35件中 21 - 30件表示
  • バイロン・バクストン

    バイロン・バクストンから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    全米で最高の逸材と言われ、2012年のMLBドラフトで全体1位指名の最有力候補であったが、全体1位指名権を持つヒューストン・アストロズはプエルトリコ出身のカルロス・コレアを指名し、バクストンはミネソタ・ツインズから全体2位で指名された。同年6月12日に契約金600万ドルで入団。2001年に全体1位指名で入団したジョー・マウアーの510万ドルを超える球団史上最高額の契約金となった。バイロン・バクストン フレッシュアイペディアより)

  • 4月19日

    4月19日から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    1983年 - ジョー・マウアー、メジャーリーガー4月19日 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    首位打者 ジョー・マウアー(ミネソタ・ツインズ) .347 2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プント

    ニック・プントから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    は、1本塁打ながら、打率.290・45打点・17盗塁(失敗は5)と自己最高のシーズンを送り、シカゴ・ホワイトソックスのオジー・ギーエン監督に「ピラニア」と称されたしつこいツインズ打線を牽引。ジェイソン・タイナー、ジェイソン・バートレットとともに、中軸のジョー・マウアー、トリー・ハンター、ジャスティン・モルノー、マイケル・カダイアーへつなぐ重要な役目を担った。ニック・プント フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・モルノー

    ジャスティン・モルノーから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    1960年代前半に一生を風靡したミッキー・マントルとロジャー・マリスの "MM砲" にちなみ、チームメイトのジョー・マウアーとともに "新MM砲" と称されることがあるが、本人はこれに嫌悪感を示している。ジャスティン・モルノー フレッシュアイペディアより)

  • 捕手

    捕手から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    プロの野球において打撃3部門(首位打者・本塁打王・打点王)のタイトルを獲得する捕手は比較的少ない。MLBでは打撃タイトルを獲得した捕手は、アーニー・ロンバルディ、ジョニー・ベンチ、ジョー・マウアーなど数人であり、NPBにおいても、1936年のプロ誕生以降、バッキー・ハリス、服部受弘、野村克也、田淵幸一、古田敦也、阿部慎之助のわずか6人のみである。捕手 フレッシュアイペディアより)

  • 城島健司

    城島健司から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    は135試合に出場し、打率.287, 14本塁打、61打点、OPS.755を残し、守備率(863守備機会で.998)と盗塁阻止率 (.465) では両リーグトップを記録(もっとも、捕手防御率5.08は両リーグワースト2位であったため、高い盗塁阻止率にも関わらず守備防御点は-7であった)。7月3日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦では右手甲に打球を受け負傷したが、この時は幸運にも2000年に骨折した際に埋め込まれていた金属プレートのおかげで、再度の骨折を回避できた。オフにはCBSスポーツの捕手ランキングではホルヘ・ポサダ、ビクター・マルティネス、ラッセル・マーティン、ジョー・マウアーに次ぐ5位に入り、"2007 This Year in Baseball Award" の "Defensive Player" 部門に捕手で唯一ノミネートされた。城島健司 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    4月9日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初先発。初回に4失点を喫するなど、5回2/3を8安打、5失点、5奪三振、5四死球の内容だったが、打線の援護に恵まれメジャー初勝利を挙げる。初回4失点以上でのメジャー初登板初勝利はにセントルイス・カージナルスのビル・スティールが達成して以来102年ぶりの記録だった。24日のニューヨーク・ヤンキース戦では黒田博樹と投げ合い、8回1/3を7安打、無失点、10奪三振、2四球で最速97mph(約156km/h)も記録する投球で3勝目を挙げる。4月は5試合の登板で4勝0敗、防御率2.18、WHIP1.42の成績でリーグ月間最優秀新人を受賞。5月27日のトロント・ブルージェイズ戦では腰の張りで5回を投げて降板するも、日米通算100勝目を挙げる。前半戦は16試合の先発で10勝5敗、防御率3.59、WHIP1.36の成績を残し、最終投票でオールスターに選出される。最終投票の直前にはTwitterでの投票が可能になり、チームメイトと共に自身のTwitterで投票を呼びかけた。オールスター前日の会見では「すごい選手ばかりなので変な感じがする。どういう形であれ、ここにいるということは、成長したなと思う」とコメント。オールスター当日の登板はなかったが、デビッド・プライスやジョー・マウアーらと会話し、「僕にとって初めてのオールスターで何人かの選手といろいろな話ができて楽しかった」とコメントした。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ・ツインズ

    ミネソタ・ツインズから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    2011年は西岡剛をポスティングシステムで獲得し、チーム初の日本人選手となった。救援陣の放出が響くのと同時にジョー・マウアー、ジャスティン・モルノー、西岡剛など故障者が続出し、また、デルモン・ヤングをデトロイト・タイガースに、ジム・トーミをクリーブランド・インディアンズにトレードするなど、チームの主軸が移籍したために失速。4年振りに勝率5割を切り、11年振りの地区最下位に沈んだ。ミネソタ・ツインズ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・サンタナ

    ヨハン・サンタナから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    主な球種は速球(フォーシーム)とパラシュートチェンジ(チェンジアップの一種)、そしてスラーブ(スライダーとカーブの混ざり)である。ツインズの正捕手としてサンタナの球を受けていたジョー・マウアーは「どれをとっても彼の球種は平均を遥かに上回る」と評している。その中でも軸となるのが、同じ腕の振りから繰り出される速球とチェンジアップの組み合わせである。ヨハン・サンタナ フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード