45件中 21 - 30件表示
  • ジャスティン・モルノー

    ジャスティン・モルノーから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    ミネソタ・ツインズ在籍時は1960年代前半に一生を風靡したミッキー・マントルとロジャー・マリスの "MM砲" にちなみ、チームメイトのジョー・マウアーとともに "新MM砲" と称されることもあったが、本人はこれに嫌悪感を示している。ジャスティン・モルノー フレッシュアイペディアより)

  • バイロン・バクストン

    バイロン・バクストンから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    全米で最高の逸材と言われ、2012年のMLBドラフトで全体1位指名の最有力候補であったが、全体1位指名権を持つヒューストン・アストロズはプエルトリコ出身のカルロス・コレアを指名し、バクストンはミネソタ・ツインズから全体2位で指名された。同年6月12日に契約金600万ドルで入団。2001年に全体1位指名で入団したジョー・マウアーの510万ドルを超える球団史上最高額の契約金となった。バイロン・バクストン フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ・ツインズ

    ミネソタ・ツインズから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    2011年は西岡剛をポスティングシステムで獲得し、チーム初の日本人選手となった。救援陣の放出が響くのと同時にジョー・マウアー、ジャスティン・モルノー、西岡剛など故障者が続出し、また、デルモン・ヤングをデトロイト・タイガースに、ジム・トーミをクリーブランド・インディアンズにトレードするなど、チームの主軸が移籍したために失速。4年振りに勝率5割を切り、11年振りの地区最下位に沈んだ。ミネソタ・ツインズ フレッシュアイペディアより)

  • 城島健司

    城島健司から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    は135試合に出場し、打率.287, 14本塁打、61打点、OPS.755を残し、守備率(863守備機会で.998)と盗塁阻止率 (.465) では両リーグトップを記録したが、捕手防御率 (CERA) 5.08は両リーグワースト2位であったため、高い盗塁阻止率にもかかわらず守備防御点は-7だった。7月3日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦では右手甲に打球を受け負傷したが、2000年に骨折した際に埋め込まれていた金属プレートのおかげで、再度の骨折を回避できた。オフにはCBSスポーツの捕手ランキングではホルヘ・ポサダ、ビクター・マルティネス、ラッセル・マーティン、ジョー・マウアーに次ぐ5位に入り、"2007 This Year in Baseball Award" の "Defensive Player" 部門に捕手で唯一ノミネートされた。城島健司 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・ラモス

    ウィルソン・ラモスから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    はAAA級ロチェスター・レッドウイングスで開幕を迎えたが、ジョー・マウアーの離脱により、5月2日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たす。この試合で、ラモスは5打数4安打と大活躍し、ツインズの選手ではのカービー・パケット以来のデビュー戦での4安打、捕手としては1900年以降の近代メジャーリーグでは史上初の快挙となった。しかし、5月13日にマウアーが復帰すると、再びAAA級へ送られた。ウィルソン・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のMLBオールスターゲーム

    2009年のMLBオールスターゲームから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    先発投手は、ナショナルリーグがティム・リンスカム、アメリカンリーグがロイ・ハラデイ。初回アメリカンリーグが2点を挙げ先制。2回にナショナルリーグがヤディアー・モリーナの安打とプリンス・フィルダーの二塁打で3点を挙げ、逆転。その後、アメリカンリーグが5回にジョー・マウアーの二塁打で同点に追いつき、8回にカーティス・グランダーソンが三塁打を放ち、アダム・ジョーンズの犠牲フライで逆転。9回にマリアノ・リベラが打者3人を抑え、オールスター通算4セーブ目を記録。デニス・エカーズリーのオールスター通算セーブ記録を更新、アメリカンリーグが勝利を収めた。2009年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のMLBオールスターゲーム

    2010年のMLBオールスターゲームから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    投票結果は7月4日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが前年に続き4,380,669票を獲得したアルバート・プホルス(STL)、アメリカンリーグが5,372,606票を獲得したジョー・マウアー(MIN)。2010年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・サンタナ

    ヨハン・サンタナから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    ノビのある速球(フォーシーム、ツーシーム)やチェンジアップ、スライダーが持ち球である。。ツインズの正捕手としてサンタナの球を受けていたジョー・マウアーは「どれをとっても彼の球種は平均を遥かに上回る」と評している。その中でも軸となるのが、同じ腕の振りから繰り出される速球とチェンジアップの組み合わせである。ヨハン・サンタナ フレッシュアイペディアより)

  • 一塁手

    一塁手から見たジョー・マウアージョー・マウアー

    加齢や怪我等により他のポジションの守備範囲が狭くなったため、あるいは打撃の力量はあるが守備力が低い選手の出場機会を増やすため、また守備負担を減らして打撃に意識を集中させるために一塁手にコンバートされる例が多く見られる。プロ野球における第一の例としては藤田平(遊撃手)、田淵幸一(捕手)、小久保裕紀(二塁手、三塁手)、稲葉篤紀(外野手)らが、第二、第三の例としては川上哲治(投手)、松原誠(捕手・三塁手)、衣笠祥雄(捕手)、落合博満(二塁手)、小笠原道大(捕手、三塁手)らが挙げられる。近年のメジャーリーグにおいては、ノマー・ガルシアパーラ(遊撃手)、アルバート・プホルス(外野手)、ジョー・マウアー(捕手)らが一塁手へのコンバートの例である。そのため、身体のコンディションに不安がある一方で経験豊富なベテラン選手や、フィールディング能力は低いが打撃力への期待から起用された選手が一塁を守っていることが多く、一塁守備の適性が高い選手でもキャリアの初期は他のポジションを守り、ベテラン選手や外国人枠で登録された選手が退団したのち、20代半ば以降に一塁手として定着する例が多い。よってプロ入り当初から現役時代を通じて一塁のみを守り続けた選手は、榎本喜八や王貞治(投手としてプロ入りも、即一塁手に転向)、清原和博などわずかな例しか存在しない。一塁手 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・コラベロ

    クリス・コラベロから見たジョー・マウアージョー・マウアー

    2月28日にツインズと1年契約に合意。自身初の開幕ロースター入りを果たし、開幕から1週間で6試合に出場し、23打数9安打(打率.391)、4二塁打、1本塁打・11打点、OPS1.112などの成績を残し、週間MVPを初受賞した。開幕後は指名打者として起用されていたが、4月9日に正右翼手のオズワルド・アルシアが故障者リスト入りしたため、右翼手に定着。5月からはジョー・マウアーの故障に伴い、一塁手へコンバート。ユーティリティープレイヤーとして40試合に出場していたが、5月26日に正左翼手のジョシュ・ウィリンガムが故障から復帰したため、AAA級ロチェスターへ降格。7月2日にマウアーが故障者リスト入りしたため再昇格した。昇格後は19試合に出場したが、打率.222と結果を残せず、8月9日にAAA級ロチェスターへ降格。この年は59試合に出場し、打率.229・6本塁打・39打点だった。クリス・コラベロ フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード