マイク・ローウェル、J.D.ドリューらなど故障者が続出したチームの穴を埋め、ポストシーズン進出のキーマンとなった。ダスティン・ペドロイア フレッシュアイペディアより)

  • プレイヤーズ・チョイス・アワード

    プレイヤーズ・チョイス・アワードから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    最優秀選手, AL: ジョー・マウアープレイヤーズ・チョイス・アワード フレッシュアイペディアより)

  • A.J.ピアジンスキー

    A.J.ピアジンスキーから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    マイナーリーグで4年間を過ごした後、9月9日にメジャー初出場。から正捕手に昇格し、翌にオールスター選出。にはキャリアハイとなる打率.312を記録したが、チームがジョー・マウアーを正捕手として起用しながら育成する方針を打ち出したため、同年オフにトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍した。A.J.ピアジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    12月17日にツインズと総額925万ドルの3年契約(4年目は年俸400万ドルの球団オプション)を結び、同球団初の日本人野手となった。18日にはターゲット・フィールドにて背番号1のユニフォームを着て会見を行い、会見の席には殿堂入り選手のポール・モリターも出席し、全面的なバックアップを約束したという。背番号はロッテ時代と同じ7を希望していたが、ツインズの看板選手であるジョー・マウアーが着けていたため、1に決定した。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・ブテラ

    ドリュー・ブテラから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    4月9日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。この年はジョー・マウアーに次ぐ2番手捕手として、49試合に出場した(捕手としての出場は47試合)。盗塁阻止率は43%という高水準だった。ドリュー・ブテラ フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード